2015年8月のメモ

2015/8/30(日)

何年かぶりに鎌倉の御成通りを歩いたら、いろんな店ができていて楽しかった。今は閉店してしまった葉山のカフェ「もうひとつの風景」の店主が、小さなコーヒー豆店を出していて、そこで珈琲ゼリーを買う。まるでアイスコーヒーがそのままゼリーになった味だ。
丸七商店街まで少し足を伸ばす。昭和時代からの闇市風商店街が楽しい。昭和の時代はよかったと言われているけれど、そう思っているのは、自分を含めて当時、子供だった人が中心じゃないのかな。


2015/8/29(土)

8歳の息子が、サッカーチームの合宿に初参加した。たくさんの初めて体験をして、ひとつ成長して帰ってくるだろう。
友人の一人が安全保障関連法案反対のデモに参加するという。ヘンな政治信条を持っているわけではなく、純粋に子供の未来を思ってのことだと思うけど、それが逆になる行為だとどうして気づかないのか。民主党が与党になったとき、マスコミに誘導された世論の動きのようだ。


2015/8/23(日)

4連休の最終日に、ようやく毎夏恒例の鎌倉市民プールに行ってきた。子供と浮き輪を投げて、どっちが先に辿りつくかを競って遊ぶ。この時期は、時折、プールの水面スレスレを赤とんぼが飛んでいる。臨時の売店ではオダンゴと赤飯のオニギリが売っている。やっぱり市民プールは自分にとって夏を実感するプールだ。
子供は学校で「鎌倉海浜公園水泳プール利用券」というのをもらっているのだけれど、この券があれば夏休み中は何度でも無料で入ることができる。おまけに親まで無料だ。これでやっていけるのかとプールの経営が心配になってしまう。
スイカのビーチボールを子供と投げ合っていたら、風にのって場外へ。プール退場時に周囲を探したら草むらでボールを発見。ビーチボールを抱きしめながら「もう会えないかと思った」と言ってた息子がかわいいけど、お前、それほど思い入れとかないだろが。


2015/8/17(月)

山田洋次監督(83)が十五日、 名古屋市内で安全保障関連法案に関して「いざとなっても戦わないのが、この国のあり方だ」とインタビューで反対したという。相変わらず狂った思考だなぁと思う。家族を守るためなら死に物狂いで戦うってのが、オレのふつーだ。この国の未来や家族を守るために戦い、散っていった名も知らぬ爺さまたちのおかげで現在を生きているのに、彼らを冒涜し、次の世代の未来を守ることを放棄することを宣言し続ける左翼ってなんなんだろうと思う。目的が同じで方法論が違うだけなら理解できるけど、彼らはこの国を侵略されやすくすることしか考えていないもの。他者に妄想を押し付けてないで、おまえが自分の家族や財産を差し出してろよ。


2015/8/14(金)

安倍首相は歴史に残る首相だと思っている。メディアの総攻撃をはじめとして、さまざまな分野に入り込んだ左翼、中韓勢力が起こす軋轢の中、この国の未来のために戦っていると思うもの。人は変わっていくものだけど、少なくてもこれまでの安倍首相の思想と行動は素晴らしい。ロックな首相だと思う。


2015/8/9(日)

家族でUNOで遊んで、昼は『でぶそば』にいく。嫁と息子は、はじめての『でぶそば』体験だけど、やっぱり”ふつー”の味という評価。その”ふつー”がいいんだってば。


2015/8/4(火)

何年かぶりに『でぶそば』で食事をした。大船が撮影所の街だった頃の記憶を残している店だ。店の雰囲気や味の”ふつー”さが嬉しくて、『でぶそば』についての記事を書いてみた。


2015/8/1(土)

熱海に家族一泊旅行という昭和な夏休みをやってきた。暑すぎて外で長くも遊べないので、伊豆ぐらんばる公園まで足を伸ばした後は、熱海城別館のトリックアートで写真を撮りまくり。ホテルでは、誰もいないバカでかいローマ風呂で子供と泳いだりして楽しい小旅行となった。

home1