このサイトについて

kgc-logo1商店街の片隅にあるような小さな書店サロンが湘南海岸のそばにあるところを思い浮かべてほしいわけです。

薄手の本ばかりを置いてる奇妙な書店サロンでね、何が変わってるかって、本棚に並んでいる本のすべてが店主の著作なんだよ。

なんだかくだらない話ばっかりの本でさ。でも時々、政治談議や子育て談義みたいな本も混じっている。

時折、客集めのつもりなのか、店の前のボックスに店主が書き散らした雑談がチラシとして入ってたりするけど、手にとる人はあまりいない。

paperbook店内には、これまた小さな骨董玩具屋の出張店舗が併設されていて、ブリキ玩具なんかが、ひっそりと埃をかぶっている。

店の隅の閉鎖された珈琲コーナーに残されたカウンター席に腰かけて、店主に「いつものペーパーバック」と声をかけると、こっちのことなんか考えずにテキトーに選ばれた薄手の本がカウンターにポンと置かれる。

ペーパーバックは安っぽい本、廉価版の代名詞。そこにはタメになることなんて何も書かれてないんだけど、なんとなくくつろげる。

…「いつものペーパーバック」は、そんな設定のサイトです。

■このサイトの遊び方

「いつものペーパーバック」はブログ型の記事(雑談日誌)と、サイト型の固定記事(コーナー)で構成されてます。まずは、サイトマップっぽいものからテキトーに興味がありそうなところを選んでみてくださいな。

もしも、つまらなかったらごめんなさい。気に入っていただけたら、後は時々サイドバー右上の「雑談日誌」をチェックしていただければOK!

「雑談日誌」は、コーナーに掲載した記事の前フリだったり、コーナーにまとめるほどでもないちょっとしたコラムを掲載しています。

これまでに書き散らかしてきたモノも掲載しているので、新しい記事と過去記事(リライト版)が混在しているけれど、そんなことは気にしない気にしない。

更新頻度にはムラがあるけれど、週1~月1更新を目安にゆるゆると続けていくので、たまに楽しんでいただけたら嬉しいです。来てくれてありがとう。

作者(静 炉巌)について

感想や問い合わせはコチラにどうぞ

home1