名言を考える…『そこに山があるから』

1923年に登山家のジョージ・マロリーが、ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで「なぜエベレストに登るのか」と質問されて、”Because it is there.”(そこにそれがあるから)と答えた。

日本では藤木九三が「そこに山があるから」と訳して、これが登山家の信念を表す名言として語り継がれている。

そこに山があるから」…なんかカッコイイんだよ! 気負いなく自然体で挑戦する心の在り方が伝わってくる感じ。男なら、一度はそんなセリフを誰かの前で口にしてみたいものだ。

…とまぁ、そんな風に思っていたのだけれど、よく考えたら別に大したこと言ってないんじゃないの?

だってさ、デブがいたとしてね。そいつが戸棚の饅頭を盗み食いしたとするよね。で、そいつに「なんでオレの饅頭を食ったんだよ!?」って聞いて、「そこに饅頭があるから」って答えられたら「開き直るんじゃねぇ!」って思うじゃん。全然、イイ話だと思わないよね。

で、悔しまぎれに「痩せろよ! デブ!」って言ったら、「この身体に幾らかけたと思ってるんだ!」とか大声で言い返されてね、シュンとなっちゃうみたいな。

うん、そんなわけで「そこに山があるから」は、たいした言葉じゃない。

たぶんね、インタビューに答えるのがめんどくさかったんだと思うよ。いちいちウルセーなとか思ったんだと思う。

「なんで山に登るんですか?」って聞かれたとき、ホントは投げやりに「足で」って答えたいところをグッとこらえて、大人的に答えたのが「そこに山があるから」って言葉だったんじゃないかな。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | コメントは受け付けていません。