選挙カーが気になる!

選挙カーの箱乗りってのは、スゴイひとがいるもんだなと思って、ネットで写真をみていた。

もっとも、オレには「ワタシは自分のためなら、ゼニのためならこんなこともできまっせ!」と曲芸をアピールしているように見えてしまうんだけど。

で、そんななか永光自動車工業なる会社が制作した選挙カー専用自動車のデザインに目を惹かれた。

このクルマいいな。ちょっと欲しい。

もちろん選挙に出たいわけじゃなくて、”展望カー”として楽しそうだもの。ルーフ上にサマーベッドを置いたりしてさ。絶対、楽しいよ!

渋滞のときは、ちょこっと上って、「この先はどうなっているのかな」と見てみたりとかさ。花火大会なんかのときもいいね。

泥棒を家業としてるヒトなんかは、狙った家の前にさりげなくクルマを停めて、2階から入り込んだりしそうだな。

家の人に見つかったら、「選挙のお願いに参りました! 押しかけて申し訳ございません。清き一票を!」とかって誤魔化したりしてね。

泥棒に入るときは、言い訳できるように名前の入ったタスキをかけておいてさ。まぁ、本名を書いてたらバカですけど。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 選挙カーが気になる! はコメントを受け付けていません

人間と魚と宇宙人と

オレは、人間が魚類にしていることを、”もし人間がされたら?”と考えると、いつも恐怖でいっぱいになる。

まずは”活けづくり”。これは魚というか海老の話なんだけど、昔、伊豆の民宿に泊まったら、夕食に”伊勢海老の活けづくり”が出てきた。

皿の上に生の伊勢海老が乗ってるんだけど、下半身は身の部分が刺身として調理されていて、上半身はまだ動いていて、飾りとして乗ってるんだよ。で、ニジニジと鋏でこっちに前進してくるの。恐怖と罪の意識で、とても食欲が湧くなんてどころじゃなかったね。

あとね、オレは湘南の”釜揚げシラス”が好きなんだけど、これも冷静に考えるとコワイ。

だって赤ちゃんを大量に集めて、鍋で煮てね、そのままの姿でごそっと食べるわけだから。

オレはシラスを食べる時は、目をあわさないようにしている。呪われたらイヤだから

アジの開き”も好きだけど、これも人間がそのままの形で身体を開かれて、焼かれると思うと怖くなる干物なんて、言い方を変えれば”ミイラ焼き”だしさ。

あと”兜焼き”ね。これなんか生首焼きだもの。目がコワイんだよ、目が! こっちを見てるんだよ!

でね、魚って養殖もしていて、これも人間だったら人間牧場みたいなもんだからさ。食べるために繁殖させるっているのも残酷だよね。まぁ、これは肉でも同じだけど。

そんなことを考えつつ、もし、人間よりも一段上の知能を持った生命体が宇宙にいてさ。”文化”として人間を食料として食べる習性をもったとしたら、それは人間が動物や魚を食べるようなものだから、理屈上は責められないなぁと思うね。

もちろん、文化同士は対立するわけですけど。

カテゴリー: 02.この水飴を舐めてはいけないよ | 人間と魚と宇宙人と はコメントを受け付けていません

幻のお茶漬け職人

オレは、永谷園の”さけ茶づけ”が結構好きなんだよね。

で、”さけ茶づけ”のために、お湯を沸かしている間、オレのなかでいつも想像する風景がある。

想像のなかでのオレは、小さいけれど高級な日本料理の店主で、紺の和食衣なんかの姿で、カウンターの内側に立っている。

で、カウンターに座った客は、壁に貼られたメニューを見て、1500円の”お茶漬け”を注文してくるわけさ。

オレは茶碗のご飯に永谷園の”さけ茶づけ”をさっとかけ、お湯を注いで客に差し出すね。すると客がそれに抗議する。

「おい!! 高い値段だしてるのに、これは永谷園の”さけ茶漬け”じゃないか!」

オレは厳めしく答えるわけ。

お客さん。黙って食べてみな。確かにこれは永谷園の”さけ茶漬け”だ。だけどね、あんた、”さけ茶漬け”にお湯をかけるときさ。米の種類と炊け具合、米の量にマッチしたお湯の量、米の温度と部屋の温度を勘案したお湯の温度、月の位置が及ぼす微妙な引力の変化を考えた上でのお湯のかけ方…そういったことをすべて計算した上で、お湯をかけてるかい?

