気が利くウェイトレスの悲劇

「過ぎたるは及ばざる如し」…なんて言葉がございます。これ、良いことであってもよろしくないことであっても、モノには加減があるんだよってことです。

例えば“気が利く”ってのは素晴らしいことですが、“気が利きすぎる”っていうのは、思わぬ悲劇を呼ぶものなのです。今回はそんなお話。

例えば、友達と都内のファミレスに入ります。

席につくと、やがてウェイトレスが「ご注文は何になさいますか?」と聞きにきます。

まだ注文が決まっていないあなたは、「オレ、おまえと同じでいいや」と友達に言います。

そう言われた友人は、ウェイトレスに「じゃ、カレーライスふたつください!」と注文するわけです。

よくある光景ですね。しかし、もし、そのウェイレスが”異様に気が利くウェイトレス”だとしたらどうでしょうか?

気が利くウェイトレスであれば、あなたが友人に言った「オレ、おまえと同じでいいよ」というセリフも当然聞いているはず。

友人の注文は「カレーライス2つ!」でした。

あなたは友人と同じでいいと言ったのですから、気の利くウェイレスなら、あなたと友人それぞれにカレーライスを2つずつ持ってくるはず。つまり計4つのカレーライスが運ばれてくることになります。

もし、このファミレスに同窓会帰りの50人が訪れて、同様に「おれ、幹事と同じでいいよ」と口々に言ったらどうでしょう? 幹事は「じゃあ、カレーライス50個ください」と注文します。

”気の利くウェイトレス”がそのセリフを聞けば、50人×50皿、つまり計2500皿のカレーライスを運んできます

もし、その日が成人式で、式の帰りに5組の同窓会があり、幹事同士が友達だったとしたらどうでしょうか? それぞれの出席者も50人ずつだとしたら?

50人×50皿の5乗。すなわち、その時点でカレーライスの数は約3億1千皿!!

それはもうチンケなファミレスのキッチンに収まりきるようなカレーの量じゃないんです!! 

張り切ったシェフの頑張りで、キッチンからは瞬く間にカレーがあふれだし、店内の客を外へと押し流してしまう!

だが、それだけではカレーは止まらない! 熱く煮えたぎったカレーの洪水は、ゆっくりとビルを飲み込み、電柱をなぎ倒して溶岩のように街を流れていく。

もはや誰もカレーの侵攻を止めることはできないのだ! 

やがて東京の街はカレーに飲み込まれていく。それでもカレーは止まらない

そして遂に…、関東平野沈没!!

すべてを押し流しながら東京湾へと流れ込んだ大量のカレーは、太平洋の海水を塩水からカレー味に変えてゆく。

人々はカレー味になった海のことを、”新インド洋”と呼ぶことになるのです。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 気が利くウェイトレスの悲劇 はコメントを受け付けていません

オレに聞かないでおくれよ

なぜか社内報の取材を受けることになってしまった。

そりゃね、オレが所属する部門はいろいろなコトをしてますよ。でもオレは大したコトしてないし。

部下と一緒に呼び出された時間に会議室に入ると、広報Gの何人かのスタッフがカメラとマイクを準備してスタンバイしている。

挨拶と着席が済むとさっそく質問がとんできた。

スタッフ「なぜ当社では今、”新たなワークスタイル”を進めることにしたんですか?」

こういう質問に答えるのって、何を言ってもウソくさく思えちゃうんだよね。そういうのは偉いヒトに聞いてほしい。

しょうがないから思いつくままにテキトーな例え話をしてみる。

静 炉巌「今ね、コロナ渦でしょ。例えるならコロナってのは大きな波なわけ。一時的な大波。砂浜に立っているときに大きな波がくるところを想像してくださいよ。波が腰の上まで来ちゃうわけ。

で、波ってのは押し寄せるときの力も強いけど、引くときの力も強いからね。油断していると海パンとか持っていかれちゃう。気づくと砂浜にフルチンで立ってることになるんだよ。フルチンだよ。まったくの無防備。ブラブラ。

だからこそ波が来ているなかで、海パンの紐をグッと引き締めるわけさ。さらに頑張って水面下で新しい海パンに履き替えておく。
波が引いたときにはピカピカの海パンでビーチに立ってるようにするの。それが今、”新たなワークスタイル”を進める意味なんだよね。わかるでしょ?」

スタッフ「すみません。よくわからないです

部下「静 炉巌さん。なにいってるのか全然わかんないし、セクハラはいってますよ

静 炉巌「えっ!? フルチンってセクハラなの?」

部下「また言った! 気をつけてください!」

会議室の微妙な空気。ムズかしいよ!もう!

それにしても社内報の取材に答えてセクハラ警告を受けるとは…。

オレは「お前ら! ホントのセクハラってのはこういうもんだ!」と叫んでフルチンになりたい気持ちをグっと堪えた。…これはウソですけども。

最後に写真撮影が行われる。こういうのも苦手なんだよね。

「静 炉巌さん。じゃあ、次はこんな風にガッツポーズをお願いします」

「ごめん。ガッツポーズは勘弁して。だってガッツないんだよ」

「…わかりました。じゃ、自然体で。背筋をのばしましょう」

「自然体だと猫背だけど…。あっ、ごめん。やります」

「はい。ありがとうございました。いい写真を選んでおきますね」

「できたら一番、情けない写真を使って。ハキハキしたのは部下の写真でいいから」

「えっ?」

「でも、できたら足を長くするとか、お腹を引っ込めるとかの修正はしてほしいんだけど」

「それはできません!」

こうして取材は終わった。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | オレに聞かないでおくれよ はコメントを受け付けていません

