2023年11月のメモ

2023/11/29(水)

今朝の気温は8℃。指貫の手袋から冬用手袋へ.耳も寒くて、そろそろ耳当てが欲しい。

自転車はショートコースだけれど、帰宅後に車で海沿いの道路を走る。ぽっかりと浮かんだ雲は、まるでルネ・マグリットの絵みたいだ。


2023/11/28(火)

ピノが逝ってから1ヶ月。自分の誕生日ではあるんだけど、大切な存在を失った喪失感はずっと続いてるんだよね。夕食を味わいつつ、あいつにも食べさせてやりたいと思ったり。ピノに会いたいな。


2023/11/27(月)

藤岡藤巻YouTubeは、藤岡さんの企画仕切りと、ペッターちゃんの進行仕切りで成り立っているわけさ。

だけど本日はその二人が揃わないってことで、急遽、藤巻さんに呼ばれて参加。

でもねぇ、オレが入ってもグダグダになるだけなんだけどなと思って行ったら、案の定、グダグダに。すみません。

期限切れ缶詰の処分で、本日は”鯨カレー”のランチ。


2023/11/25(土)

朝食はシンプルながらも、固形燃料のコンロで焼いた干物がとても旨い。そして、昨夜の刺身に登場した伊勢エビの殻を出汁にした味噌汁が、また美味しいの。

磯料理を満喫した帰り道は、鈴廣で蒲鉾をお土産にして、パンケーキがランチになった。


2023/11/24(金)

網代の温泉に一泊湯治に行って、貸切露天風呂、共用露天風呂に入りまくる。久しぶりに入った温泉は、芯からのポカポカ感が心地いい。やっぱり温泉最高!

そして、鮑が踊る海の幸満載の豪勢な夕食で満腹になって満足。


2023/11/23(木)

2022年10月に閉店した”でぶそば”。だけど、店の前に残された看板は、一年以上が過ぎた今も”営業中”のままだ。

夕食は”麺場 田所商店“で、信州みそラーメン。ついついラーメンをオーダーしたけれど、今度は味噌炒飯と味噌から揚げを頼んでみたい。


2023/11/22(水)

シンガポールに暮らしている弟の家に、息子が遊びに行くことになったので、羽田空港まで送っていった。

で、空港で腹ごしらえをと、うどん屋に入ったら、やたらと大きな器が出てきて驚いた。まぁ、中身は普通なんだけど。

そういえば息子が幼かった頃は、このターミナルに来るたびに博品館のスロットカーで遊んでたな。オレもスロットカーは好きなんだよね。

あと、“ペッパーくん“というロボットもどきが置いてある店があって、息子が無邪気に“こんにちわ“と挨拶した途端に、ロボットが白目を剥いてガタガタと振動するという恐怖の展開もあったな。


2023/11/21(火)

1ヶ月だけ入ったAmazon Kindle Unlimitedで、コミック『怪盗ルパン伝 アバンチュリエ』を最新刊まで読んだんだよ。

原作が面白いんだから、ストーリーが面白いのは当然なんだけど、ルパン愛に溢れるコラムがまた面白いんだよね。“奇巌城“の内部図解なんてのも初めて目にして、なるほどねと思ったり。

作者の森田崇さんは、“ルパンは大河ドラマのようだ“って語ってるんだけど、ほんとにその通りで原作の『怪盗紳士』から『虎の牙』まではホントに面白いし、ちゃんとルパンが歳をとっていくんだよね。

ただその後からは時間が巻き戻されたり、駄作的な作品も混じりはじめて質が下がっていく。後期でも『バーネット探偵社』は、やたらと面白いんだけどな。

期限切れの缶詰の処分で、”ノザキのポーク”をあける。このジャンク感がいいんだよ。


2023/11/19(日)

実家まで自転車を漕いでみたわけさ。オレの実家は駅は同じではあるんだけど、山の上の方なんだよね。

でもって、ふだんはクルマだからあまり意識をしてなかったんだけど、凄まじい坂が何か所もあって、自転車だとかなりキツイ。

途中で降りて押したりしつつ、なんとか到着したときは疲れきってた。昔はここに住んで毎日のように駅まで通ってたんだけどな。

オレの部屋には、2007年6月に購入したエンタテインメント玩具“Little Jammer Pro“が置かれている。これね、結構、場所をとっている。

手作りのステージに立つ彼らは、普段は布を被せた状態なんだけど、クリスマスシーズンになると布を上げて、クリスマスソングを演奏させるわけさ。

既に、2010年に生産が終了して、サポートも終わっている製品だから、ベースマンの動きが悪くなっているけれど、そのままの状態でライブを続けている。

そんな“Little Jammer Pro“のスイッチを、2年ぶりにオンにした。

久しぶりだから壊れてるんじゃないかと思ったけれど、ちゃんと動いて、まるで昔通ったライブハウスで、馴染みのバンドが演奏するかのようにクリスマスソングを奏でる。たまには、違うデータカセットも聴いてみようかな。


