爽やかな朝に疑惑のトースター?

私が経験した、とても不思議な話をします。

私は休日の朝、オーブントースターでトーストを焼くのが好きです。

本当はポップアップ式トースターで焼きたいのですが、残念ながら我が家にはありません。

パンを焼くためだけに生まれたポップアップ式トースターには美しさを感じます。

例えば1997年に倒産する前に作られていたサンビームのクラシックモデル、中国で生産される前の 英ラッセルホッブスのトースターなどなど。

でも今はオーブントースターで我慢です。

トースターに食パンを入れて、温度を調整してタイマーをセットします。

こんがりとした焼け具合にこだわりたいから、私はトースターの前で焼け加減を眺めています。

やがてトースターからパンが焼けていく香ばしい香りが漂ってきます。

この香りが好きなのです。

鼻腔をくすぐる香ばしい…ウンコの香り??

えっ? なに? えっ? えっ? いまウンコの臭いしたよね? なにっ?

トースターからウンコの臭いという予想外の出来事に頭がついていきません。

パンのせい? いやトースター? 焼くとウンコの臭いがするパン?

なんでよ? なんで!? なにが起こってるの!? オレ漏らした??

ふと下を見ると、飼い犬(ミニチュアダックスのピノ)が足元でウンチをしていました。

このクソ犬が!

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 爽やかな朝に疑惑のトースター? はコメントを受け付けていません。

カレー味の…

夕食にカレーを食べながらふと昔のことを思い出した。

就職して間もない頃に、知り合いの女性と飲みに行ってスナックのカウンターでバカ話をしていたことがある。

でもって、当時のくだらない質問の定番に「カレー味のウンコとウンコ味のカレーのどっちか食べなきゃいけないとしたらどっちにする?」というのがあったんだけど、これをひねって「カレー味のカレーとウンコ味のウンコとどっちか食べなきゃいけないとしたらどっちにする?」とふざけて聞いてみた。

そんなのカレーに決まってるでしょ!」という流れになるはずだったんだけど、その女性は「ワタシは絶対にウンコ味のウンコ!」と元気いっぱいに答えたのでビックリした。

オレがおそるおそる「あの…ウンコ味のウンコって、ただのウンコなんだけど…」と言ったら、彼女はそこで気づいたらしく、少し気まずい感じになった。

あのときの”気まずさ”がちょっと懐かしい。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | カレー味の… はコメントを受け付けていません。

仮面ライダー2号の秘密

整体で順番を待っていたら、待合室に置かれていた古い本に目がとまった。

タイトルは『一文字 隼人』(佐々木剛

んっ? 一文字 隼人(いちもんじはやと)? もしかして仮面ライダー2号の?

一文字 隼人”とは、初代の仮面ライダーこと”本郷 猛”を引き継いで、仮面ライダー2号として活躍した丸顔の男の名前だ。

本郷 猛を演じた藤岡 弘があまりにも濃ゆいキャラクターだから忘れがちだけど、ダブルライダーとして活躍したこともあった。

本を手にとってみると、確かにあの”一文字隼人”の写真だ。

「ほぅ、一文字くんの役者も回想録を出すようになっていたか」

感慨深くパラパラとページをめくっていたら、こんな記述がある。

「(仮面ライダーの)撮影前に、誰かがイタズラでカツラを隠しちゃうこともあってねぇ

えっ! カツラ!? カツラって、まさかハゲじゃあるまいしなんでよ?

あわてて前後の記述を読んで見ると、今度はこんな記述が…

僕は円形脱毛症だったんで、カツラをかぶってたんだよ

えーっ! 円形脱毛症? ヒーローのくせに?

そしてさらに決定的とも言える衝撃の台詞が…

(バイクの)ヘルメットを脱ぐとカツラも一緒に取れちゃうから、ワンショットでヘルメットをぬぐ場面はないんだよ

そういえば一文字隼人は、いつも変身前に怪人と戦うときはヘルメットをかぶっていたような。あのヘルメットは、あれは…カツラがふっとばないようにかぶっていたズラどめ?!

少年時代の大切な何かがひとつ壊れた気分だ。まぁ、影が薄かったから大切でもないか。本郷猛だったらショックだけど。

んっ、待てよ。たしかキカイダーのジローも、ヘルメットをかぶって戦ってた気がする。ってことはあいつもズラか? 仮面ライダー2号とズラ仲間か?