”はじめてのおつかい”…大人になったら

はじめてのおつかい”なる番組がある。

”ちいさな子供が親から離れてはじめてお使いに行く様子”を隠しカメラで撮る…というあざとい番組で、オレはこういうのが好きじゃないの。

でも、バリエーションとして大人バージョンを作ったら面白いかもと思った。タイトルは”はじめてのはんざい

まずはスタッフが酒場でお金に困っている気の弱そうな男を見つくろって、”泥棒”することを焚きつける。

困っている人をほっておけないんだよね」、「誰でもできる簡単な仕事だよ」、「盗んだお金には税金がかからないし」、「知り合いのプロからアドバイスもらってあげようか」ってなことを言ってその気にさせるわけさ。唐草模様の風呂敷とかもプレゼントして。

で、別のスタッフがバレないように、そいつが行動を起こすところを自宅から隠し撮りで追いかける。

まずは、そいつがおどおどと下見をするところからだ。犬に吠えられて腰を抜かしたり、風で飛んできた洗濯物(ブラジャー)が頭にのったとたんに「どろぼー!」って通行人に叫ばれて逃げ出したりとか、視聴者が感情移入できるような仕込みも用意しておく。

そいつが下見の様子から侵入する家の目星がついたら、スタッフは複数の望遠カメラでターゲットとなる家を補足しておく。

住人には事前に”泥棒が来る”ことを伝え、「泥棒が盗りやすいように、この封筒をタンスの上に置いておいてね」とカネで協力を依頼する。

封筒の表には、でっかい字で”現金(げんきん)”とふりがな付で書いてあるという新設設計だ。

…その夜にそいつが登場。

鍵のかかってないベランダからオドオドと侵入して、タンスの上から封筒をとって出てきたところを一斉にスポットライト。犯人が驚いてあたりを見回すとパトカーがズラリ。

ションボリとパトカーで連行される犯人。でも、その先は警察ではなく、そいつの自宅。だってパトカーはテレビ局の撮影用なんだもの。

犯人が後部座席でキョトンとしていると、運転していた警官が振り向いて、右手に”どっきりカメラ”と書いた看板を掲げる。

どう? これはね、”はじめてのおつかい”+”どっきりカメラ”なの。でも、これで終わりじゃない。

犯人は盗んだ現金入りの封筒を謝礼としてもらうんだけど、入ってるのは撮影用のニセ札

それに気づかずに使ったところを、今度は本当に逮捕されちゃうという二段オチ。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | ”はじめてのおつかい”…大人になったら はコメントを受け付けていません

アスファルトの自転車マーク

朝、パン屋まで自転車を漕ぐ。

路上に目をやると、自転車道路を示すマークがアスファルトに描かれていた。

なんの変哲もない自転車のマーク。よく見かけるマークだ。

でも、このマークがときどき”チンコのデカい人”に見えてしまう。

ピノキオの如く、”ウソをつくとチンコが伸びる人”の絵。

そうなるともうダメで、そんな風にしか見えなくなる。

いったいこのヒトはどんな嘘をついたんだろう?

余裕でパンツを突き破って足よりも長くなってるんだけど。

伸びる勢いが凄すぎてジャンプしたみたいにも見えるんだけど。

「ボクはスケベなことは考えたこともありません!」

そんなウソをついた瞬間にびよーん!

…なんてことを考えながら、ペダルを踏む。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | アスファルトの自転車マーク はコメントを受け付けていません

恥辱プレイ的な恥ずかし言葉

そりゃ昭和世代ですからね。時代の流れから徐々に引き離されていく言語感覚があるわけです。

いわゆる”語感”のことなんだけど、大人になるまでに馴染みのなかった言葉にはいつまでたっても馴染めないし、ヘンな言葉に思えて口にするのが恥ずかしい。

例えば”ペペロンチーノ”。どう考えてもおかしな発音なんだけど。

なんだか馬鹿にされてる気がする語感なんだよ。「やーい! おまえのカーちゃん、ペペロンチーノ!」みたいな感じ。

あと”カルパッチョ”も恥ずかしい。どう考えても常識ある大人が口にする言葉とは思えない。

レストランで注文するとき、それを聞いてる店員は内心「こいつ、カルパッチョとか真顔で言ってやんの」とか思ってんだろうなと想像すると恥ずかしくて泣きたくなる。

なんていうかさ。コントでオチがくるときに下唇を突き出して「カルパッチョ!」って言うイメージの言葉なんだよね。

あと”満珍楼”もイヤだな。これは昔からあるけどイヤだ。「おらおら、おまえ興奮してんだろ。いやらしいヤツだな。ほれ、”満珍楼”って言ってみな」って迫られてるみたいな。

だから絶対に”満珍楼”では働きたくない。「”満珍楼”の〇〇です。アツアツです」なんて人前で言うのはイヤだ。

あと”ズッキーニ”ってなんなんだよ! そもそも形からして想像がつかないんだよ!

なんつーかさ、”ズッキーニ”って発音するときって、首を伸ばしながら言わなきゃいけない感じがするんだよ。そんなジェスチャーをしながら料理を注文するなんてヘン過ぎだろ! バカじゃないの!

そんなわけで、新たな文化にいつまでも馴染めない日常の苦悩は続くのです。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 恥辱プレイ的な恥ずかし言葉 はコメントを受け付けていません