「いやっ…」

オレはね。すべてをわかった上で、お湯をかけてるんだよ。それが”絶妙”ってもんで、職人ってもんなんだ! いいから食ってみな

お茶漬けを一口すする客

う…うまい! こんなお茶漬けを食べたのは、生まれてはじめてです!

そういうことだよ

とまぁ、そんなことで気持ちを盛り上げながら、テキトーにお湯をかける。

幻のお茶漬け職人”…それはオレの中だけにいる。

ちなみに”幻の職人シリーズ”はインタントラーメン版もあって、そっちは”サッポロ一番 塩らーめん”の袋麺を食するときだね。

このときのオレは、想像のなかではラーメン屋の主人なわけ。オレは袋麺に具材を入れるのが好きじゃないから、そのまま作る。で、客が文句を言うね。

「オヤジ! このラーメン、ただの”サッポロ一番 塩らーめん”じゃねーか! そこに袋が見えてるぞ!」

「お客さん。まず食ってみなよ!  ”食”ってのはね、旨いかどうかだよ。”サッポロ一番 塩らーめん”はね、素人がなんとなく作ったって、なんとなくの味にしかならねーんだ。そんなもんと一緒にしないでくれ!」

「なんだと?!」

いいかい。麺とスープを別に作るのは当然だが、スープならラーメン鉢の温度と大きさ、そこに最適なお湯の量、部屋の温度と客の体調を勘案した上でのお湯の温度。全てを計算してんだよ! 麺の茹で方は、これ以上はない絶妙な固さだ。パスタでいえばアルデンテに近い。だけどな、インスタント麺ってのはパスタよりもっと繊細なんだ。零点何秒でまったく食感が変わっちまう世界なんだよ!  そして地球の自転速度を計算した上での湯切りのスピード。それらをわかって作るのが職人ってもんだ! いいから食ってみろ!

う…うまい! こんなサッポロ一番塩らーめんを食べたのは、生まれてはじめてです!

そういうことだよ

オレはこんなことを思いながら、テキトーにラーメンを作る。”幻のラーメン職人”も、やっぱりオレのなかにいるだけだ。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 幻のお茶漬け職人 はコメントを受け付けていません

”複雑な表情”を垣間見た時

他人が浮かべる”複雑な表情”というものを、オレが初めてハッキリと感じたのは、小学5年生の時だ。その表情を見せたのは、クラスメイトの錦織くんである。

当時、JRが”鉄道100年記念”の行事として、地元の小学校に「鉄道に関する絵」を募集していた。

そんなわけで、オレが通う大船小学校では、図工の授業中に”鉄道”をテーマにして、児童全員がそれぞれに絵を描いて、学校が一括して応募することになった。

応募したことさえも、すっかり忘れてしまった頃。全校生徒が集まる朝礼で、校長先生から、”鉄道の絵”で学年ごとに金賞、銀賞、銅賞を取った児童の名前が発表された。

この時、金賞の栄誉に輝いたのが、クラスの錦織くんだった。ふだんはあまり目立たない彼だけれど、この日ばかりは注目のマトとなった。

受賞した作品は、大船駅構内の壁に貼りだされているというので、オレは学校帰りに錦織くんと10名ぐらいのクラスメイトと共に彼の絵を見にいった。

入賞した絵は、金賞、銀賞、銅賞のリボンをつけて、大階段の脇の壁に貼られている。もちろん、金賞の受賞者は一握りしかいない。

ところが、錦織くんの絵が見つからないのだ。彼も不安そうな表情になっている。

皆で錦織くんの絵を探していると、「あった!!」と少し離れたところで誰かが叫んだ。

そこには、確かに錦織くんの絵が、金賞のリボンをつけて飾られていた。

ただ想像と違っていたのは、その絵が貼られている場所が1年生の部だということだった。錦織くんは、1年生の部で金賞に輝いていたのである。

その絵は5年生としては普通だったけれど、1年生にしては上手く描けた絵であった。

錦織くんは自分の絵を見ながら、複雑な表情を浮かべていた。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | コメントする

