恥辱プレイ的な恥ずかし言葉

そりゃ昭和世代ですからね。時代の流れから徐々に引き離されていく言語感覚があるわけです。

いわゆる”語感”のことなんだけど、大人になるまでに馴染みのなかった言葉にはいつまでたっても馴染めないし、ヘンな言葉に思えて口にするのが恥ずかしい。

例えば”ペペロンチーノ”。どう考えてもおかしな発音なんだけど。

なんだか馬鹿にされてる気がする語感なんだよ。「やーい! おまえのカーちゃん、ペペロンチーノ!」みたいな感じ。

あと”カルパッチョ”も恥ずかしい。どう考えても常識ある大人が口にする言葉とは思えない。

レストランで注文するとき、それを聞いてる店員は内心「こいつ、カルパッチョとか真顔で言ってやんの」とか思ってんだろうなと想像すると恥ずかしくて泣きたくなる。

なんていうかさ。コントでオチがくるときに下唇を突き出して「カルパッチョ!」って言うイメージの言葉なんだよね。

あと”満珍楼”もイヤだな。これは昔からあるけどイヤだ。「おらおら、おまえ興奮してんだろ。いやらしいヤツだな。ほれ、”満珍楼”って言ってみな」って迫られてるみたいな。

だから絶対に”満珍楼”では働きたくない。「”満珍楼”の〇〇です。アツアツです」なんて人前で言うのはイヤだ。

あと”ズッキーニ”ってなんなんだよ! そもそも形からして想像がつかないんだよ!

なんつーかさ、”ズッキーニ”って発音するときって、首を伸ばしながら言わなきゃいけない感じがするんだよ。そんなジェスチャーをしながら料理を注文するなんてヘン過ぎだろ! バカじゃないの!

そんなわけで、新たな文化にいつまでも馴染めない日常の苦悩は続くのです。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 恥辱プレイ的な恥ずかし言葉 はコメントを受け付けていません

車は走ればいいんです

購入してから13年目になる傷だらけのファミリーカーに乗っている。

他車が走っている路上では気をつけて運転しているものの、車庫入れだのはテキトーだから車のボディは傷だらけであちこち凹んでいるし、ホイールもボロボロだ。

それでも故障することもなく元気に走ってくれているので、十分に満足している。車は走ればいいのだ。

だからディーラーに出向くのも車検の案内が来たときだけである。

そんなわけで車検のためにディーラーに車を乗り入れると、整備士が作業前に車体の傷を確認しにやってきた。

車を一目みて傷の多さに驚いた整備士が、思わずヨメさんに視線を向ける。すると慌ててオレを指さすヨメ。

違います! わたしじゃないです。このヒトです!

そのとおりだけど、なんかひどくない? 犯罪者みたいじゃん。

オレは一生懸命に傷を数えている整備士に声をかける。

「細かくチェックしなくていいですよ。クレームつけたりしないから。”傷、たくさんあります”って書いておきなよ

車を預けてショウルームでお茶を飲んでいると、営業マンがやってきた。彼らだって仕事なのだ。とはいえ買うつもりもないのに話を聞くのもつらい。

「静 炉巌さん。そろそろ車の交換とかどうですか?  すごく使いやすい車種もでてますよ」

「いいですね。私も車の交換とかしたいんですよ」

「ホントですか?」

「ホントですよ。でもね、ひとつだけ障害があるんだよね」

「なんですか?」

うちのヨメさんが車の交換に反対しているの。だから車を交換しようと思ったら、まずヨメさんを交換することからはじめなきゃいけないんですよ。力を貸してもらえますか? できたらやさしい人がいいな。だったら車を交換できるけど

「いや、それは…ちょっと」

あれから5年。それまでときどきあった車のセールスの電話は一度もかかってこない。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | コメントする

