ドラえもんの道具~カップめんのプラモデル

Amazonから荷物が届いた。「何だっけ?」と思って開けてみたら”1/1 カップヌードルのプラモデル”だった。そういえば、6月ごろに勢いで予約してた気がする。

これね、Bandaiの製品ページに詳しくでているけれど、かなり凝った代物。

でもって、実はカップヌードルのプラモデルは、1977年にドラえもん』の道具として登場している。

初登場は『小学六年生』1977年12月号に掲載された”あとの後悔さきにたたず”というエピソード。後に”ぼくを止めるのび太”と改題されている。

手元にある『藤子・F・不二雄大全集 ドラえもん』では5巻に収録されていた。

お小遣いで「カップめんを10個買う」か「プラモデル」にするか迷うのび太にドラえもんが渡したのが、”カップめんのプラモデル”なのだ。

そして漫画に描かれているカップめんは、カップヌードルそのもの。まさかこのプラモデルが、40年以上も過ぎて実現するとは。

”どこでもドア”や”タイムマシン”はいつになるかわからないけど、ドラえもんの道具のひとつが世に出たことは藤子不二雄ファンとして嬉しい。

しかし、ここまで凝ったプラモデルを作れるのなら、Bandaiの次回作にはぜひ崎陽軒のシウマイ弁当を選んでほしいと思う。

シウマイやタケノコを弁当箱に配置していくだけで猛烈に楽しそうだもの。もちろん最後にはかけ紐も結ぶのだ。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | ドラえもんの道具~カップめんのプラモデル はコメントを受け付けていません

ポールウィンナー発見

兵庫県西宮市に本社を置く伊藤ハムが年間約1億本を製造しているポールウインナーは、93%が関西向けに出荷されている。

関西人が愛して止まないポールウィンナー。

関西のサラリーマンはスーツの内ポケットにボールペン代わりにポールウィンナーを差し、小学生は筆箱にポールウィンナーを並べて学校に行く。

お弁当では箸の代わりに2本のポールウィンナーを器用に使って弁当を食べ、最後にそのポールウィンナーを食して手を合わせる。

幼子が千歳飴の代わりに持たされるのもポールウィンナーだというが、これらの噂も満更ウソではあるまい。

ポールウィンナーがほぼ関西圏でしか手に入らないのも、関西人が食いつくしてしまうために、関東まで流れてこないのではないかと推測する。

しかし、そんな関西人の厳しい監視の目を潜り抜け、脱西者として関東にたどり着いたポールウィンナーたちもわずかながら存在した。

本日は、駅前スーパーのハム・ソーセージコーナーに身を潜めるように隠れていた逃亡者を発見して、さっそく自宅に保護した次第。

今は冷蔵庫の中で安心しきっているポールウィンナー。自分の命があとわずかしかないとも知らずに。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | ポールウィンナー発見 はコメントを受け付けていません

藤岡藤巻、『学生街の公衆便所』を唄う

ブスにもブスの生き方がある』でデビューして、1970年代に一世を風靡しなかったバンド”まりちゃんズ”。大橋のぞみちゃんと『崖の上のポニョ』の主題歌を歌った藤岡藤巻の前身である。

でね、その”まりちゃんズ”が結成される前に藤岡さん藤巻さん尾崎さんの3人がはじめて一緒に歌って、バンドを結成するきっかけになった歌がある。

それはまだ学生だった彼らがサマースクールの余興として披露したもので、3人はゲロと名乗って『学生街の公衆便所』という歌を歌った。

当時流行っていたガロの『学生街の喫茶店』の替え歌である。

でね、藤岡藤巻がYouTubeの収録のためにその『学生街の公衆便所』を演るってんで観に行きました。

休日のライブ居酒屋で行われた収録では、いつの間にか機材も本格的になっている。

やっぱりね。”まりちゃんズ”ファンだった自分としては、そのルーツである『学生街の公衆便所』を聴けたってのは感無量なわけ。だって50年ぶりぐらいに唄ってるんだもん。

収録では、当時流行していたロンドンブーツの話も飛び出して楽しかったな。

藤岡さんと藤巻さんとは20年近い友達なんだけど、この人たちはホンモノだと思う。もっと”藤岡藤巻”が売れればいいのに。

でね、ファングッズを考えました。こういうのをライブ会場とかで販売すればいいと思うんだよね。

それはカマボコ板を利用した表札。”藤岡藤巻”って書かれた表札を作って、こんな風に売るわけ。

有名人の家に住んでみたいと思ったことってありませんか? でも現実には難しいですよね。だったら、あなたの家を有名人の家にしてしまえばいいのです。この表札をつけるだけで、あなたの家は藤岡藤巻の家。有名人の家に住む夢がお手軽に実現します

そんでさ、表札の下にセットできる別売の台座も売り出す。これを表札の下にセットすると位牌にもなるわけ。これは売れるでしょう!