2023/11/18(土)

崎陽軒が北海道帆立の応援企画として、11/11から11月末まで『帆立づくし弁当』を販売してるもんだから、崎陽軒びいきのオレとしては気になってたわけさ。

この弁当は、北海道産昆布の佃煮を乗せた帆立風味茶飯、帆立フライ、帆立のマヨソース、焼き帆立、昔シウマイ、小松菜のおひたし、玉子焼き、筍煮、紅生姜という組み合わせ。

そんなわけで買いに行きましたともさ。でもって、やっぱり美味しくて満足。容器はシウマイ弁当ほどではないけれど、ちゃんと経木(きょうぎ)の折り箱になっている。

シウマイ弁当の折り箱を供給しているのは北海道の業者さんだから、そんなところで崎陽軒と北海道は繋がってるんだよね。

崎陽軒で弁当を買ったついでにマーロゥに寄って、“エスプレッソ・プリン“を注文する。珈琲の苦さがおいしいプリンだ。


2023/11/16(木)

早朝に変形ショートコースで40分ぐらいペダルを漕ぐ。

朝も寒くなってきたから、早朝サイクリングを続けるのも今月いっぱいぐらいかな。

やっぱり温かな日差しの中を走るのが、もっとも気持ちがいい。

実家で仕事をしていると、ここぞとばかりに夕食のテーブルに様々なおかずが並ぶ。とってもありがたいんだけど、食べ切れないし。でも、食べ慣れた味で、おいしいもんだから食べ過ぎて、残りは自宅にお土産にすることになるんだよね。


2023/11/15(水)

月曜に藤岡藤巻と顔を合わせたときに、藤岡さんに「ビートルズの新曲”Now And Then”を聴いた?」って聞かれたんだけど、そんなものが発表されたとは知らなかったんで、YouTubeで聴いてみた。

で、聴いている間にオレが気になってしょうがなかったのが、ジョージ・ハリスンって生きてたっけ?それとも死んでたっけ?ってこと。ジョン・レノンは当然のごとく覚えているけれど、ジョージの訃報はまったく記憶にない。

MVではヒゲのオヤジがギターを弾いてるけど、これってジョージ? それともサポートメンバーのヒト?っとそればかりが気になる。で、終わってからwebを検索して、ジョージが亡くなっていたことを知る。その時には楽曲のメロディは忘れてる。

ヤマザキパンが、敷島製パン(Pasco)の「超熟」がウリにしていた”イーストフード、乳化剤不使用”の表示について、2019年3月に同社サイトで真向から見解を出していたとは知らなかった。

でもって、それを受けて敷島製パンが同年6月に”イーストフード・乳化剤不使用の強調表示をやめる”と発表したことも。他社も同じような表示をしてるんだろうな。

あと、他人の宗教に踏み込むつもりはないけど、ヤマザキパンのサイトにある”21世紀のヤマザキの経営方針(前文)”を読むと、どうにも企業サイトとしての違和感を感じてしまうんだよね。

ドラマやバラエティ番組に関わらず、モノを口に運んで食べている映像が苦手だっていうか、生理的に不快なんだよね。

もちろん、現実世界で誰かと食事をすることは何とも思わない。だって、他人の口を覗き込んだりしないもの。わざわざ映像で、他人のそんな様子にフォーカスしていることが気持ち悪いわけさ。

だいたい他人が何か食べているところをわざわざ見るっておかしいじゃん。料理人が、料理の評価を探るのとはワケが違うんだからさ。まるで乞食が物欲しそうに、他人の食事を羨んでるみたいじゃん。

食事風景を映すのはいいんだよ。食っている口元をアップにするのが気分悪いわけさ。そういうのは下衆な演出だと思うね。


2023/11/14(火)

出社よりも在宅の割合が多いなんて、ちょっと前は考えられなかったね。

そんなわけで通勤するとどうにも疲れるんで、そんな時はやっぱ肉だよなってことで、ランチはメキシコ料理店でメキシカンステーキをオーダーした。

メキシカンステーキってのは、要は塩と胡椒だけで味付けしたものらしい。それって普通じゃんと思うんだけど、アメリカンステーキはソースだってことか。


2023/11/13(月)

寒さも増した月曜の早朝ともなれば、週末に賑わっていたサーファーたちの姿も見えない。

しめじのソテーとマルシンハンバーグでランチ。しめじなんて、大学時代に和風スパゲティ屋でバイトするまで口にしたことがなかったんだけど、これが美味しいんだな。

夜は目黒で、藤岡藤巻YouTubeとライブ打ち合わせの参加。やっぱり楽しいな。


2023/11/12(日)

