2016年12月のメモ

2016年12月31日(土)
本日は大晦日。特別な行事的なこともなく整体にいく。それでも気持ちだけ1年を振り返っている。仕事に振り回されて、その中では戦いの1年でもあった。我ながらよく働いたと思う。運も味方をしてくれた。この状況は来年も続きそうだけれど、こっちだって、さらにパワーアップだ!


2016年12月24日(土)
例年に比べるとというか、このところクリスマスの街の活気が少なくなっているように思える。積極的にその手の場所に足を運ばないこともあるのだろうけど、それでもこの季節に街を歩けば様々なイベントに出くわしたものだ。
xmas1いいも悪いもないけれど、自分はそれを皆がマスコミに踊らされなくなってきただけだと思っている。
だって異様な混雑に巻き込まれる必要なんてないもの。自分は飾り付けられた街を少しだけ歩いて、あとは”I’ll Be Home For Christmas”(お家でクリスマス)に幸せを感じている。


2016年12月17日(土)
小学生の息子がサッカー合宿に出かけたので、ヨメさんと何年かぶりにフレンチのディナーをとることにした。予約していた店ではコースを頼んである。食事が進んでデザートの段になると、テーブルを担当してくれていたイケメンのウェイターが、「あの、お隣の〇〇さんですよね」と声をかけてきた。
全然気づかなかったけど、隣の家の息子さんだ。そういえば道で挨拶を交わした覚えがある。就職活動に入るので、今日が最後のバイトらしい。それにしても、こういう偶然って面白い。人はどこでつながっているのかわからないものだなぁと思う。

home1