ちょこっとメモ(日記)

eis1サイトをステージに例えるとするならば、ここは楽屋のイメージ。記事を書くときはいろんな方に見ていただくことを考えるけれど、ここは自分とサイトを気に入っていただいた方のためのちょっとしたメモです。いわゆるフツーの日記。いつもありがとう。

いつものカウンター席(交流の場)

2018/12/11(火)

イギリスのRoadTax(自動車税)の取り立てCMがエグイ。

以前にチキチキバンバンを題材にしたCMは目にしたことがあって、これは違法駐車で車止めをつけられたチキチキバンバンが空を飛んで逃げようとしたら、長い鎖で逃げられないようになっていたというもの。

2001年にはサンダーバードを題材にしたCMもあって、これがまたイヤな感じ。こどもの夢をぶちこわす税金CMを作るってのが、なんとなくイギリスっぽい。


2018/12/9(日)

毎年、この時期になると地元の工務店と町内会が広場を貸し切って、無料で冬まつりを開催している。

広場にはベニヤ板とビニールが敷き詰められて即興の客席が用意される。年寄用にはテーブルと椅子もある。

工務店の廃木材を利用した子供たちのための工作教室とヨーヨー釣り。飲み物はジュースや温かいお茶、冷たい麦茶など。

そして、鉄板で焼いたばかりの焼きそば、餅つきでついたばかりの餅、豚汁がふるまわれる。餅は海苔醤油餅、あんころ餅、安倍川餅のセットだ。どれも美味しい。

20181209-1

これらがすべて無料なのである。さらに抽選会までもあって、米が当たったこともある。

古き良き昭和時代のような温かな催しで、今年も家族で参加できて嬉しい。いつもなら息子と工作を作るのだけれど、今日は寒すぎてパス。

20181209-2

ビーチボーイズで最も好きな歌は”Surfer Girl”だけれど、その次にくるのは”Don’t Worry Baby“だ。

先日、Human Natureによる”Be My Baby“のカバーが素晴らしいと書いたけれど、彼らは”Don’t Worry Baby“もカバーしていた。

でも、上手いことは上手いんだけど、あらたな魅力を生み出すには至っていない。

“Don’t Worry Baby”の最高のカバーはといえば、やはり1999年のロニー・スペクターによるものだ。

ronnie

Don’t Worry Baby“は、ロネッツの”Be My Baby“にノックアウトされたブライアン・ウィルソン(ビーチボーイズ)が、その影響下に書き上げて彼女たちに提供したいとフィル・スペクターに持ち込むものの拒否され、自分たちでレコーディングした作品だ。

フィル・スペクターが拒否した理由は、曲の素晴らしさに嫉妬したからと言われているが、このあたりはちょっと眉唾くさい。

いずれにせよ、その曲をロネッツの看板だったロニー・スペクターが30年後にカバーするのだ。

圧倒的なボーカルによるカバーそのものが素晴らしいのはもちろんのこと、その後ろにある物語を知ると感動するしかない。


2018/12/8(土)

20181208-1まぁね、前々から早朝サイクリングのときに履いていたジーパンは、サドルと擦れる部分がヤワにはなってましたよ。それはわかってました。

なんか生地が薄くなってきたなと思ってたし、ちょっとほつれたりもしてたしさ。

でも、別に気にしなくていいんじゃないのって思っているうちに、毎週、自転車に乗る度にその破れが大きくなってきてさ。

それでも気にしてなかったんだけど、ついにドクターストップ並みの勢いで、ヨメからダメ出し。

セクハラになるからヤメてくれって。誰も気にしないと思うけどな。

アビヌスボードゲーム『新キング・オブ・トーキョー』のモンスターパック”アビヌスを購入したから、今週末も息子と怪獣決戦だ。

息子はいつも”メカドラゴン”を選ぶ。こいつのカードはなんだか強いんだよな。

だが、オレはエジプトのアビヌス! 負けないぜ!…と思ったけど負けた。

午後は息子とDVDで『インクレディブル・ファミリー』を観る。1950年代のデザインが出てくるところも嬉しく、よくできていて面白い。息子も楽しんだようだ。

ヒーローもので催眠術がでてくる展開は好みじゃないけれど、これもヒーローものの典型的なスタイルとしてとり入れているのだろう。


2018/12/3(月)

