ちょこっとメモ(日記)

eis1サイトをステージに例えるとするならば、ここは楽屋のイメージ。記事を書くときはいろんな方に見ていただくことを考えるけれど、ここは自分とサイトを気に入っていただいた方のためのちょっとしたメモです。いわゆるフツーの日記。いつもありがとう。

いつものカウンター席(交流の場)

2018/8/15(水)

渋谷のDeNA本社のスタジオで、”藤岡藤巻 VS なつみかん”の「みーんな星になーれ」のお披露目生配信があった。

今回は、制作のプロの後藤喜男さんが現場を仕切ってくれるからすごく効率がいい。わざわざ模造紙に歌詞のカンペまでを4枚に渡って作ってきてくれた。

IMG_9126

Amazon Primeでこれまた予備知識もなくテキトーに『ももいろそらを(About the Pink Sky)』を選んでみてみたら、とてもいい映画だった。

監督、撮影の小林啓一ってどんな人なんだろうと思ってインタビューを読んだ。いくつか印象に残ったところを引用。

「脚本を書くちょっと前に、寅さんが大好きで結構見てたんです。それで主人公は寅さんが好きっていう設定にしたいと思って、べらんめえ調なんですけど上手く言えてないっていう設定にしたんです。それを映画の中で説明するとややこしくなるので、そういう前提を全部取っ払って、上手く言えてないけど寅さんに成り切ってる感じが出てれば、観てる人が色々連想してくれるんじゃないかなっていうのがあって、あの形でやったんです」

「自分に正直に生きてる人を主人公の周りに配置した、そういう構成にしてるんですけど、自分に正直に動物的に生きてる人っていうのは、自分としてはある種憧れでもあって、それでもその人なりに色々悩みもある、そこを深く掘り下げたかったんです。」

「親の影響って凄くあると思うんですけど、そうすると人のせいにするっていうか、親のせいとかになってしまうような気がしたんです。こんな社会が悪いんだみたいなことではなくて、“元気”っていうか、与えられる事よりも与えていくようなものにしてかなきゃいけないなって思ったんです、映画自体が。なので、そういう被害者意識みたいなのが少しでも出ちゃうと、凄く興ざめしちゃうっていうか。何かそんなのばっかりだから、やっぱりそこを改善してかなきゃいけないんじゃないかなっていう風には思ったんです。人のせいにする時は自分のせいみたいな。」


2018/8/11(土)

Amazon Primeの楽しみのひとつは、普段なら手をだすことない音楽や映画に触れられることだ。

なんとなく興味をもったら、ちょっと手を出してみて、興味が持てなければすぐに止める。そんな感じで知らなかった音楽や映画に出会う。

そんなわけで、Amazon Primeの映画タイトルを眺めていたら、1950年代のアメリカ広告のパロディみたいな絵柄をポスターにした「マッドナース」という映画が目に入った。

図案の元ネタは、カップルがロケットに跨っている広告だと思う。ポスターのタッチも1950年代っぽい。

madnurse1

早速みてみたら、これがまたサイコな看護婦がヒトを殺しまくるというイイ感じのB級映画。雰囲気は「シリアルママ」っぽい。キャサリン・ターナーまで出演している。

週末の夜にこういうのにあたると嬉しくなる。


2018/8/10(金)

鳩バック8月10日は何の日かといえば、”ハトの日”であって、鳩サブレの豊島屋がイベントとして毎年、限定商品を発売している。

そんなわけで今年の記念商品は、鳩サブレマークのトートバッグが売り出されるとあって、ヨメさんが買いに行ってきた。

やっぱりね、崎陽軒のシウマイと豊島屋の鳩サブレはソウルフードですから。どちらもローカル愛がいいんだよ。

インターネットで”モナリザ”を検索したら、アイルワースのモナリザのことが普通に出ていて驚いた。

僕は1989年に出版されたコリン・ウィルソンの『世界不思議百科』で、アイルワースのモナリザをことを知って、これが真のモナリザだと思っていたのだけれど、当時はアイルワースのモナリザのことを知る人なんて殆どいなかった。

いつの間にか世間に知られるようになっていたとは。いったい何があったんだ?

韓国が建設したラオスダムの7/23の決壊による被害がすごいことになっている。

手抜き工事による人災とみられていて海外ニュースでは大きく報道されているというのに、韓国が絡んでいる事件の日本での報道は極端に少ない。


2018/8/5(日)

週末の早朝サイクリングは暑いからショートコースにした。クロスバイクで走り始めたのは昨年の8/12からで、来週で1年になるけれど、天気や体調を除くと一度もサボらずに続いている。なんだ、オレにもできるんじゃん。

小5の息子と「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」を観に行く。ポケモンは映画しか観たことがないけれど、油断すると涙腺を刺激されてしまう。


2018/8/4(土)

8月になっちゃった。夏の遊びの時間はずっと続いてほしいな。

後藤さん18/1に藤岡藤巻のレコーディングがあって、その様子を少し書いた。

藤岡藤巻のスタッフとして今回、後藤喜男さんが手伝ってくれてるんだけど、後藤さんはTV制作会社の社長だった方だ。

そんなわけで昔の番組のことを雑談で聞いたりするんだけど、”ねるとん紅鯨団”はヤラセが殆どなかったと聞いて驚いた。

誰が素顔をさらしてあんなことすんだよと思ってたけど、毎週200人だかの応募者を面接して面白い人をピックアップしたそうだ。

ただ一部の不良ディレクターが勝手にキャバ嬢をキャスティングして、女性10人中の7人がキャバ嬢になってしまい問題になったこともあるらしい。

1999年7月からの”ドリームキャストの後藤喜男キャンペーン”では、最後まで謎の男の設定だった後藤さんだけど、こんなトコで交流を持たせていただくことになるとは。

ちなみに、このキャンペーンはセガの社内事情で9月に中止が決定したそうだ。そのためこの後に後藤さんの正体を明かす流れになるはずが、謎の男のままで終了してしまった。

オールドメディアとなったテレビは、今の形としては終焉するだろうけど、時代を掴まえたことがある方の話は面白い。

■これまでの”ちょこっとメモ”

2015年  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

kamakura1