昭和へのタイムスリップ:ひと夏の泡ブームだったクレージーフォーム

クレージーフォーム”は、1966年7月にバンダイが発売した子供向けの泡スプレーだ。

「アメリカ生まれの不思議な泡せっけん」というキャッチフレーズでTVにCMが流れて、3カ月で240万本が売れたという。

これは子供たちの間では、本来のシャンプーとしての用途ではなく、外で泡を吹きかけて遊んでいた。

自分は黄金バットを買ってもらった。泡が噴き出るなんてのは、ウルトラマンの特撮でしか見たことなかったらかなり楽しかった。

でも、クレージフォームは「体に悪いから」とすぐに禁止されてしまった記憶がある。

マルサン物語』に記載されていたけれど、その原因は”クレージーフォームを使った女の子の眉毛が抜け落ちた”という9/1の読売新聞と毎日新聞の誤報にあったらしい。

実際には女の子は円形脱毛症にかかっていたためで、9/22に厚生省は無害であると鑑定している。

親にしてみればこれで無駄にお金を使わない口実ができたわけだ。

一度終わったブームに火がつくことは二度となかった。

つまりバンダイはマスコミによって大きな損害を被ったことになる。

クレージーフォームは、あの夏だけのブームだった。

遊人(2019/1/27)

home1