AIアシスタントの時代

echo1いつの間にかスマートスピーカーをはじめとして、様々なAIアシスタントが身近にあるようになった。

Amazon Echoの”Alexa(アレクサ)“、Google Homeの”Googleアシスタント“、Appleの”Siri“、Windowsの”Cortana(コルタナ)“。

よく使っているのがAlexaとSiriだ。Alexaは部屋で音楽を聴いたり、朝は天気や電車運行状況の確認に、Siriは出先でApple Watchと共にという感じかな。

aw1ところでApple Watchは文字盤のデザインが切り替えられるようになっている。

買ったばかりの頃にお偉いさんが集まっている会議で、退屈しのぎにデザインを切替えていたらミッキーマウスの文字盤がでてきた。

うっかりディスプレイに触ったらミッキーの声で「4時20分だよ! こんにちはっ!」と元気に反応したので焦ったね。

そのときは慌てて腕を隠し、エレベーターでオナラをした人を探すように、「誰20180114-1だよ? ヘンな音を出してるのは!」といった表情で当たりを見回してなんとかゴマかした。

さて先日のこと、取引先のベンダーさんが営業に来たので会議室で打合せをしていた。

パンフレットを開きながら、いろいろと説明をしてくれるのだけど、専門的過ぎてよくわからない。

よくわからんなぁと思っていたら、突然にApple Watchが喋った。

 「すみません。何を言ってるのかわかりません

おまっ! なんでオレの心の声を?!!

一瞬、固まる営業担当者。オレだって焦ったよ!!

Apple Watchは、サイドのデジタルクラウンと呼ばれるボタンを長押しするとSiriが起動するようになっている。手首を曲げたときに、そのスイッチが入って聞き取りモードになっていたようだ。

ごめんごめんとその旨を説明して笑って終わったけど、一瞬、何が起こったかと思ったもんね。

ベンダーさんとの打合せ後は、会議室を移動して別件の会議に出なければならない。今度はプロジェクトメンバーを集めて進行中の案件について説明するのだ。

資料をスクリーンに映してひととおりの説明を終えたら、参加しているメンバーに問いかける。

「以上なんだけど、みんな、わかった?」

すると真っ先に、Apple WatchからSiriの声が響いた。

すみません。よくわかりません

おまえじゃねぇーよ!!!

またも聞き取りモードになっていたらしい。あまりのタイミングの良さに会議室に笑い声が響く。

まったくAIアシスタントってのは、空気が読めなくて困るよ。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | コメントは受け付けていません。