ちょこっとメモ(日記)

eis1サイトをステージに例えるとするならば、ここは楽屋のイメージ。記事を書くときはいろんな方に見ていただくことを考えるけれど、ここは自分とサイトを気に入っていただいた方のためのちょっとしたメモです。いわゆるフツーの日記。いつもありがとう。

いつものカウンター席(交流の場)

2019/2/14(木)

iPhoneでビデオエディタのアプリ”Quick“を試してみたら、これが楽しい。それなりのものが簡単にできるから、保存済の写真でいろいろと作ってしまった。

本日は、バレンタインデー。となればテーマソングは藤岡藤巻の「死ね!バレンタインデー」に決まっている。

以前にも書いたけど、この歌の2番の歌詞の最後のオリジナル歌詞は「糖尿病になって死ね!」だった。

でも藤岡さんがレコーディングの直前になって、「糖尿病は放送禁止用語だからマズイよね。なんかいいアイデアない?」って言うから、アイデアを提供したんだけど、よく考えてみたら「死ね!」って言ってる時点でダメだよね?


2019/2/12(火)

雑談日誌にカツカレーのことを書いて思い出したけど、昔は湖池屋のポテトチップスの定番のひとつとしてカレー味があった。

その頃のオレは、のり塩カレー味が好きだった。

カレー味は、いつの間になくなってしまったのだろう。


2019/2/11(月)

息子と”キング・オブ・ニューヨーク”で遊ぶ。

このゲームは”キング・オブ・トーキョー”よりも少しだけルールが複雑になっているけれど、その分、ゲームバランスはよくなっているように思う。

追加モンスターパックのキングコングアビヌスを組み合わせると、キャラクターだけではなく、飛び道具のようなルールまで追加される。

キングコングが登ったエンパイアステートビルもアイテムとしてある。このビルをよくみると、中段にバナナの皮があったり、円盤が追突してたりしていて楽しい。


2019/2/10(日)

昭和後期に登場した”いちご大福”はルーツが定かではなく、元祖を名乗る店も多い。

自分は1986~1987年頃に近所の方からいただいたのが初めての体験だった。

このときにいただいたのが栃木県鹿沼市の『錦京堂本舗』の”いちご大福”だ。

苺と白玉粉、白餡、白砂糖、水飴、卵白だけで作られた”いちご大福”の美味しさには驚いた。

この頃は、まだ”いちご大福”の話を周囲にしても誰も知らなかったけれど、我が家ではこの時以来、毎年時期が来ると『錦京堂本舗』の”いちご大福”を取り寄せている。他の”いちご大福”を食べても、これに勝るものはない。

そして、今年も『錦京堂本舗』の”いちご大福”が届いた。日持ちがしないからすぐに食べなくてはならないけれど、それは至福の時なのである。

ヨメと息子を連れて実家に行ったら、小5の息子は何のスイッチが入ったのか、新聞紙で刀や鎧、カブトをせっせと作ってチャンバラを挑んできた。おまえは昭和の子供か!

でも、これがまた楽しい。新聞紙で叩き合って、互いに作戦を考える。昭和の遊びなら負けないぜ! オレは昭和のオヤジだ!

インスタントラーメン業界で、若者の袋麺離れが話題になっていた。袋麺は4年連続で前年を下回って、カップ麺の半分以下の販売量に落ち込んでいるそうだ。

もともとインスタントラーメンはそれほど食べることはないけれど、オレはカップラーメンよりも断然に袋麺派だ。

そんなわけで10年ぶりぐらいに袋麺の”チャルメラ”を食べることにした。一番好きなのは”サッポロ一番 塩らーめん”だけど、”チャルメラ”も悪くない。

でも、若者がカップラーメンにいく理由はよくわかる。それは味そのものじゃなくて、味に対する慣れや刷り込みの問題だもの。

例えばオレより上の世代は”チキンラーメン”はおいしいという人が多いけど、オレはたまに食べるものの別に美味いと思ったことはない。

違うのは彼らは子供の頃に味をすり込まれていて、オレは食べていなかったということだけだ。

オレの時代の夜食は、母親が作ってくれた野菜入りのインスタント袋麺が多かったけど、今の若者の夜食はカップ麺だったんじゃないかと思う。

久しぶりに食べた”チャルメラ”は、懐かしいインスタントラーメンの味がした。


2019/2/9(土)

