2015年9月のメモ

2015/9/29(火)

ベトナム人は家を建てるときに会社を辞めるという話を聞いた。それが一般的な考え方だという。なんで会社を辞める必要があるのかと尋ねたら、家を建てるときは一日中見張っていないと業者に資材を盗まれたり、手抜きをされるからだという。そして、家が完成したら、また仕事を探すそうだ。ホントかよ?


2015/9/25(金)

年に1度、定期健診のために子どもを病院に連れていく。生まれてまだ間もない頃、神の手を持つと言われた医師の8時間にも及ぶ手術のおかげで、息子は元気に育つことができた。定期健診は、何も問題がないことを確認するための大切な検診だ。その病院には様々な問題を抱えた子どもたちが訪れている。皆が幸せになれるといい。”ふつー”に健康でいられるように。
…と思っていたら藤岡藤巻の藤巻さんが盲腸で入院した。とりあえず問題はなさそうだけど、還暦過ぎても盲腸になることがあるなんて。藤巻さん、お大事に!


2015/9/12(土)

弟が来週からシンガポールに転勤になるというので、実家で一緒に食事をした。戻ってくるのは何年先になるかわからないそうだ。いくつになっても弟は弟。大変なことも多いだろうけれど、元気で過ごしてくれ。


2015/9/5(土)

子供と今夏最後の鎌倉市民プールに出かけた。風は秋風になっているけれど、日差しは強い。プールの後は鎌倉市農協蓮即売所をのぞいて、大新でラーメンを食べて帰宅。夕方から近所の公園で花火で遊んだ。


2015/9/4(金)

ITの基本計画について役員に説明。ITにあまり感心のない役員に興味をもってもらうために、最初に「ITってのはビジネスを成長させるためのロマンなんですよ!」とぶちかましてみる。なんだコイツは?と目を丸くする役員。とりあえず承認されたからこれでヨシ!

home1