おいおいマジかよ。ヒーローがそんなんでいいのか?

子供にとってのヒーローというのは格好よくなくちゃイヤなわけで、よりによってハゲというのは思いっきり泣ける事実だよ。

だいたいハゲと少年は天敵同士なんだからさ。当時の子供はハゲのオヤジを見つけると、「ハゲオヤジー!」とか叫んで逃げたりしてたもんな。

仮面ライダーにそんな秘密があるってことはウルトラマンだって怪しいものだ。

3分しか変身できないとか言ってたけど、実は着ぐるみに入っている役者が「膀胱炎を患ってからオシッコが近くてさぁ」なんていう理由で撮影を早く終わらせるために3分っていう設定にしたんじゃないだろうね?

なんかこの気分は、ゴジラの縫いぐるみの中からオヤジがでてきた写真を初めて目にしたときのショックに似ている。

あの写真を見た時もイヤだったもんな。オレの中のゴジラはあれで死んだんだよ。そりゃ、人が入ってることぐらい知ってたけどさ。実際に目にしちゃうとねぇ。

これで、もしもモスラの幼虫の中に人が入ってたなんて事実があったら、別の意味でショックだ。不気味すぎて泣いてしまう。

あとサンダーバードのパペットにも小人が入って演技してた…なんつーことになってたら、これはもう完全なホラーで気絶しちゃうね。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 仮面ライダー2号の秘密 はコメントを受け付けていません。

本格的なウナギ屋を選ぶなら

新橋で久しぶりに鰻屋に行った。やっぱり鰻は旨いな。

で、うな重を食べながら、ふと何年か前に友人と浜松に出かけたときのことを思い出した。

浜松といえば、”うなぎ”が名産なわけで、用事が済んだ我々はどこかでうなぎを食べようってことになった。

とはいえ街中からはずれた場所にいたので、車を走らせながらうなぎ屋を探すもののなかなか店が見あたらない。

ようやく辺ぴな場所に一軒のうなぎ屋があるのを見つけた。

しかし、あまりにも外見がみすぼらしい店である。私は躊躇して友人に言った。

「この店は止めておいた方がいいんじゃないの? あまりおいしそうな店とは思えないけど」

いや、こういうみすぼらしい店がいいんだよ。オレの直感は当たるから信じてよ

我々はその店に入った。店内には他の客の姿はなく、店員もなかなか来ない。

友人が大声で呼ぶと、奥の暖簾から店主らしき人がやってきた。

「すみませんね。気がつかなくて」と恐縮する彼にうな重を2つ注文する。

しかし、30分経過してもうなぎは来ない。40分過ぎてもまだだ。

「ねぇ、ちょっと遅くない?」

いや、本格的なウナギ屋ってのはね。うなぎを捌くところからはじめるから時間がかかるんだよ。これだけ待たせるってことは本格的なうなぎ屋だよ

1時間経っても来ないので、待ちきれなくなった私はそっと厨房をのぞいてみた。

すると、店主は野球中継のテレビを夢中で観ていた。

あの…うなぎは?

あっ、すみません! 忘れてました! 今から作りますんで!

うな重は、それから10分とせずに運ばれてきた。

固くてまずいうなぎだった。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 本格的なウナギ屋を選ぶなら はコメントを受け付けていません。

清き心よ、何処へ

会社の廊下にある自販機コーナーに行くと若手の部下が話しかけてきた。

「静 炉巌さん、さっき隣の席の佐藤さんがイヤそうな顔してませんでした?」

「あぁ、彼女ね。ヒドいこと言うんだよ。『静 炉巌さんと話をしてると心が汚れる気がします』って。ふつう上司にそういうことって言うもんなの?」

「何を言ったんですか?」

「べつに普通のことだよ。『社長説明の前の日って、社長の家が火事になればいいのにって思うよね』って同意を求めただけなんだけど」

「それは…」

「そしたら『人の不幸を願っちゃダメですよ』って言われたわけ」

「それはそうでしょうねぇ」

「で、『大丈夫だよ。その分だけ自分の幸せを願ってるからプラマイゼロだから』って答えたら、心が汚れるって言われた」

「…」

心が汚れてないヒトなんているわけないじゃんね?

「…佐藤さんの気持ちがわかる気がします」

彼はそういうとそそくさとその場を去った。

 

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 清き心よ、何処へ はコメントを受け付けていません。