ぷちホラーブームで、『ラストサマー』(1997)と『ラストサマー2』(1998)を観た。

主人公たちのやったことがヒドイので、彼らに感情移入できないところがすごい。

この映画はジェニファー・ラブ・ヒューイットの魅力が、そのまま映画の魅力となっていた。

ラストサマー2』の舞台はバハマだったんだけど、それを観て、随分と海外リゾートに行ってないことに気付く。

綺麗な海があるリゾートはいいな。

さいとうたかをの『サバイバル』の全巻をようやく読み終えた。息子とも回し読みだ。少しだけ希望がもてる展開だったけど、中途半端なエンディングが怖い。

ついでに『サバイバル~アナザーストーリー』も読んだ。本来は『サバイバル』連載中の一遍だったらしいけれど、背景となる世界観がおかしい。

あの状況で街の再建なんてできるはずないじゃん。重機や資材、食料、インフラはどうしてるのさ? 是非はあれども、別冊として出された理由はわかる。

韓国の大統領、文在寅は北の工作員だ。韓国を崩壊させて北朝鮮主導で統一するために動いていると仮定すれば、対日・対米・経済などの不可思議な動きの符号はすべて一致する。

日本は近い将来に韓半島がすべて北朝鮮となることを想定して防衛ラインを強化しておかなければならない。

後に騒がれることになるであろうことの前兆は十分にでているのだから。

特に年配は、いつまでも左翼の刷り込みに騙されてないで、自分で調べて自分の頭で考えてほしいと思う。憲法改正、スパイ防止法は必須だ。


2019/2/8(金)

ランチはまたもや大天門。炒飯がちゃんと美味しい店はなかなかないけれど、この店だけはハズレがない。でもって海鮮炒飯が旨い!

五反田のカラオケ店”カラオケベスト10”で、藤岡藤巻のあらたな活動の打ち合わせ。

藤岡藤巻が活動を開始した2004年頃と同じ空気感が嬉しい。パクリの奥義などバカ話が殆どを占めるなか、打合せが進む。今回は真面目なテーマの歌だ。

藤岡藤巻は”楽しくないことはやらない”というポリシーだし、同じ歌を歌い続けるのは楽しくないから、いわゆる”ちゃんとした”活動をしてこなかったけど、この二人は本物だから、ちゃんと作品を残してほしいと思う。

ライブで1回しかやってない歌とかも合わせると200曲以上も持ち歌があるのに。

打合せを終えて、4人で五反田駅に歩いているとあちこちで、風俗店の呼び込みに声をかけられる。

そのなかでサラリと「そろそろオッパイの時間じゃありませんか?」と声をかけてきた呼び込みのおじさんがいて、そのセンスに感心する。

ぷちホラーブームは続くよ。というわけで『デッド・サイレンス』(2007)を観た。

人形系オカルトホラーなんだけど、展開の早さとビジュアル、そしてオチの手前がいい。

これ10年前にも観たけど、オチの解釈が間違ってたかも。

でも”完璧な人形”のオチは、映画の嘘ライン(映画として許されるウソの許容ライン)を超えてると思う。

スマートさではいいかもしれないけれど、ネットで観た別エンディングの方がいいな。


2019/2/6(水)

プロジェクトの慰労会で新橋の”香水亭”で懐石を食した後に、若い衆に誘われて新橋ビルの地下にある立ち飲み屋”破天荒”に行く。

なにこれ? ド昭和ですごく楽しいんだけど。安いし美味しいし、雰囲気もいい感じ。

店の定連マジシャンのプーマさんにテーブルマジックを披露してもらったりして、楽しい時間が過ぎていく。

同じフロアには鯨料理の”旨蔵 うま八”もあるし、やっぱり新橋はサラリーマンの聖地だなと思った次第です。

新橋を歩いていたら、リンガーハット プレミアムという店があった。先日は吉野家の高級版に驚いたけれど、リンガーハットもやってるのね。


2019/2/5(火)

このところ寒さに負けて、休日の早朝サイクリングをサボっているもんだからよろしくない。

そんなわけでダイエットをしなきゃいけないんだけど、夕食に目がくらみマイアミガーデンでゴルゴンゾーラのピザを食べた。だってこれまた美味しいんだもの。

明日からちゃんとします。あっ、でも飲み会だった。

iPhone6sの液晶画面が割れてヒビだらけになっていた。2ヶ月ぐらい前に道に落として割れてしまったのだ。

でもって駅舎にはいっている靴の修理屋の前を通りがかったらiPhoneの画面修理もしていると書いてあった。

さっそく頼んでみたら1時間で新品のように綺麗になった。


2019/2/4(月)