Apple Watchで、ピノの写真をランダムに表示するようにしている。

で、これがセルフセラピーみたいな効果があって、なかなかによい。腕を傾ける度に映る愛犬の姿には、癒されるもの。

思うことはたくさんあるけれど、ちゃんと最後を看取ることができてよかった。

Amazon Kindle Unlimitedで、コミック『怪盗ルパン伝 アバンチュリエ』が読み放題になってたから、早速に読み始めた。モーリス・ルブランの小説怪盗アルセーヌ・ルパンシリーズを、原作として漫画化したシリーズだ。

オレは小学生の頃から原作に魅了されてきたから、作者の森田崇氏が原作の魅力を最大限に伝えようとする姿勢が嬉しいんだよね。

コミックは、イブニングに連載(20113号〜20122号)された後に、月刊ヒーローズ“(20134月号〜20164月号)に場を移し、2020年からは出版社を介さずに、Kindleで新章の発表を継続しているらしい。そんなところも、作者の原作への思いを感じさせてくれる。

オレが小学生の頃に親しんだ南洋一郎の訳本は、ポプラ社が200912月からポプラ文庫クラシックとして復刊を始めたんだけど、それらに手を出したのをきっかけに、2011年にアルセーヌ・ルパンのマイブームがあったんだよね。

で、この時に『怪盗ルパン伝 アバンチュリエ』も、コミックを4巻まで買ってたんだけど、とっくに処分してたから、Kindleで新鮮に読み進めている。いまのところ、Kindleでは11巻まで読めるみたいだから、この先を読み進むのも楽しみだな。


2023/11/11(土)

本日は久しぶりに寝坊をした。とは言っても7時なんだけどさ。

でも出社するときは5時過ぎに家を出てるし、在宅の時はそれぐらいの時間に起きて自転車に乗ったりしてるから、7時まで寝てることなんてあまりない。もちろん、夜更かしすることも殆どないんだけどね。

そんなわけで「よく寝たなぁ」というスッキリ感覚の朝。

そんなわけで、管理職を解放されてから使ってなかったiPhone,Apple WatchアプリのOmniFocus3を、iPadと連携させて、色々といじってみたり。

当時は、仕事のスケジュールで全く空きのない状態がずっと続いていた。休暇や在宅勤務も、なかなか取れない状況だったもの。役得なんてものはなくて、役損ばかりだったね。

だから、個人の予定を中心にスケジュールをたてられるのが楽しいのだ。


2023/11/10(金)

8/21に股関節手術を受けてからの初検診。最近は遠出や出社するとき以外は、杖も不要になってきた。この時期に、クロスバイクでアクティブに行動できるヒトなんて殆どいないと言われた。

普段は口にすることは殆どないのに、やたらとインスタント食品を食べたくなる時がある。

そんな波が来てるわけで、マルシンハンバーグとか、カップヌードル(謎肉まみれ、イカまみれ)を買ってきた。


2023/11/9(木)

なんとなく目が覚めた朝4:30頃にペダルを踏んで、海沿いを走る。七里ヶ浜駐車場から砂浜に降りると、夜明け前の空がとても綺麗だ。

まだ暗いから、関東ローム層の黒い海だって、そうとはわからない。静かにオレンジ色に染まっていく空は、リゾート地で見てた景色みたいだ。


2023/11/8(水)

昼は”いちのや”の海苔弁。ボリュームが凄い。ノリの下に玉子が隠れているところがなんだかイイのだ。


2023/11/7(火)

Netflixで2023年のドキュメンタリー『スライ:スタローンの物語』(Sly)を観た。タイトルの通り、シルベスタ・スタローンのドキュメンタリーだ。

高校の時に『ロッキー』を観て感動したオレは、すぐにロッキーのテーマソング“Gonna Fly Now“のシングルレコードを買った。この映画は、ずっと特別な映画であり続けている。

随分と後になってから、“ロッキー“の制作から成功に至る過程は、この物語そのものだということを知って、オレは映画だけではなく、スタローンの生き様にも感銘を受けたものだ。

『ロッキー』シリーズにおける“ロッキー“は、スタローンのプライベートが反映されたもう一つの人生だということは知っていたけれど、スタローンと父親の関係は、このドキュメンタリーで初めて知った。それがどれほど彼に影響を与えていたのかも。

オレには『ロッキー2』や『ロッキー5』は、どうにも面白くないけれど、“なぜ“、このような話なのかを知ると、それはそれで味わい深くはある。

“ロッキー“は、スタローンが求める物語でもあった。そして、それがまた物語を作らざる得ない状況を招いてしまうところに、スタローンの業を感じてしまう。こんな俳優はスタローンだけだ。

