フリーアドレスでいこう!

昼休みに給茶機にお茶を注ぎに行ったら、隣のカウンターにいた女性部下が話かけてきた。

「静 炉巌さん、うちの部でフリーアドレスをやりませんか?」

「えっ? メール?」

「違いますよ! 自席を固定しないで、どの場所で仕事してもいいってやつです」

「あぁ、そっちね」

「うちの会社では採用してないけど、部の範囲だけでやってみるならいいじゃないですか? みんな新鮮な気持ちで仕事ができますよ

「うーん」

「どうしたんですか? いつもなら新しいことに飛びつくのに」

「フリーアドレスはあまり気がのらないんだよね」

「どうしてですか?」

「だってさ。絶対に好きな人同士が集まるに決まってるじゃん。どう考えても、オレだけが除け者になるっていう悲しい未来が見えてるもん。席が近くになったらすぐに移動されたりとかさ…」

「そんなことないですよ」

「そんなことあるよ。オレだったら絶対に上司のそばには行かない」

「それにフリーアドレスにするってことは、移動しやすいように机の上の資料とかいつも片づけないといけないわけでしょ?」

静 炉巌さんの机は汚いですもんね

きみ、はっきり言うよね。あっ、でも考えようによってはフリーアドレスはいいかもしれないな」

「急にどうしたんですか?」

「だって机の上さえ片づけておけばいいわけでしょ?」

「そうですけど」

きみはオレの机の本当の汚さを知らない。なぜかわからないんだけど、しょっちゅうコーヒーがこぼれちゃって、ところどころで固まってるんだよね。それがすごくイヤなんだよ」

「うっ…。そういえばこの前、座席替えをしたときもゴシゴシと机を拭いてましたよね」

「それなのにもうコーヒーがこぼれてる。せっかちだから口に届く前にコップを傾けたりしちゃうんだよね。タイミングがあっても勢いよく傾けてムセちゃったりとか」

「大人なんだから落ち着いて飲んでくださいよ」

「でも、それだってフリーアドレスにすれば解決するわけじゃん! 机が汚れたら綺麗な机に移動すればいいんだよそしたらいつでも綺麗な机で仕事ができる! フリーアドレス最高!

「えっ? イヤですよ。静 炉巌さんが使った机で仕事するなんて

きみ、露骨にヒドいこと言ってるよね?

「そういう意味では…」

「とりあえずフリーアドレスをやってみようか」

「絶対にイヤです!」

「だって、みんな新鮮な気持ちで仕事ができるって…」

焼き畑農業みたいな人がいると、使える机が減っていくからダメです!」

確固たる意志をもって、フリーアドレスに反対する部下。私は久しぶりに耳にした”焼き畑農業”という言葉に、こういう使い方もあるのかと少し新鮮な気持ちになった。

静 炉巌(2019/6/8)

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | フリーアドレスでいこう! はコメントを受け付けていません。