2018年1月のメモ

2018/1/31(水)

昔、話題になったCMらしいけど、この動画はいつ観ても涙腺が緩んでしまう。娘なんていないけど、心に突き刺さるショートフィルムだ。


2018/1/28(日)

eachtime大滝詠一が1984年に発表した『Each Time』ほど、本人の手によって無残になっていったアルバムはないと思っている。車のトランクにあった30周年版のCDを聴いてあらためてそう思った。

その理由は単純だ。LPレコードとして発表された曲順とフォーマットが最もまとまっていると思うからだ。

『Each Time』は、CDが発売されるたびに曲順や曲数が変更されていった。そしてレコードのときの最後の曲”レイクサイドストーリー”のエンディングが、CDになってからオリジナルのまま収録されたものはない。

オリジナル版では、フェードアウトとフェードインが繰り返される大エンディングとなっていて、アルバム自体を〆る重要な存在となっていた。

そもそもに曲順や曲数が毎回変更されるなら、そんなものはオリジナルアルバムではなく、単なる編集版に過ぎないし、聴き手を馬鹿にしていると思う。

マニアではないから理由などは知らないけれど、そうしたいのならAlternate版として出すべきだった。

今時点で聴くことができないオリジナルフォーマットの『Each Time』。それは制作者の愛を得ることができずに時の中に消えていった可愛そうなアルバムだ。


2018/1/27(土)

今週は、33年ぶりだかの寒波が来ているらしい。今朝の気温も-3度となれば、さすがに日の出前にクロスバイクに跨る気にはなれない。

そんなわけで今日は7時からのサイクリングとなった。いつもなら真っ暗な道も太陽で明るくて、寒いけれど気持ちがいい。稲村ケ崎あたりでは、江ノ島と並ぶ富士山が大きく見えた。

20180127-1

クリスマスにプレゼントしたときから、ずっと息子が気に入ってるボードゲーム”新キング・オブ・トーキョー”。

61eETEMOjAL._SY355_毎週末はテーブルの上で怪獣達が大暴れを繰り返している。

自分も一緒に遊ぶのが楽しいから、姉妹品の”キング・オブ・ニューヨーク”も注文してしまった。

本日はそのゲームが届いたので初遊び。新たな要素も加わっていて、これも楽しい。


2018/1/22(月)

昨日から、週明けの今日は大雪になるとニュースで騒いでいたけど、そういうことって大抵は肩透かしに終わる。でも今回は、ホントに大雪になってきた。

16時ぐらいに会社を上がると、山手線のホームには人があふれている。なかなか来ない電車を待つ。ようやく到着した電車はぎゅうぎゅう詰めで朝のラッシュより混雑している。

それでも何とか最寄り駅に到着して、帰路を歩く。雪が舞っている。まるで演劇の舞台に降る作り物の雪みたいに舞っている。寒いけれどとても綺麗だ。明日の朝はどうなっているかな。

yamate1


2018/1/20(土)

小学生3年か4年の頃、鎌倉由比ガ浜で砂像を作るという催しがあった。まだ学校にプールがなかった頃だから、水泳代わりの授業的な意味もあったのだろう。班ごとに別れて決められた時間内に砂像を制作することになっており、事前に何を作るか考えてくるように言われていた。

自分が提案したのは、図鑑で見た原油タンカー”ユニヴァース・アイルランド (Universe Ireland)”だった。1968年の竣工時には世界最大だったタンカーである。

タンカーを選んだのには理由がある。だいたい像を作るといってもそう簡単にはできないだろうし、砂で複雑な形なんてできるはずない。そう考えたとき、現実的に可能な形だと思えたのがタンカーだった。それに形は単純でも大きく作ることでインパクトを与えることができる。しかも、海に向けて作れば船出のようにも見えるだろう。

当日、ラフなスケッチを班のメンバーに見せたら全員が同意してくれた。作り始めると、思ったとおり単純な形ながら、それなりの雰囲気になっていった。周囲の班の砂像たちは、案の定、複雑な形を狙って失敗が続出している。夢と現実は違うのだ。

完成後は、教師たちが各々の砂像を回って優秀な作品に小さな旗を立てていった。もちろん、我らがユニヴァース・アイルランド号には旗が立った。

…そんなことを、自転車で海沿いの134号線を走りながら思い出した。

sh-ukuw6


2018/1/19(金)

会社帰りに、藤岡さんと藤巻さんと3人で恵比寿の居酒屋”田吾作”に集まった。2018/2/23(金)に青山 「月見ル君想フ」で行われる藤岡藤巻ライブの打ち合わせである。

11月にブリーフ&トランクスに声掛けいただいて共演ライブをしたけれど、藤岡藤巻としてのワンマンライブは7年ぶりだ。どんな感じになるかな。


2018/1/14(日)

52631303_Alt01AIロボットのCOZMOで遊んでいた息子に、COZMOにはプログラミング機能が提供されていることを教えてあげるとさっそく興味をもったようだ。

ちょっとだけ手ほどきをしてあげたら、COZMOが挨拶してお辞儀をしたり、拗ねて暴れて去っていき、また戻ってきて仲直りするプログラムを作っていた。

こうやってロボットに命令することからプログラミングに触れるなんてスゴイ時代になったものだ。


2018/1/13(土)