1960年代のアメリカンポップスが好きで、ブライアン・ウィルソン(ビーチボーイズ)が好きなら、ロネッツの”Be My Baby“には特別な思い入れがあるはずだ。

20181203-1ブライアン・ウィルソンが、その影響下でビーチボーイズの名曲”Don’t Worry Baby“を生みだし、”最も好きな歌”だと公言している”Be My Baby“。

そんな”Be My Baby“のカバーを、Human Natureが2017年11月に出していたとは知らなかった。

Human Natureは、オーストラリア出身の4人グループ。

この曲のカバーは数々あれど、彼らのカバーは素晴らしくいい。


2018/12/2(日)

最近、息子はちょっとした反抗期で、以前のように休みの日にべったりとまとわりついてくることもない。

でも、今日は珍しくボードゲーム『キング・オブ・ニューヨーク』と『新キング・オブ・トーキョー』をやろうよと持ってきた。

ちょっと嬉しいじゃん。そんなわけで2つのゲームで遊ぶ。

20181202-1

でもね、手加減とかしてないのに勝てないわけ。なんかゲームの特性を把握してて、いろんな作戦をたててくるんだよね。小学5年に勝てないと、それはそれで悔しい。

12月といえばクリスマス。この季節になるとクリスマスツリーと共に、普段は布がかかったままになっている”Little Jammer Pro”のスイッチをいれることになる。

”Little Jammer Pro”というのは、バンダイが2006年6月から2010年3月まで発売していた“観て楽しむ音楽”をコンセプトにしたエンターテインメントオーディオだ。

音楽の旋律に合わせて、プレイヤーの姿をしたフィギュアが実際に演奏しているかのようにリアルな動きを見せる。

て、彼らの演奏は様々な専用カセットで楽しむことができるのだけれど、この季節はクリスマス用の2本のカセットがヘビーローテーションされることになる。

もう11年前のものだから、多少動きが悪くなっているところもあるけれど、小さなジャズマンたちは今年も元気に演奏を聴かせてくれる。

20181201-1

LJ2

20181202-2夕食のあと片付けをしていたヨメさんが、うっかりと息子の茶碗を割ってしまった。

まだ息子が小さなときに自分で選んだペンギンの茶碗。

「気にしなくていいよ」と息子はやさしく声をかけている。ふだんは言い合いとかしてるのに。

ペンギンの茶碗よ、お疲れ様。いままでありがとう。

Amazon Primeで『スキャナーズ3』(1991年)が視れるじゃん。これね、20年以上前に観たっきりで、もう一度観たかったんだよね。

これはクローネンバーグが生み出した『スキャナーズ』(1981年)のシリーズ3本目ということになっているけど、スキャナーの苦悩とかシリアスな面はバッサリと切り捨てた超能力姉弟のバトルものとなっていて、初期のスキャナーズが好きな人たちからはすこぶる評判が悪い。

でも、結構好きなんだよね。悪ねーちゃんの顔芸も炸裂してやりたい放題。シリーズとは切り離してみればそのB級さがいい。

上で何気なく”B級”と書いてから考えた。”B級映画”の定義ってなんだろう?

