愛妻弁当っていいな

新橋の立ち飲み屋で友人のSくんと軽く飲みながら、愛妻弁当の話題になった。

家庭においてこれは男の仕事、これは女の仕事と区別する気はないけれど、いわゆる愛妻弁当を作ってもらってイヤな気がする男はいないであろう。

そしてSくんは、毎朝、ヨメさんがこしらえたお弁当を持って会社に出かけていくという羨ましいヤツなのである。

「毎日、愛妻弁当なんていいなぁ。オレもそういうの経験してみたいな」

「そんなもんじゃないよ! だって毎日、前の日の晩ゴハンの残りなんだよ」

「毎日?」

そう毎日! いつも!

「でもさ。それって一般的によくあることなんじゃないの?」

「そんなことないよ! オレはそれで頭来たからさ。この前、『ちゃんと毎朝、作ってくれ!』って言ったの」

「使いまわしでいいじゃん」

「イヤだよ! そしたらそれから毎朝、作ってくれるようになったんだけどさ。今度は毎日、同じオカズなの!」

「でも、いろいろ入ってるんでしょ?」

「いや、卵焼きとウィンナだけ

きみんとこ小さい子供いたっけ?

いないよ! 純粋にオレのオカズ!

おまえ、好き嫌いがありすぎなんじゃないか?

オレは偏食じゃないって。何でも食べるよ! でも毎日、卵焼きとウィンナだけ!

「なんで?」

「朝はそれしか作れないって言うんだもん」

「そりゃ、しょうがないよ」

でもね。先週、ちゃんとした弁当を作ってくれた日があってさ。オレは会社で弁当を見て嬉しくなっちゃってね。これこそ家庭の味だと思って感動したの!!

「よかったじゃん!」

でね、こういう時には、ちゃんとヨメさんを誉めなきゃと思ってさ。帰ったら、真っ先にヨメさんに『今日の弁当、今までで一番うまかったよ!』って言ったわけ

「ヨメさん、喜んだでしょ」

「そしたらさ。”今朝は、昨日買ったホカ弁を詰め替えただけ”って言うんだよ!! ひどくないか! あんまりだー!

Sくんよ。気持ちはわかる、いや、わかるような気がする。

でも、リクエストを聞いてくれるなんて優しいヨメさんじゃん。っていうか、ふつうはオカズを見れば、ヨメさんが作ったか、買ってきたかぐらいはわかるんじゃないかと思うんだけど。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 愛妻弁当っていいな はコメントを受け付けていません。