スタローンと、彼の愛犬バッカスのエピソードも好きだな。

◇Rocky~Gonna Fly Now

Trying hard now
It’s so hard now
Trying hard now

Getting strong now
Won’t be long now
Getting strong now

Gonna fly now
Flying high now
Gonna fly, fly, fly


2023/11/5(日)

朝5時にサイクリングに繰り出したんだけど、日の出の1時間前だというのに気温は18℃。この時期に、Tシャツで走れるってのはちょっとおかしいよね。

NETFLIXのドラマ『クィーンズ・ギャンビット』を見終わった。チェスなんて全く知らないけれど、そういう視聴者を前提にした作りだから、“知らないこと“によるストレスはなし。チェスの解説なんてものも一切ない。面白いかというと微妙で、主演女優の魅力でもっている感じ。でも、最終回はよかったな。

夕食はお好み焼き屋。いつもの如く、お好み焼・焼きそば・もんじゃ焼をオーダーする。

もんじゃ焼きは、明太子・餅・チーズ。もんじゃ焼きが醸し出す駄菓子風の雰囲気は、やっぱり楽しい。昔は、月島のもんじゃ街によく出かけたものだったな。


2023/11/4(土)

ウォルト・ディズニー・ワールドの肖像 魔法の国の50年』が届いた。2021年9月に出版された『A Portrait of Walt Disney World: 50 Years of The Most Magical Place on Earth』の翻訳本だ。

ウォルト・ディズニーに関する本は、ほぼ出尽くした感があるなかで、今更とは思ったけれど、“ウォルト・ディズニー・ワールド“は、ちょっと変わった存在なんだよね。

本来のウォルト・ディズニー・ワールドは、ウォルト・ディズニーが未来都市構想“EPCOT“を実現するためのプロジェクトだった。

“EPCOT”については、1982年に発売された『Walt Disney’s Epcot Center: Creating the New World of Tomorrow』という書籍が手元にある。

しかし、このプロジェクトの構想は、着工前にウォルトが逝去したことで、大幅な見直しをせざる得なくなった。後継者たちは「ウォルトならどうするだろう」と考えながらも、アミューズメントパークへと舵を切って、ウォルト・ディズニー・ワールドを創り上げた。

だからウォルト・ディズニーワールドは、ウォルト・ディズニーのオリジナルの構想を具現化したものじゃない。でも、それは”ウォルト・ディズニー”を知っていた時代の後継者たちの挑戦だった。

ウォルト・ディズニーワールド、人々の期待を超える“ウォルト・ディズニーらしさ“を、広大な土地に作り上げた他に類のない場所になった。それは質においても、規模においても他に類のないアミューズメントパークだ。

初めてウォルト・ディズニーワールドを訪れた時は、広大な規模とさまざまなテーマパークに驚きの連続だったね。

ポートオーリンズ・リゾートのホテル“フレンチ・クォーター“(Disney’s Port Orleans Resort – French Quarter)に泊まった時は、古き良きアメリカの田舎を再現したような風景に、タイムスリップしたかのような感覚を味わった。庭園を走るリス、水車が回っているレストラン、ときどき馬車が走る川沿いの道、川にかかった木造の橋…。本物よりも本物らしく作られた世界。

ウォルト・ディズニー・ワールドを訪れることは、もうないだろうけれど、また行ってみたい場所だ。


2023/11/3(金)

本日は祝日。ランチに“うなぎ 一幸“に行く。オレが注文するのは“二段重“に決まっている。

ご飯の上には、蓋が閉まらない程にうなぎが載っているから、蓋はお重の下に置かれた状態で運ばれてくる。もちろん、二段重だからご飯の中にもうなぎが入っている。

うなぎが美味しいのはもちろんのこと、このボリュームだから満足感も充分なのだ。そんな満足感の余韻と共に、持ち帰りの胡麻豆腐と鰻の骨揚げを購入した。

夜は、4年ぶりに開催されたという“大船夜市“を覗きに行った。“4年ぶり“とはいうけど、おれも含めて、以前にそんな催しがあったことを知ってるヤツはいないんだけど。

Apple Watchの最新はSeries9だけど、オレはいまだに2017年に購入したSeries3を愛用している。だって今のところ、買い替える理由がないもの。

で、Apple Watchは、iPhoneと連動して写真の“お気に入り“をディスプレイに表示するモードがある。

これまでは「こんな機能、誰が使うんだよ」と思ってたんだけど、今はピノの子犬から老犬になるまでの写真をセレクトして、ランダムに表示させてる。

愛犬がそばにいるみたいで、時計を見るたびに癒されている。ちなみに写真を整理していると、オレが寝ている横で、ピノが寄り添って眠っている写真が結構あったんだけど、犬と一緒に眠るのって、とても幸せだなって思う。

home1