恐怖を抱えて眠りなさい

title8恐怖とは誰の心にも潜んでいる本能的な畏れの感情のこと。
普段、私たちは「当然のこと」に何の疑問も持たずに暮らしています。しかし、それらが不意にバランスを崩したとき、心のどこかで眠っていた恐怖が目を覚ますのです。
私たちはいつも恐怖を抱えて眠っています。ただそのことを知らずにいるだけで。

■会社で本当にあった怖い話(某アパレル会社編)
そのアパレル会社には霊がとりついていた。不可思議な現象に巻き込まれていく社員たち。でも、目を背けないでください。これらはすべて事実なのです。

1.霊がとりついた事務所(某アパレル会社編)
    部長席に怪奇現象が起こった…

2. 消えた書類(某アパレル会社編)
  そこにあるはずの書類がこつぜんと消えるなんて…

3. 謎のダイヤル(某アパレル会社編)
 金庫にまつわる不思議な話

4. 狂ったコンセプト(某アパレル会社編)
 アパレル会社のPR映像に映っていたものとは…

5. 盗難と売上の怪(某アパレル会社編)
 盗難にあった店で起こった常識では解決できない現象

6. 血のクレーム(某アパレル会社編)
  商品に寄せられたクレームから超常現象が判明した

■会社で本当にあった怖い話(ムツミ嬢編)
ごく普通の女性が体験した不可思議な現象の数々。それは彼女が呼び寄せてしまったものなのでしょうか。でも、他人事だとは思わないでください。次に同じ体験をするのは、あなたかも知れません。

1.面接に現れたもの(ムツミ嬢編)
  
面接官の前に、あるはずのないものが現れた

2.高過ぎたハードル(ムツミ嬢編)
 その職場の事務は高度なスキルを要求された

3.輪廻(ムツミ嬢編)
  ある女性が転職で経験した不思議な運命

4.アイドルサイトのメッセージ(ムツミ嬢編)
  アイドルサイトに本人以外の書き込みが…

5.悪夢のフロア(ムツミ嬢編)
  
現実か夢かの区別がつかなくなる恐怖

■妖怪アパートからの手紙
新宿のとあるアパートに妖怪が住み着いていた。アパートの住人から送られてきた衝撃のメールを紹介します。但し、読むと寿命が一年縮まります。

1.妖怪アパートからの手紙 1通目

2.妖怪アパートからの手紙 2通目

3.妖怪アパートからの手紙 3通目

4.妖怪アパートからの手紙 4通目

5.妖怪アパートからの手紙 5通目

番外編:私は山手線で妖怪を見た!

■恐怖セレクション
終わることのない恐怖から逃げることはできません。あなたにできることは、ただ恐怖を抱えて眠ることだけです。

1.死を招く喫茶店
     異次元の空間に迷い込んだ話

2.こんにゃくの復讐
  あの伝説を試してみた男の話

3.墓場のすすり泣き

4.深夜に幽霊タクシーがやってくる

5.恐怖のレシピ

6.狂った玩具”The Swing Wing”

7.若松の絵心と少女の涙

home1