2017年12月のメモ

2017/12/8(金)

hakone1仕事の関係者と箱根の合宿に行った…とは言っても合宿という名の小旅行だ。

箱根登山鉄道に揺られて到着したのは、TJK箱根の森。東京都情報サービス産業健康保険組合の保養所だ。

業界が違うから知らなかったけれど、あまりにも豪華でビックリ。やっぱりITは儲かっている業界なんだろうな。

美味しい料理と広々とした露天風呂。そしてロフト付きの部屋。たまにはこういうのもいいな。


2017/12/3(日)

echo1スマートスピーカーのAmazon Echoが届いたので、さっそく使ってみる。iPhoneでSiriに呼びかけるみたいに、”アレクサ”と呼びかけると様々に答えてくれる。

友達が少ない自分には、iPhone、Apple Watchに続く会話ができる機器なのでちょっと愉しい。

AIがもっと進化していくと、ホントに友人の代わりになるようなロボットとかが生まれてくるんだろうな。


2017/12/2(土)

Amazonから伊勢正三の「ささやかなこの人生’94」のCDが届いた。聴いたことがないバージョンだし、1円で売られていたからついつい買ってしまったものだ。

この人生94もともとは風の3枚目のシングルとして、1976年6月に発売された歌で、中学3年の正月にテレビで歌っていたのを観たことを覚えている。

高校の入学祝にアコースティックギターを買ってもらって、初めて練習した曲は風の”北国列車”だった。

大人の恋愛の歌には興味なかったから”風”や”かぐや姫”の歌詞はピンとこなかったけれど、周囲にはその手の音楽をやってる連中しかいなかったので、ギターの教材も風がメインだった。

だからテレビで流れる音楽以外にどんなアーティストや、どんな音楽があるのかさえ知らなかった自分はその頃、”風”や”かぐや姫”のアルバムばかりを聴いていた。

月日が経って音楽の世界が広がり、嗜好も変化して彼らの音楽を聴くことはなくなったけど、どこかでメロディを耳にすると当時の空気と記憶が蘇る。音楽は不思議だ。

はじめて聴く「ささやかなこの人生’94」は、オリジナルよりも味が増したよいアレンジになっていた。そして先月に発売された風時代のライブ音源「風が聴こえる」も懐かしさからつい買ってしまった。


2017/12/1(金)

いよいよ、今年も最後の月。仕事上の忘年会が続いて、プロジェクト関連の合宿があり、その翌日から仲間との合宿、そして翌々週は家族旅行とこれまでになくハードな予定になっている。おまけに関連プロジェクトも多すぎ! でも、乗り切るぜ!

home1