週末の朝のサイクリング。1週間が過ぎただけで寒さも深まった。1時間30程度を走って帰ると顔や手足が冷たくなっていて、シャワーを浴びると体温が戻ってくる。早く暖かくならないかな。

20180113-1


2018/1/8(月)

天気予報が雨だったので、休日だけどクロスバイクで走るのは休み。ヨメと息子、イヌを連れて実家で昼食と夕食をいただいた。

じーちゃんとばーちゃんも一緒に皆でボードゲーム”ヒューゴ~オバケと鬼ごっこ”で遊んで盛り上がる。お腹いっぱい食べて、ゴロゴロして、なんだか正月みたいな一日だった。明日から仕事だ。


2018/1/7(日)

怪獣1休日は10歳の息子が、クリスマスに買ってあげたボードゲーム”新キング・オブ・トーキョー”+”パワーアップ”を持ってきて、リビングで一緒に遊んでいる。

サイコロとカードによる怪獣たちの対決ゲームで、最近の息子の1番のお気に入りだ。昭和特撮を体験してきた世代のオレも、やっぱり怪獣モノは楽しい。

この冬は、息子とボードゲームで結構遊んでいる。以前は昭和の和製ボードゲームがメインだったけど、最近は海外生まれのボードゲームだ。”ガイスター”、”おばけキャッチ”などルールがシンプルですぐに遊べるものはやっぱり面白い。


2018/1/6(土)

一日、仕事に行って今日から3連休。ちょっとホッとする。昼食に国分の”だし麺 帆立貝柱だし”というインスタントラーメンを食べてみた。はじめてだけど、これ旨いじゃん。

インスタントラーメンは、藤原製麺の乾燥ラーメンしか食べてなかったけど、こっちの方がいいな。あっ、サッポロ一番塩ラーメンは別ね


2018/1/5(金)

本日から仕事はじめ。連続休暇にしているメンバーも多いけど、自分は休めない。役損が多いけど、打合せがないから仕事ははかどった。いつもこうだといいんだけどな。

帰宅時に崎陽軒のシュウマイを買う。神奈川県民ならシュウマイといえば崎陽軒に決まっている。崎陽軒のシュウマイ、そして大船軒の押し鮨とサンドウィッチは、慣れ親しんだ味だから、時々、無償に食べたくなるのだ。


2018/1/4(木)

正月も終わった。朝の街をクロスバイクで走っていると、今日から仕事に向かう人たちとすれ違う。明日からは自分も彼らの仲間入りだ。

このところ月が元気だ。日の出前の朝を走っていると、月の光がとても力強い。6時前に鵠沼海岸に差し掛かると、富士山の上に綺麗な月が上がっている。

振り返れば江の島の背景に広がるオレンジ色の朝焼け。太陽と月が交代する時間だ。新しい年のはじまりには、こんな景色がふさわしい。

20180104_1


2018/1/3(水)

20180103_2だいたい朝5時15分ぐらいに鎌倉八幡宮の前を通る。正月も3日だし、この時間は訪れる人も殆どいないからお参りをすることにした。

元旦には賑わっていた出店も、今朝はまだ閉まっていて、焼きそば屋とタコ焼き屋だけに灯りがともっている。

境内は日中の混雑がウソのように、人影もまばらだ。

手を合わせてから、鵠沼海岸までペダルをこぐと、月明りに富士山が浮かび上がっていた。今年も、良い1年になるといいな。

20180103_1


2018/1/2(火)

昨日と同じく朝5時から鎌倉~江の島へとクロスバイクのペダルをこぎだす。でも、昨日の賑やかさがウソみたいに、いつもと同じ風景に戻っている。鎌倉八幡宮の前に参拝客の車が多少停車しているけれど、それだけだ。

昨夜から、月がとても大きくて明るい。日の出前の空にくっきりと輝いていて、とても力強い光を海面に映し出していた。

国立天文台によれば、2018年で最も満月が大きく見えるのが、この1月2日で、この月を”スーパームーン”と呼ぶそうだ。

この時、地球と月の間は約35万7千キロ。遠いのか近いのかよくわからないけど、肉眼でも大きくなっているのがわかる程なのだからそれで十分だ。

20180102


2018/1/1(月)

新年おめでとうございます。

2018年元旦の日の出は6時50分。いつもの週末と同じく朝5時から鎌倉から江の島へとクロスバイクのペダルをこぎだす。

元旦1ふだんなら早朝ジョギングや犬の散歩の人たちがまばらにいて、ときどき車が走っていくだけだけど、元旦はいつもと全く違う。

正月三が日は、鎌倉市内中心部への車は乗り入れ禁止だから車はみかけないけど、鎌倉八幡宮への初詣の人たちで賑わっている。境内の入り口で軽く手をあわせて、またペダルをこぐ。

由比ガ浜から鵠沼海岸にかけての国道134号は車も人も多くて、まるで昼間のようだ。江ノ島近くになると、初日の出を見るために来た車が弁天橋から延々と停車している。昔はこんな状態じゃなかったけどな。

帰宅してからは、家族と近所の神社に初詣にいく。新年に神社で手をあわせるのは、日本らしい気持ちのいい行事だ。そして、自分の願いを口にすること、思い描くことで無意識に心に刻まれて、願いを叶える力になるのだと思う。

元旦2

home1