日曜日の探偵

soudan1日曜日に大工仕事をすることを”日曜大工”って呼ぶなら、日曜日に調べものをすることを”日曜探偵”と呼んでもいいじゃん。
日曜日の探偵は、興味をもったことをランダムに調べていくのです。

[調査ファイル01]  ケロッグのハニーポンを調べるのだ

honey6昭和の頃、ケロッグに”ハニーポン”という製品があった。
甘いパフ菓子のようなケロッグ。お気に入りだったあのお菓子はその後、どのようになっているのか?

ケロッグの”ハニーポン”を探しだせ!

[調査ファイル02]  東京ディズニーランド ミート・ザ・ワールド

meet0000-71983年の東京ディズニーランドの開園と同時にオープンしたアトラクション”ミート・ザ・ワールド”。”ミート・ザ・ワールド”は、日本初の回転式劇場であることに加えて、70mm、35mmのマルチプロジェクターを駆使した映像システムを備え、実写とアニメに完全同期したオーディオアニマトロニクスで日本の歴史絵巻を見せる豪華で異色なアトラクションだった。

1.ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」 第1回
東京ディズニーランドが開園した1983年4月15日から2002年6月30日までの約20年間、ワールドバザールの脇に”ミート・ザ・ワールド”という観賞型アトラクションがあった。

2.ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」 第2回
”ミート・ザ・ワールド”のルーツを探ると、アメリカ史上最大の国際博覧会となった”ニューヨーク世界博覧会(1964/4/22-1965/10/17)”の3つのアトラクションに辿りつく。

3.ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」 第3回
ディズニーランドの次にウォルトが手掛けようとした実験未来都市”EPCOT”構想と、彼の死後に発表された”EPCOT”計画。そして、日本館に予定されていたアトラクションとは?

4.ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」 第4回
フロリダのディズニーワールドに生まれたエプコットセンター内のワールドショーケース。日本館のアトラクションとミート・ザ・ワールドとの関係について。

5.ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」 第5回
東京ディズニーランドに”ミート・ザ・ワールド”が建設されるまでの物語。我が国を思うが故に作られたアトラクションの背景。

6.ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」 第6回
東京ディズニーランドにオープンした”ミート・ザ・ワールド”と、内包される歴史問題について。そして、クローズされた日のこと。

7.ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」 第7回
”ミート・ザ・ワールド”以後、フロリダのワールドショーケースで検討されていた、驚きのアトラクションについて。

8.ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」 第8回
本編のエピローグと、とりあえずの”あとがき”。

9.ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」 資料編1
隠れミッキー、Eチケットのこと、修学旅行、同期のアトラクション”エターナルシー”など、”ミート・ザ・ワールド”周辺の話題について。

10.ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」 資料編2
シャーマン兄弟のペンによるテーマ曲のエピソード、英語歌詞、日本語歌詞、イベント用の別歌詞、カバーアルバムなどについて。

11.ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」 資料編3
”ミート・ザ・ワールド”のエントランスから、プレショーとなるビデオギャラリー、劇場内までの案内について。

12.ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」 資料編4
ショーの内容について、場面ごとにシナリオ形式で掲載。

13.ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」 考察編1
”ミート・ザ・ワールド”の劇場の構造、ステージの構造について、推測を交えながらの解説。

14.ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」 考察編2
”ミート・ザ・ワールド”のフィナーレは、なぜあのような形式になったのか。劇場の構造とあわせて考える遊び。

15.ディズニーランド「ミート・ザ・ワールド」 考察編3
”ミート・ザ・ワールド”の気球はどこからやって来て、どこに向かったのか?

[調査ファイル03]  東京ディズニーランド  魅惑のチキルーム

tiki room 1963 45 jacket front東京ディズニーランドの初代「魅惑のチキルーム」が好きだった。ウォルト・ディズニーが関わっていた貴重なアトラクションについて少しだけまとめました。

魅惑のチキルームでカナリアを想っていた

[調査ファイル04]  チャーリーとチョコレート工場のウォンカバー

Wonka12005年のアメリカ映画『チャーリーとチョコレート工場』。
この映画に登場したウォンカバーが妙に気になるのだ。

1.『チャーリーとチョコレート工場』のウォンカバー第1回
映画に登場したウォンカバーのプロップについて

2.『チャーリーとチョコレート工場』のウォンカバー第2回
映画公開時にキャンペーン販売されたウォンカバーについて

3.『チャーリーとチョコレート工場』のウォンカバー第3回 
映画公開時の販促品、市販品、ファンによるウォンカバーについて

4.『チャーリーとチョコレート工場』のウォンカバー第4回 
チョコレート工場で働く乗り物たち

5.『チャーリーとチョコレート工場』のウォンカバー第5回 
トレーディングカードについて

6.『チャーリーとチョコレート工場』のウォンカバー第6回 
ダニー・エルフマンによる音楽について

【関連記事】

『夢のチョコレート工場』で悪夢を見る
1971年の同名映画に狂気をみる

柳瀬尚紀訳の『チョコレート工場の秘密』はダストシュートへ
柳瀬尚紀氏が訳した『チョコレート工場の秘密』は捨てた方がいい

[調査ファイル05]  豊島園『アフリカ館』を調べてみる

africa241969年7月19日にオープンして、施設の老朽化により1998年に運営を終了した豊島園のアトラクション『アフリカ館』(AFRICA)。このアトラクションはどういうものだったのか?

としまえん『アフリカ館』への憧憬

[調査ファイル06]  MaMaDoo!!の軌跡を辿る

mamadoo6日本のCSN&Yと呼ばれたGAROが解散した後、メンバーのトミーこと日高富明は、ソロ活動を経てMaMaDooという3人編成のハードロックバンドを組んだ。公式には2枚のシングル盤しか残していないMaMaDooについて、当時のファンクラブの方の協力を得てまとめました。

MaMaDooが刻んだ情熱の音

[調査ファイル07]  Bob Gaudioの芸術的な挑戦

The 4 SeasonsのメンバーでありコンポーザーだったBob Gaudioは、商業的価値だけを求めて作品を作ることに嫌気がさして、自身が求める芸術的な挑戦を行った。

Bob Gaudioの挑戦『The Genuine Imitation Life Gazette』

[調査ファイル08]  大滝詠一の『君は天然色』は見事なオマージュ

様々な60年代のポップスを用いて1曲に仕上げた大瀧詠一氏の『君は天然色』

『君は天然色』は見事なオマージュ

[調査ファイル09]  ヘドラの悪夢

昭和ゴジラ映画の異色作『ゴジラ対ヘドラ』。この映画はどのように生まれたのか。

東宝映画『ゴジラ対ヘドラ』

【関連記事】

2014年版『GODZILLA ゴジラ』を観た

home1