ちょこっとメモ(日記)

サイトをステージに例えるならここは楽屋のイメージ。サイトのコンテンツはいろんな方に見ていただくことを考えるけれど、ここは自分のためのちょっとしたメモです。いわゆるフツーの日記。いつもありがとう。

2022/7/7(木)

2012年の映画『バトルシップ』(Battleship)については、何の予備知識もなかった。

この映画は、いわゆるミリタリーSFアクション映画で、アメリカでは大コケして酷評を浴びた映画である。

でも、なんか脳天気でいいんだよ。


2022/7/6(水)

軽いランチの時に足が向いてしまう”イタリアーナ エノテカドォーロ”で、クアトロ・フォルマッジのピザをオーダー。

夏はホラー映画だよな…ってことで、NetFlexの「ボクらを作った映画たち」シリーズにある「ハロウィン」と「13日の金曜日」のドキュメントを観た。

1980年の「13日の金曜日」が、1978年の「ハロウィン」をベースにして作られたとは知らなかった。そんな流れで、なんとなく2009年のリメイク映画「13日の金曜日」を鑑賞。

ドイツの子供向け玩具”PlayMobile”は、その発想と絶妙なデフォルメが素晴らしい玩具なんだけど、2013年にアメリカ限定販売で”5602 PopStars! Stage”なるものが発売されていたことを知った。

大型ライブステージとバンド一式で構成されていて、ステージ背面のスピーカーからは実際に曲を流すことができて、曲に合わせて点滅するLEDライトまで装備されているというすごい仕様。当時、知ってたら手を出してただろうな。

オレはトンカツやハンバーグなんかは、外食よりも家の方が好きなんだけど、あの味の違いは昔から不思議だ。

トンカツは肉のよしあしはともかくとしても、外の油はなんか重いことが多い。そりゃ一日使っているんだろうしな。

で、ハンバーグはといえばオレには大きく3種類ある。

いわゆる家のハンバーグ、まさに肉という感じのアメリカンなハンバーグ、そしてヘニョっとした昔ながらの洋食ハンバーグという感じ。そんなことを思いつつ、今夜はハンバーグ。


2022/7/5(火)

10月の閉店が決まっているから”でぶそば”祭り。

そんなわけで、本日はチャーシューメンを注文する。

でぶそば”のチャーシューメンは、2種類のチャーシューが入っているところが面白い。

で、この濃い色のチャーシューが美味しいんだな。

オレは”鎌倉ハム 富岡商会”のハム・ベーコンが好きである。

”鎌倉ハム”と名前がつくメーカーは少なくても6社あるのだけれど、オレが好きなのは大船軒と同根の鎌倉ハム富岡商会だけだ。

鎌倉ハム富岡商会(鎌倉市)
鎌倉ハム(名古屋市)
鎌倉ハム 石井商会(横浜市南区)
鎌倉ハム村井商会(横浜市)
鎌倉ハムクラウン商会(横浜市)
鎌倉ハム鎌倉クラシコ(熊谷市)

で、鎌倉ハムってのは、ウイリアム・カーチスが日本人に秘密にしていたハムの製法を、1884年の工場の火事のときに手伝ったくれた村人の恩に報いて教えてくれたのが源流ってことになっている。

でも、1973年(昭和48年)に横浜市教育委員会が発行した学校教材には、火事のどさくさに紛れて製法を盗まれたとある。たぶん、こっちの方が事実なんだろうな。


2022/7/4(月)

仕事では、このところ次々と発覚するトラブルの火消しをやっているけれど、どれも原因は小さなことからはじまっていると思うね。

仕事は「建付け」(体制)と「モノサシ」(基準)と「先読み」をやっておけば、失敗することは殆どないと思うけどな。

御茶ノ水に”拷問博物館”と呼ばれている”明治大学博物館 刑事部門”がある。

ここには江戸時代の石抱責”、”鋸引き”、”ギロチン”、”ニュルンベルグの鉄の処女”なんかが展示されている。この手の博物館は、日本ではここだけだ。

あんなのを使われたらイヤだな。オレだったら、逃れるためならなんでも白状するし、ウソもつく!

「”古代祐三”好きなんですか?」と聞かれてビックリ。だって実生活で”古代祐三”という単語を聞いたのは初めてだもの。

古代祐三はゲーム音楽の巨匠なんだけど、オレにとっては1988年の「ソーサリアン」の音楽のインパクトが強すぎて、個々の楽曲は別としても、どの作品もこれを超えることができない。

これは当時のゲーム体験と一体になっているのだけれど、貧弱なサウンドボードを極限まで使い切った音と、それまでに聴いたことのないジャンルの音楽には驚いたな。ベース音がまたカッコよかった。

オレは一時期、打ち込みでオリジナル曲を作ってたことがあって、ジャンルはまったく異なるんだけど、このベースの使い方には影響を受けた。

あとから、彼が8歳頃から久石譲に師事していたことを知った時も驚いたな。

■これまでの”ちょこっとメモ”

2015年  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月12月
201”年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月


kamakura1