ちょこっとメモ(日記)

eis1サイトをステージに例えるとするならば、ここは楽屋のイメージ。記事を書くときはいろんな方に見ていただくことを考えるけれど、ここは自分とサイトを気に入っていただいた方のためのちょっとしたメモです。いわゆるフツーの日記。いつもありがとう。

いつものカウンター席(交流の場)

2018/10/14(日)

まんだらけ”のMr.SIGNALの説明は間違っていると思う”という記事が、このサイトの検索の上位にあがっていた。ブリキ玩具職人の串田さんに絡む誤った情報だったので、ご本人の名誉のために書かせていただいた記事だ。

当たり前のことだけど、世間には意図的か否かに関係なく誤った情報があふれている。だって身近なところで耳にはいってくる噂話でさえテキトーなんだから、ましてや第三者が書くものなんてそうそう信憑性があるはずがない。いわゆる業界関係に関わったことで、世間に流れる情報と実態がいかに違うかもよくわかった。

たいていの情報は、ちょっと考えれば信憑性の程度ぐらいは想像がつく。わからないことは、わからないということがわかっていればいい。そんなことを考えながら、串田さんが作ったブリキ玩具を眺めていた。

ゴジラ1

Amazon Primeで”Electric Dreams”を観る。「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の作家フィリップ・K・ディックの10の短編をドラマ化したものだ。

どことなくTwilght Zoneの趣きがあって好みだ。それはフォーマットやテーマではなく、作家性が貫かれているからだろう。


2018/10/13(土)

ふと、Boys town gangの”君の瞳に恋してる”(Can’t Take My Eyes Off You)が聴きたくなって、ネットでExtendバージョンを聴いていた。

20181013-1

大学の頃、はじめて入った六本木のディスコで耳にした曲で、この曲がかかるとそれまでは閑散としていたフロアに急に人が集まりだして驚いたものだ。

オリジナルを歌っているのは Frankie Valli。Frankie Valli & The 4 Seasonsのリードボーカルだ。

オリジナルの”君の瞳に恋してる”は、よくこんな展開の曲を思いついたものだと聴くたびに感心してしまう。彼らは30年以上もずっとお気に入りのアーティストであり続けている。

旭日旗を戦犯旗と呼び、突如として旭日旗不掲揚要求をして国際観覧式から日本を締め出した韓国。

国旗それでいながら韓国海軍は、豊臣秀吉の朝鮮出兵に抵抗した英雄とされている李舜臣将軍(日本側資料では、日本の船30隻に対して、李舜臣の船12~14隻が攻撃をしかけてきたが双方に大した被害もないまま、李舜臣はすぐに戦線離脱していったとある)を象徴する旗を掲揚。

しかも、文在寅は「海洋強国が韓国の未来」と領土的野心をあからさまに演説。もちろん海を隔てた隣国は日本しかない。これらは常識的に考えれば日本へ宣戦布告しているに等しい。

しかし、このような国家の重要事が、新聞・テレビなどのオールドメディアに流れることはない。


2018/10/8(月)

gta5-1

小学5年の息子との間では”悪い人ゲーム”と呼んでいる『Grand Theft Auto V』。街の中で銃を撃ちまくり、車をぶつけまくったりとやりたい放題のゲームである。

なにせ世界観が完成しているし、与えられたミッションをやらずとも自由にその世界で遊ぶことができる。

そんなわけで自由にソフト内の街であそんでいた”悪い人ゲーム”だけど、ようやく息子もストーリーモードをやりはじめた。

そうするとね、やっぱりハマるわけです。だってDSやスイッチとはまるで違う世界だから。こうやって悪いヤツの考えも知っておいてほしいかな。


2018/10/6(土)

藤岡藤巻となつみちゃんのユニットが出演するグリナード永山のイベントを手伝いに行った。とは言っても殆どカンペを持っているだけで、あとは控室でゲラゲラとバカ話。

それにしても藤岡藤巻はやっぱり面白いなぁ。ネガティブな藤岡藤巻とポジティブななつみちゃんは、”テキトー”という共通項があって、結構いい感じのユニットになった。

20181006-1

Amazon Primeで目についたホラー映画『7 Wish』とコメディ『Bedazzled 』を観た。どちらも悪魔との7つの願いを題材にしたB級映画だ。そして、どちらも想像していたオチとは違っていた。

前者は”主人公は死んでいて母親の願いによって生かされている”、後者は”悪魔と結婚して、結婚生活は本当の地獄になる”みたいなオチを想像したんだけどな。

願い事をテーマにしたホラーでは、昔見たウェス・クレイヴンの『ウィッシュマスター』(1977年)が面白かったっけ。


2018/10/5(金)

様々な業界で働く人たちとの意見交換と親睦会が三浦半島のホテルであった。

今年で3年目となる催しで、顔馴染みも増えてきたからようやく気楽に参加できる。いろいろな意味で有意義な会なのだ。

本来は一泊二日で真夜中まで懇親会が続くのだけど、明日は藤岡藤巻のイベントがあるので夕食会のあとで一足先にホテルを後にした。


2018/10/4(木)

このところ久しぶりにGAROを聴いてからマイブームになっている。GAROはホントに凄いし面白い。

GARO1

そういえばこの前、藤巻さんに聞いたのだけど、当時は3人組というだけで、まりちゃんズ、アルフィー、アリス、GAROがパッケージでライブをすることがよくあったらしい。

ライブの順番は人気の順なのだけど、アルフィーが全然人気がなくて、アルフィー、まりちゃんズ、アリス、GAROの順番で演奏していたそうだ。

あと2008年頃に藤岡藤巻が、”金太の大冒険”のツボイノリオのラジオに呼ばれたことがあるんだけど、ツボイさんから「これ絶対にプッシュしてよね!」と言われて『インカ帝国の成立』というお下劣なCDを渡された。

そのときツボイ氏は「この歌はガロのトミーが気にいってくれて、東京に帰ったら歌うって言ってくれたんだよね。でも、戻ったら亡くなっちゃってさ」とも言ってたそうだ。

トミーが気に入ってたかどうかは眉唾な気もするけど、彼が和田アキコや森田健作のモノマネをしてるテープを聴いたことがあるから、トミーのお茶目な一面にも通じる話だなと思ったことを思い出した。

ちなみにwiki には「1980年代初頭 人気フォークソング・グループガロの元メンバー・トミーこと日高富明からの依頼により楽曲提供。この時の曲名は『インカ帝国の滅亡』で、曲調もヘヴィメタル調だった。結果は不採用」とあった。マジで!?


2018/10/1(月)

20181001-1ライブの主催者に招待された藤岡藤巻と一緒に渋谷でレ・ロマネスクのステージを観た。

はじめてみるユニットだったけど、フランス語のズンドコ節が欧米のYoutubeでNo.1になったという。

会場には子供も多くて、イメージカラーのピンクのTシャツを着てたり、コスプレのファンの姿も見えて、皆が楽しそうに踊っているのが印象的だった。

ライブ後に藤岡藤巻、後藤さん、そして以前に藤岡藤巻に関わっていた面々と飲みにいく。

■これまでの”ちょこっとメモ”

2015年  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

kamakura1