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい, 09.藤岡藤巻 | 藤岡藤巻、『学生街の公衆便所』を唄う はコメントを受け付けていません

私の特殊能力を告白します

世の中には説明がつかないコトってのがあるわけで、だから超能力の存在だって頭から否定するのはいかがなものかと思うわけ。

なぜなら、これまで他人に言ったことはないけれど、オレにも特殊な能力があるから。

オレの能力は、”スーパーの駐車場とかに車を停めて、用事をすませて戻ってくると、隣に停めている車の主も同じタイミングで戻ってくる”という能力。

つまりは車に乗り込んだり、走らせるタイミングがウザくて面倒くさい。これね、10回のうち8回はそうだから。

もうね、車に戻るときが憂鬱だもの。

「どーせまたオレが車のそばまで行くと隣のヤツも来るんだろうなぁ」とか思ってると、ホントにそうなるし。

超能力”とは真逆の何の役にも立たない能力。”異能力”と呼べるほど秀でたものでもない。オレはこれを”微能力”と呼んでいる。

もっといい能力と交換したいんだよね。風が吹くと必ず前を歩いている女子学生のパンツを目にする能力とか。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 私の特殊能力を告白します はコメントを受け付けていません

裸の大将ってなんなのさ?

芦屋雁之助裸の大将やってるよ 」とヨメに声をかけられてTVを観た。別に”裸の大将”好きじゃないんだけど。

だいたい山下 清って”裸の大将”のくせに、ランニングシャツに短パンってところが胡散臭い。それって裸じゃないよね? ”ランニング短パンの大将”だよね?

それでも「”ランニングシャツに短パン”だけど裸です」と言い張るのなら、銭湯の湯船にランニング短パンで浸かってもOKってことになりますけど?

ランニング短パンで山手線に乗ってたら「あのオヤジは裸だー!」って乗客に騒がれて公安に連行されるのもアリってことになりますけど? おむすびぐらいじゃ許してもらえませんけど?

まぁ、 ”ランニング短パンの大将”が長いってんなら”着衣の大将”でもいいんだけどさ。そうだよ、そっちの方が自然じゃん。

オレはさ、山下 清が憎くて言ってるわけじゃないんだよ。山下にしたって「わたしが自分で”裸の大将”と名乗ったわけではありません」って言いたいかもしれないよ。だけどね、山下がそう思ったって世間はそう思わないからね。”山下清=裸の大将”なんだよ。

だったら裸になってみろよ。潔よくマッ裸で放浪したらどうなの? もちろん 50メートル歩いたら捕まるかもしれないよ。全身にオイルを塗っておけば、警官の手が滑ってあと10メールぐらいは歩けるかもしれない。

でもね、おまえが歩いたその道は何ものにも代えがたいロード・オブ・キング。山下清が真の意味で”裸の大将”になった宝石のような輝ける瞬間なんだよ! 聞いてるか、山下!! おい、おまえ! おむすび食べながら人の話を聞いてんじゃないよ!

で、話は戻ってTVの方はといえば、昔のドラマの1エピソードだけを放映する企画の番組らしい。

だけど、オレが”裸の大将”で思い出すのは、同じく芦屋雁之助が主役を演じた1981年の映画『裸の大将放浪記〜山下清物語』の方だ。

これがもう実にクソな映画で、たぶん当時『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』を観に映画館に行ったら併映で目にする羽目になったんだと思う。

ほのぼのとしたテレビ版とは異なり、じめじめと暗くスタッフのセンスのなさが伝わってくるイヤ~な感じの映画だった。

だってね、テレビではギリギリのところで無邪気に見ることができた雁之助の演技が、映画ではいい大人が知的障碍者のマネをしてるようにしか見えなくて居心地が悪いわけさ。

で、最後は山下清が死んで、「えっ? 死んじゃうの?」と思う間もなく、パンイチの雁之助が障碍者のマネをしながら波打ち際を風船を追いかけて走るという悪夢のような場面になって、「何を見せられてるんだオレは?」という猛烈にイヤな気分になったことを覚えている。

でも、記憶もあいまいで、ホントにそんな場面があったのか? 記憶違いじゃないか?と思ってネットを検索してみたらホントにそのまんまな場面だった。

夢じゃなかった。オレ、ストーリーは忘れてるのにイヤなとこだけは覚えてた。

ついでにこの映画のAmazonのレビューを見てみたら、「感動」とか「最高」などと絶賛されている。

まったくもって人の感じ方というのはそれぞれなんだなぁと思いました。

ついさっき、裸の大将のことを書いたけどさ。

で、「裸の大将は裸じゃない」なんてことを言いましたけどね。

あれ間違ってた。裸の大将じゃないのは芦屋雁之助ってだけだった。

ちょっと調べたら、これまで山下清を演じてきた役者って何人もいるんだけど、小林桂樹は本物だと思う。映画を観たわけじゃなくてポスターを目にしただけだけど、「うわっ!?」って思ったもん。

小林桂樹なら”裸の大将”を名乗っていいよ。正確には裸じゃないけどオレは許す! っていうかごめんなさい。服を着てもらえませんか?

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 裸の大将ってなんなのさ? はコメントを受け付けていません