ちょこっとメモ(日記)

eis1サイトをステージに例えるとするならば、ここは楽屋のイメージ。記事を書くときはいろんな方に見ていただくことを考えるけれど、ここは自分のためのちょっとしたメモです。いわゆるフツーの日記。いつもありがとう。

いつものカウンター席(交流の場)

2020/4/4(土)

気まぐれに走る早朝サイクリング。

新型コロナの蔓延で何となく遠くまで走る気にならないので、あえて通ったことのない道を走ってみる。

と…北鎌倉駅の近くにヘンな踏切を発見!

いや、踏切そのものは普通なんだけどさ。渡った先の道が猛烈に狭いわけ。

左下の写真。向こうにふつうの道があるように見えるけど、渡ってみると右下のように一人がやっと通れる狭い道があるだけ。なんだこれ。

でもって、その近くには小さな切通のトンネルがあった。地元にも知らないところがいっぱいあるなぁ。

車のトランクに無造作に置いていたダンボールに河島英五のCDがあったから何年ぶりかで聴いた。

河島英五といえば「酒と泪と男と女」が有名だけれど、オレが好きなのは「孤独の叫び」「狼のひとりごと」「てんびんばかり」「タンバリン叩いておくれ」といった楽曲だ。

安倍首相が率いる日本政府は、このような状況下、さまざまな制約のなかで、よくやっていると思う。

何をやっても反対するだけの野党とマスコミ。それにノセられるひとたち。

安倍首相を併記で嘲笑うひとたちは、自分ならもっとできると思っているのだろうか? 野党ならできると思っているのだろうか?

実家から、ジュークボックス型のオルゴール+貯金箱を持ってきた。

made in Japanの製品でEICとロゴはあるけどメーカーはよくわからない。

でもなかなかによくできていて、電池をセットしてスイッチを入れると、オルゴールの音にあわせて、走馬灯のようにイルミネーションが輝く。

こういう雰囲気の製品はいまはもうないな。

先日、京橋で観た”驚異のミニチュア展”の余熱で、好きだったミニチュア作家の本やサイトを観直している。

優れた作家の作品は、ひとつの場面に実物以上に物語が詰め込まれていて、何度見ても飽きることがない。

情景師アラーキーは写真でみると実物にしかみえないリアル感で、「駄菓子屋の超リアル ジオラマ」に至っては、まるでSF映画のように昭和の駄菓子屋をそのまま縮小してしまったようにしかみえない。

海外の作家だとALAN WOLFSONだ。Webでしか観たことはないけれど驚異の作り込みで切り取られた街角はいつでも魅入ってしまう。実際の作品を見てみたいものだ。

AmazonPrimeで2014年の映画『イット・フォローズ』を観た。

こりゃ、思わせぶりなだけのクソ映画だな。

イットが”死”の隠喩だってことはわかるけどさ。

ちょっと思想が浅すぎるんじゃないの?

息子と久しぶりに”ホテルゲーム”で遊んだ。

ホテルの買い占め合戦で、ジワジワと負けてくるのが悔しい。

ホテルゲームが終わると、休校と春休みで暇を持て余している彼は、さらに”野球盤”をもってくる。

来週は中学入学だけれど、入学式が終わると午後から20日まで臨時休校らしい。

夏ぐらいまでは休校が続くかもしれないね。

買物に出かけがてら、近所の公園に咲いている桜を眺める。満開の桜は日本人に活力を与えてくれるなと思う。


2020/4/3(金)

普通の”日常”がいかに大切なことか。

ポストに、仕事で使っていたホテル”マホロバ・マインズ三浦”からのハガキが入っていた。

SOSと大きく書かれたハガキ。

コロナウィルスによる打撃で、SOSと銘打った宿泊プランを用意したらしい。

申し訳ないけど今は行けない。でも持ちこたえてほしいと思う。


2020/4/2(木)

馴染みの植物園は閉園になったけれど、川沿いの桜は今日も咲いている。

はじまりが故意か事故かはわからない。でも世界は中国の武漢ウィルスによる戦時下にあるといってもいい状況だ。

人々が外出を自粛して、ホテルや飲食店をはじめとする様々な業種が打撃を受けている。

2006年8月16日に代官山にオープンした和風ライブハウス晴れたら空に豆巻いても閉店になるようだ。

系列の月見ル君想フと共に藤岡藤巻がライブの拠点としていた店だから、いつか復活するといいのだけれど。

京橋エドグランで開催されている”驚異のミニチュア展”が見たいものの、コロナウィルスがなぁと迷っていたけれど、とりあえず足を運んでみた。

てっきり展示室のような場所だろうと思っていたら、誰もいない地下の通路にいくつものミニチュアが無料で飾ってある。

これだったら心配することなかったじゃん!

山本高樹氏の有名なゴールデン街の実物もみることができたし、精密なミニチュアを眺めて満足。

AmazonPrimeに、キャロル・ベイヤー・セイガーバート・バカラックをパートナーに制作した1981年のアルバムSOMETIMES LATE AT NIGHT“があった。

当時レコードで聴いていたこのアルバムを30年ぶりぐらいに聴いてみる。

全曲がミディアムテンポのラブソングで、曲間がストリングスでつながっているアルバムだ。懐かしい。

会社を早めに上がったので、息子とラスベガスゲームで遊んだ。


2020/4/1(水)

新年度がはじまって、バタバタと一日が過ぎた。

自分の会社はまだコロナウィルスの影響は致命的にまでなっていないけれど、個人飲食店や業界によっては雇止めになるなど生活を直撃されている人たちがたくさんいる。

平時ならまだしも、仕事がなくなる=生活ができなくなるというのは怖いことだ。やはりこういうときは国としての支援策は必要なのだろう。

もっとも「自分たちに金をよこせ」と声高に叫ぶ芸能関係者の殆どには支援は不要だ。だって、極論するなら無くてもいい業界だから。

■これまでの”ちょこっとメモ”

2015年  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2021年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

kamakura1