文化放送の斜め横にある大天門は、四川料理をベースにアレンジした中華料理の店で何を食べても美味しい。

でもって、”麻婆豆腐食べ比べ膳”ってのがまた旨い。これは”豆鼓麻婆豆腐”と”白麻婆豆腐”のセット御膳なんだけど、満足度が高いのです。


2019/2/3(日)

NetFlixのオリジナル映画『ザ・ベビーシッター』(2017)を観た。

ホラー映画というジャンルにはいっていたけど、ホラー色は強くなく、むしろコメディ青春映画。

主人公の少年が大人になっていく物語なんだけど、悪役のベビーシッター”ビー”が魅力的で困る。

だって倒したいと思わないもの。

友人たちと江ノ島水族館に出かけた小5の息子が、お土産を買ってきてくれた。

星砂とサメの歯が入った小瓶。

何にしようか選んでいるときの息子を想像するとかわいい。

そうやって考えてくれることが嬉しいんだよね。ありがとうな。

夜は、そんな息子と節分の豆まき。

オニのお面をかぶった息子は、金棒の代わりにペットボトルをもって、投げた豆をバットのように打ち返して楽しそうだった。

横浜水信の”いちごジャム”を買った。まだ開けていないけど美味しそうだ。

この会社は、大正4年に横浜で台湾バナナ加工卸問屋”水信商店”を創業した水信のグループだ。

神奈川出身の自分としてはちょっと贔屓したくなる。

今度は鎌倉のジャム専門店”romi-unie“にも行ってみよう。

「英国BBCが、これまでNHKの報道内容を下敷きにしてしまい、とんでもない報道をしてしまったという反省からNHKを取材して、”NHKはいつから韓国や中国の支配下にはいったのか?”という質問をした」という書き込みをネットでみた。

これがホントかどうかは知らないが、客観的に見てNHKはいつも日本ではなく中韓の立場で報道していることは事実だ。NHKはさっさと解体した方がよいと思う。


2019/2/2(土)

NetFlixで『フッテージ』(原題 SINISTER)を観る。

割と評価がよかった映画だけど、殺人鬼の話かと思ってたのにオカルトの方に行くとは思わなかった。

そのあとはほとんど先が読めてしまう展開なので自分的にはいまいち。

…と書いてから、続編の『フッテージ デス・スパイラル』を観てしまう。

最初からオカルトだとわかっているから、それなりのつもりでみるとそこそこ面白いような気がする。

20年ぶりぐらいに”日清焼そば”を食べた。だってインスタント焼きそばなら”アラビヤン焼きそば”派だもの。

1963年7月に発売された”日清焼そば”は、チキンラーメンの研究家が、チキンラーメンを入れたフライパンをそのままにして席を離れたところ、もどってくると麺がカラカラになっていたところから生まれた。

試しにそれを食べてみたところ、これは焼きそばになるんじゃないかと閃いて、研究チームが立ち上がり商品化に至ったのだ。

おしどり寿司の鎌倉店は、寿司がまわっていることは殆どなくて、たいていは職人さんが注文を受けて握ってくれる。

この店の寿司は、いわゆる回転寿司のようにネタに薬の味がしないし、食べ終わってから舌に違和感を感じることもない。ちゃんとした寿司なのだ。

このおしどり寿司なんだけど、2018年4月2日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請して、いわゆる経営破綻状態にある。負債は債権者約70名に対し約15億円。

値段なりに、おいしい寿司だから続いてほしいものだ。


2019/2/1(金)

今月はホラー祭りということで、NetFlixで『ソムニア -悪夢の少年-』を観る。

ホラー映画というよりも、米TV『トワイライトゾーン』の一篇のような不思議系の怖さと悲しさが混じった話だった。

主人公の少年は、一歩間違えると『トワイライトゾーン』のエピソード『こどもの世界』のようになるんじゃないかと思った。

たった一人の子供の意識に、世界の運命がかかってるわけなのだから。

■これまでの”ちょこっとメモ”

2015年  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2019年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

2020年  1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月

kamakura1