2017年4月のメモ

2017年4月27日(木)

新橋で藤巻さんと羽生さんと飲む。藤岡藤巻の話題で盛り上がったあとで、もう一軒行こうという羽生さん。オレと藤巻さんは「じゃ、甘いモノを食おう!」と意見があう。露骨にイヤな顔をする羽生さん。「そういうもう一軒じゃないんだよ!」。酒飲みの羽生さんは不服そうだが、目の前にあった喫茶店もどきの飲み屋に入り、オレと藤巻さんはチョコレートケーキとモンブラン、紅茶と珈琲を頼む。しんみりとビールを飲む羽生さん。


2017年4月21日(日)

朝から市内のハム工場の朝市に出かけて、2000円で1キロのハムと1キロのベーコンを購入する。毎回20%ずつ購入客が増えているらしいから、そのうち抽選になるのかな。鳩サブレの工場がそうだったみたいに。

kama1それからエアバックのリコール対応のために車を2時間程ディーラーに預けにいって、待ち時間は北鎌倉まで足を伸ばす。

東慶寺の重厚な緑を楽しみ、ランチをとって、和菓子屋で最中を食べる。天気がいいと何をしても気持ちがいい。

このサイトのメインはバカ話のつもりで書いているから、アクセス数の多い記事がいつも「ミート・ザ・ワールド」や「アフリカ館」だということが、以前はちょっとイヤだった。だって、そっちは自分としてはオマケ的な記事のつもりだったから。

でもバカ話も、真面目話も、調査レポートも、古玩具紹介も、藤岡藤巻も、どれも書きたいことであるのは間違いない。好きに書いてるんだから、好きに楽しんでもらえばいいと思う。


2017年4月20日(土)

七人の侍」を観返してから、ちょっと時代劇を観たくなっている。自分が好きなのは「木枯らし紋次郎」「座頭市」「子連れ狼(若山版)」といったところ。あと、「人魚亭異聞 無法街の素浪人」も捨てがたいな。みんな主人公はハグレモノばっかりだけど。


2017年4月15日(土)

江の島水族館の裏手の砂浜を散歩した。太陽は暖かいけれど、風は肌寒い。幅広い年齢層のサーファーたちが海やビーチでたむろしている。
図書館に寄ったあとで、ひさしぶりに”でぶそば”で食事をとることにした。店内の張り紙には、メニューは、ラーメンとチャーハン、餃子、あとは寅さんセット(半チャン半ソバ半シュウ)だけだと書いてある。

debu1文面を読むと店主と一緒に店をやっている奥さんが療養中で、自分も母親の介護をしなければならないから店も遅くまではできないそうだ。
大変だろうけど、店主には頑張って乗り越えてほしい。”でぶそば”ではいつも一品ものしか頼まなかったけれど、応援の気持ちで寅さんセットを注文させていただいた。

…と書いておいてなんだけど、この寅さんセットが”半チャン半ソバ半シュウ”というのは違うと思う。確かにメニューにはそう書いてあるし、昔はそうだったんだと思うけどさ。
だってね、寅さんセットは1130円なんだけど、これってそれぞれの単品ラーメン(500円)、炒飯(450円)、シューマイ3個(180円)の価格を足した金額なんだよ。量も多いし、単にそれぞれを頼んだのと同じだから。この店では他のセットも同じく単品の組み合わせなんだけどね。


2017年4月11日(火)

roten月曜に有給をとって、日曜から一泊で藤巻さん、山田さん、羽生さんたちと網代(熱海)の温泉に出かけた。半年に1回のお楽しみだ。気のおけない仲間たちとの恒例の旅行には心身ともに癒される。
会社では役職だけはあがっていくけど、仕事が大変になるだけだからこういうイベントでもないと気が休まらない。ここで充填してまた頑張るか。


2017年4月1日(土)

ヨメさんと息子と藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきた。駐車場のない施設だけれど、すぐ近くに民家のおばあさんが、自分の土地を利用して8台分の駐車場で商売している。赤いポールに括りつけた看板に書かれた番号に電話をすると、おばあさんがポールをどけてくれる。1日、500円という安値だ。
ミュージアムでは、オバケのQ太郎のグッズが欲しかったのだけれど、ゲームセンターの景品のようなショボイい小さなぬいぐるみ以外には何もない。オバケのQ太郎こそが原点なのに。

home1