もともとは”短期間の撮影、低予算で、上映時間も限定されたなかで製作された映画のこと”のことを指すらしい。

でも、それは大作映画が普通に作られていた時代のこと。自分のイメージにはそぐわない。だから、自分なりの”B級映画”の定義を考えてみることにする。

そもそも予算の規模や撮影の期間、上映時間は関係ない。だってスピルバーグの『1941』は予算も時間も上映時間もかかっているけど、あれはB級映画だ。

やっぱり映画は質で判断したい。それは「テーマをエンターテインメントとしてどれだけうまく見せているか」ということになると思う。

ちなみにテーマとは「基調となる考え」であり、混同されがちな”コンセプト”とは「企画の方向性」のことだ。

で、B級映画ってのはテーマよりも「とにかく爆発すればいいんだろ!」、「とにかくポンポンと人が死ねばいいんだろ!」、「とにかく驚かせればいいんだろ!」とばかりにある方向のエンタテインメントに傾いた映画のことだと考える。もちろん、エンタテインメントとは楽しさだけのことじゃない。

で、自分にとってはエンタテインメント性がない退屈な映画は、C級映画ということになるのである。

ホラーはサスペンスは別として、映画やドラマはハッピーエンドのものしか観たくない。

だいたいなんで仮想の物語で悲しくならなきゃならないのさ。現実なんてそうそう自分の思い通りにはならないんだから、せめて物語では楽しみたい。

小説を読むことも殆どないけれど、児童文学は安心して読めるから結構好きだ。


2018/12/1(土)

6:30に週末サイクリングのペダルを踏む。12月だというのにあまり寒くない。

午後からは近所に髪を切りにいく。1000円カットの店が流行ってから久しいが、オレのお気に入りの店は、驚くなかれ土曜の午後は670円なのだ!

20181201-1

ランナウェイラッツ&スター”が、まだ”シャネルズ”と名乗っていた頃にEPICソニーから2枚のカラオケのシングルレコードを出していた。

これはA面が歌で、B面がカラオケというものではなく、両面がカラオケなのだ。もちろん、リードボーカルが抜かれただけでコーラスも演奏もシャネルズである。

1枚目は1980年に発売された「ランナウェイ」と「トゥナイト」のカラオケ。

2枚目は1981年に発売された「ハリケーン」と「街角トワイライト」の組み合わせである。

ハリケーンいまではすっかり下火になってしまったけれど、カラオケボックスが登場したのは1980年代半ば。

それまではカラオケといえば、いわゆるスナックなどの飲食店や宴会場などに置かれているものだった。

つまりシャネルズは、まだカラオケが本格的なブームになる前から”カラオケ”レコードを出していたのである。

レコード価格は通常と同じ600円。これは売れたのだろうか?

RATS

高校時代の親友だった鈴木雅之と田代まさしは、音楽をやるんだったら他人とは絶対に違うことをやりたいという強い思いを抱いていたという。

それだけにシャネルズという黒塗りのユニークなドゥーワップグループが生まれたのだろう。そして彼らの活動もまたユニークだった。

ちなみに彼らのカラオケ音源としては、ラッツ&スターに改名した第一弾シングル『め組のひと』の非売品音源がある。

これは資生堂から配布されたシングル盤で、通常はB面に「彼氏になりたい」が収録されているのだけれど、代わりに『め組のひと』のオリジナルカラオケが収録されている。

め組

カート・ベッチャーが作り上げた傑作アルバム『Passion Fruit』。1977年にリリースする予定だったけどお蔵入りとなったまま、カートは1987年6月に43歳の若さで他界した。

YDCD0046アルバムは2000年になってからひっそりとリリースされたけれど、収録された楽曲の素晴らしさを全力で否定するような手抜きジャケットは、どこかのフリー素材をテキトーに使ったとしか思えなかった。

そんな『Passion Fruit』を久しぶりに聴いてみる。

やっぱりいいなぁ。「Banana Boat Song」や「Come Softly To Me」のアレンジなんてよく思いつくと思うもの。

だからこそアルバムのイメージを膨らませるどころか、遺影のようにのっぺりしたジャケットが嫌いだ。ライナーノートに記載されたゲーリー・アッシャーのインタビューも不快で、『Passion Fruit』というアルバムはつくづく可哀そうなアルバムだ。

■これまでの”ちょこっとメモ”

2015年  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

kamakura1