2015年11月のメモ

2015/11/12(木)

「伊藤さんがTVに出てるよ」とヨメさんに呼ばれて行ってみたら、ブリトラの伊藤多賀之さんが妹と某番組にゲストで出ていた。

藤岡藤巻つながりで、よく飲みに行ってたけど、ついに伊藤さんもブレイクのときがきたか! 藤岡藤巻も便乗させてもらえばいいのに、こういうときに限って活動してないもんね。


2015/11/11(水)

ぱよぱよちーん騒動から、ネットでは毎日のようにセキュリティ業界、生協、在日の闇情報が暴かれているのに報道するマスコミはいまのところなし。これってマイナンバーにも関連する大事件だけどな。まぁ、マスコミだからねぇ。


2015/11/10(火)

「日本懐かしボードゲーム大全(仮) 」という本を作成中だという出版社から、サイトに掲載している写真を使わせてほしいとの連絡がきた。

自分が著作権をもっている3点についてOKする。出版予定は12/18らしいけど、この時期に写真を探しているなんて凄いスケジュールだなぁと思ってたら、今度は新たに写真を撮影してほしいとの依頼がきた。それは図々しいから。


2015/11/7(土)

息子が小学校で流行っているらしいメンコを持ってきたので勝負をする。その次はダイヤモンドゲームだ。久しぶりにやってみたら、子供がやたらと強くなっていて驚いた。成長していくのはホントに早い。


015/11/3(火)

祝日なので、ヨメさん、小二の息子とタカラの「よこどりゲーム」で遊ぶ。読み札にあうカードを吸盤がついた棒でとりあう昭和のゲームだ。

集めたカードに描かれた数字を足して一番大きな数になった者が勝利者となる。最後にカードの計算をしていたら、イヌが自分も遊んでくれとばかりに耳元で吠えた。びっくりしてどこまで計算していたか忘れてしまう。コントかよ。


2015/11/1(日)

51hvMh+CNLL._SX355_この前の更新にブルース・リーのことが出てきたけれど、SONG OF DRAGONのCDを聞きながら思い出した。

怪鳥音と呼ばれるあのかけ声は誰がやっているのかということが謎なのだ。マニアの方たちによれば、「ドラゴン怒りの鉄拳」からは本人の怪鳥音だという。証言は夫人のものしかないようだが、僕自身はこれを疑っている。

ビデオが普及する前の頃、「燃えよドラゴン」のセリフ入りLPレコードというのが発売されていた。
このレコードのウリは、香港映画では台詞は吹き替え専門の声優が吹きかえることになっているので、ブルース・リーの本当の肉声が聴けるのは、「燃えよドラゴン」だけだということである。

記憶があいまいなんだけど、このレコードの解説書には、それまでの映画は、セリフだけではなく、怪鳥音も別の吹き替え役者がやっていると書かれていたように思う。

その解説が正しいかどうかはともかく、「燃えよドラゴン」におけるブルース・リーの怪鳥音と「怒りの鉄拳」の怪鳥音は、どう聴いても同じ人だとは思えない。

home1