葛楽堂で語ってみる

葛楽堂タイトル1

safari-logo3湘南の書店サロン”いつものペーパーブック”の片隅に、『葛楽堂』(くずらくどう)という古玩具の店が間借りしている。
店主は、鎌倉の骨董屋の桃源さんで、たいていは暇そうにしてる。
だからショーケースに所狭しと並んだヘンなモノや珍しい玩具を眺めながら、ときどき雑談を交わしている。

 このサイト(葛楽堂)のご案内

昭和の古玩具を語ってみる
 葛楽堂の店主と懐かし風味の古い玩具や妙なモノについて語る

ゼンマイのブリキ玩具を語ってみる

バッテリーのブリキ玩具を語ってみる

フリクションのブリキ玩具を語ってみる

ミニチュアカーを語ってみる

昭和っぽいゲームを語ってみる

いろいろな玩具を語ってみる

ブリキ玩具作家とブリキ玩具の物語
 ”神の手を持つ”と言われたブリキ玩具作家、串田恭男さんの作品にまつわる話

もうひとつの未来
 過去にイメージしていた未来の姿や未来的なモノ

■ 葛楽堂店主と語ってみる
 葛楽堂店主とノンジャンルで語る

daruma3