2016年5月のメモ

2016/5/28(土)

息子の小学校の授業参観があったので、ちょこっと顔を出す。働いている父兄のために土曜に行われる授業参観だ。校舎内を歩いていると、何の脈絡もなく、忘れていた自身の小学生時代のことを思い出した。
確か4年か5年生の頃、クラスでお楽しみ会があった。僕は近所の同級生たちと寸劇をやることになって、台本を書いて自宅に友人を招いて練習を重ねた。どんな台本だったか忘れてしまったけど、探検隊ものだったはずだ。開いた傘にガムテープで”おわり”という文字を貼って、それを劇の締めに使うことにした。
お楽しみ会の当日、クラスの雰囲気をみて何となく違和感を感じた自分は、その場で台本をまったく変えてアドリブで劇を進めた。友人達はまったく異なる進行に驚いていたけれど、彼らにつなぐ時の自分の台詞は台本どおりにしたので、友人達は戸惑いながらも役をこなしてくれた。
結果的には、クラスメイト達にとてもウケた劇となった。もっとも終わってから、いきなり台本と替えたことを友人達に抗議されたけれども。

home1