受験生の心得について

人間には、もって生まれた運命というものがあるのでございましょうか。

私は先日、とある受験生と話をする機会をもちました。その時、彼から聞いた不思議な話は、目に見えない”運命”というものが、その姿をかいま見せたようにも思えたのでございます。

大学受験を控えている彼は、一浪した先輩から受験についてのアドバイスを受けたと言います。それは試験場への準備についてのことでした。先輩は真剣な顔でこう言ったそうです。

万が一のために、シャーペンは10本持っていけ!

その言葉に戸惑う彼を見て、先輩は昨年の自分の経験談をポツポツと語り始めました。それはセンター試験の会場で起こった出来事についての話でした。

先輩が入室した試験場はうすら寒く、おまけに前の席にはダウンジャケットを着込んだデブが座っており、先輩は試験の緊張感とデブの圧迫感を感じていたと言います。

しかし、そんな状態にも関わらず、いざ試験が始まると問題のヤマは当たりまくり、先輩は順調にマークシートを埋めていくことができました。

「これはイケる!」

先輩は試験の合格を半ば確信していたといいます。

やがて試験終了の時間が迫ってきました。先輩は最後の問題にとりかかろうとしていました。しかし、その瞬間、心臓が止まる思いを味わったと言います。

回答欄が足りないのです!

その先輩はシャツのボタンを掛け違うように、回答欄をひとつずつ間違えて塗り潰していたのです。マークシートの回答はすべてズレて塗りつぶされていました。

残り時間はあとわずか、このままでは0点です!

とにかくマークシートを書き直さなくてはなりません!

先輩は慌てて回答を消しゴムで消しはじめました。そして、再び回答欄を塗りつぶそうとしたとき、焦ってシャーペンを落としてしまったのです!

あっ! 先輩は慌ててシャーペンを拾おうとしました。でも、落としたはずのシャーペンがどこにも見あたらないのです!! ない! 一体どこにいったんだ!??

既に問題を解き終えた受験生は、一人、また一人と試験場から出ていきます。先輩のパニックは最高潮に達していました。

前の席のデブも立ち上がります。…あれっ!

デブのダウンジャケットの背中にシャーペンが刺さっていました!!

先輩が唖然としている間に、デブは背中のシャーペンを揺らしながら教室を出てしまいました。

試験終了のチャイムが鳴ったのは、それから間もなくのことでありました。

こうして先輩は玉砕したそうです。

「シャーペンを10本、持っていけ!」という先輩のアドバイスは、その経験からきていたのです。

しかし、私は思うのです。シャーペンが10本もデブの背中に刺さるようなことが起きるのでしょうか?

そんな”弁慶”状態となるデブがいるとは思えません。それが起こるのは合格するよりももっと難しい確率だと思います。

だったら逆に自分のダウンにシャーペンを何本も刺しておいたらどうでしょうか。シャーペンを落としたらダウンから補給する。

針ネズミのようになって、ポケットには消しゴムを詰め込めるだけ詰め込んで試験場に行けばいいのです。他の受験生を威嚇する効果もでます。

受験生の皆さん、先輩のような悲劇を起こさないように頑張ってください。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | コメントする