遺影について考えてみる

信号が赤に変わったから、待ち時間の間、いつもなら通り過ぎる写真館のショウウィンドウをなんとなく眺めていた。七五三の写真、成人式の写真などが飾られている。

で、ふと思ったわけさ。自分の葬式のときの遺影ってのは、あらかじめ準備しておくものなんだろうかと。

だいたい普段のスナップ写真で、「これって遺影にいいんじゃないの?」なんて思える写真なんてない。若い頃にイイ写真があったって、葬式のときは年齢相応の写真じゃなきゃいけないしさ。

いざっていう時に写真がなくて、免許証の写真を切り抜いて、マジックで黒リボンみたいなのを書き込まれたのを飾られるのはイヤだし。まぁ既に死んでるから、後悔で死に切れないってコトはないだろうけど。

備えあれば憂いなしっていうけど、やっぱり普段から気に入った写真があれば、”遺影”っていうフォルダにいれておくものなんですかね?

それとも毎年の正月には、写真館で遺影用写真を撮るっていうのがイイのかな?

でもね、これ実際にやるとなると意外に難しいと思うんだよね。

写真館に行って、「遺影用に撮ってください」とお願いするにしても、どういう服装や表情で撮るかっていうのが決め難い。だって、いわば人生の総決算を1枚の写真で表現するわけなんだからさ。

だいたい服装なんてのはTPOにあわせることが大事ですからね。例えばさ、あなたが誰かに金を借りにいくとするでしょ? その時の服装が、胸元に「自己破産」なんてプリントされたTシャツだとしたら、10円だって借りられないよ!

返済する気がこれっぽっちもなくたって、胸元にマジックでバカでっかく「自宅が担保です!」と書きなぐってあれば、相手もニコニコと金を貸すってもんじゃん。

そういう意味じゃ、遺影なんだから、「大往生」とか「死んじゃった」ってプリントされたTシャツがいいのかな?

でもね、遺影の服装が、ぴろーんと伸びたTシャツってのは、参列者に失礼じゃないかとも思うわけさ。

やっぱり原点に帰って、お葬式の基本である喪服なのかな。だけど、喪服って参列者が着るもんじゃなかったっけ?

それに喪服姿の遺影だと、参列者に向かって「オレがお前の死を看取ってやるぜ!」みたいな、呪い的な感じにならないかしら。

あと、あらかじめ喪服を着て準備してましたっていう、いかにもって感じがね。あれか、普段から喪服を着るようにすれば、普段着だって言い張れるか。

だけど、もっとナチュラルな感じで、参列者の涙を誘うような写真がいいんだよな。

イメージとしては、”近所のショッピングセンターまでバスに乗っていってさ。到着して乗客が全員降りても一人だけ残ったままでね。運転手が席まで行ってみると、ハムと書かれた買い物メモを握りしめたまま息を引きとっていた”みたいな。”その姿を夕日が美しく照らしていました”みたいな、そんな自然な感じ。

表情だって、単にニコニコしたり、気難しい顔じゃなくて、なんか深淵な感じがいいよね。何を考えているのかわからないけど、幸せそうみたいなさ。

例えば、”大ッキライなヤツが会社で表彰されたけど、授賞式でウンコを漏らしちゃった”ところを想像している表情とかね。ついでに肩に手袋を乗っけて写真を撮っておけば、心霊写真みたいになって、死因までが謎めいてる感じになれそうだし。

とにかく、遺影をあらかじめ決めておくっていうのは、なかなかに難しいことだなと思った次第です。まぁ、友達いないから、あまり気にすることもないんだけど。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | コメントする