ドラえもんの道具~カップめんのプラモデル

Amazonから荷物が届いた。「何だっけ?」と思って開けてみたら”1/1 カップヌードルのプラモデル”だった。そういえば、6月ごろに勢いで予約してた気がする。

これね、Bandaiの製品ページに詳しくでているけれど、かなり凝った代物。

でもって、実はカップヌードルのプラモデルは、1977年にドラえもん』の道具として登場している。

初登場は『小学六年生』1977年12月号に掲載された”あとの後悔さきにたたず”というエピソード。後に”ぼくを止めるのび太”と改題されている。

手元にある『藤子・F・不二雄大全集 ドラえもん』では5巻に収録されていた。

お小遣いで「カップめんを10個買う」か「プラモデル」にするか迷うのび太にドラえもんが渡したのが、”カップめんのプラモデル”なのだ。

そして漫画に描かれているカップめんは、カップヌードルそのもの。まさかこのプラモデルが、40年以上も過ぎて実現するとは。

”どこでもドア”や”タイムマシン”はいつになるかわからないけど、ドラえもんの道具のひとつが世に出たことは藤子不二雄ファンとして嬉しい。

しかし、ここまで凝ったプラモデルを作れるのなら、Bandaiの次回作にはぜひ崎陽軒のシウマイ弁当を選んでほしいと思う。

シウマイやタケノコを弁当箱に配置していくだけで猛烈に楽しそうだもの。もちろん最後にはかけ紐も結ぶのだ。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | ドラえもんの道具~カップめんのプラモデル はコメントを受け付けていません

ポールウィンナー発見

兵庫県西宮市に本社を置く伊藤ハムが年間約1億本を製造しているポールウインナーは、93%が関西向けに出荷されている。

関西人が愛して止まないポールウィンナー。

関西のサラリーマンはスーツの内ポケットにボールペン代わりにポールウィンナーを差し、小学生は筆箱にポールウィンナーを並べて学校に行く。

お弁当では箸の代わりに2本のポールウィンナーを器用に使って弁当を食べ、最後にそのポールウィンナーを食して手を合わせる。

幼子が千歳飴の代わりに持たされるのもポールウィンナーだというが、これらの噂も満更ウソではあるまい。

ポールウィンナーがほぼ関西圏でしか手に入らないのも、関西人が食いつくしてしまうために、関東まで流れてこないのではないかと推測する。

しかし、そんな関西人の厳しい監視の目を潜り抜け、脱西者として関東にたどり着いたポールウィンナーたちもわずかながら存在した。

本日は、駅前スーパーのハム・ソーセージコーナーに身を潜めるように隠れていた逃亡者を発見して、さっそく自宅に保護した次第。

今は冷蔵庫の中で安心しきっているポールウィンナー。自分の命があとわずかしかないとも知らずに。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | ポールウィンナー発見 はコメントを受け付けていません

藤岡藤巻、『学生街の公衆便所』を唄う

ブスにもブスの生き方がある』でデビューして、1970年代に一世を風靡しなかったバンド”まりちゃんズ”。大橋のぞみちゃんと『崖の上のポニョ』の主題歌を歌った藤岡藤巻の前身である。

でね、その”まりちゃんズ”が結成される前に藤岡さん藤巻さん尾崎さんの3人がはじめて一緒に歌って、バンドを結成するきっかけになった歌がある。

それはまだ学生だった彼らがサマースクールの余興として披露したもので、3人はゲロと名乗って『学生街の公衆便所』という歌を歌った。

当時流行っていたガロの『学生街の喫茶店』の替え歌である。

でね、藤岡藤巻がYouTubeの収録のためにその『学生街の公衆便所』を演るってんで観に行きました。

休日のライブ居酒屋で行われた収録では、いつの間にか機材も本格的になっている。

やっぱりね。”まりちゃんズ”ファンだった自分としては、そのルーツである『学生街の公衆便所』を聴けたってのは感無量なわけ。だって50年ぶりぐらいに唄ってるんだもん。

収録では、当時流行していたロンドンブーツの話も飛び出して楽しかったな。

藤岡さんと藤巻さんとは20年近い友達なんだけど、この人たちはホンモノだと思う。もっと”藤岡藤巻”が売れればいいのに。

でね、ファングッズを考えました。こういうのをライブ会場とかで販売すればいいと思うんだよね。

それはカマボコ板を利用した表札。”藤岡藤巻”って書かれた表札を作って、こんな風に売るわけ。

有名人の家に住んでみたいと思ったことってありませんか? でも現実には難しいですよね。だったら、あなたの家を有名人の家にしてしまえばいいのです。この表札をつけるだけで、あなたの家は藤岡藤巻の家。有名人の家に住む夢がお手軽に実現します

そんでさ、表札の下にセットできる別売の台座も売り出す。これを表札の下にセットすると位牌にもなるわけ。これは売れるでしょう!

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい, 09.藤岡藤巻 | 藤岡藤巻、『学生街の公衆便所』を唄う はコメントを受け付けていません