2015年7月のメモ

2015/7/30(木)

会社帰りの飲み会で、たまたま音楽の話になったら藤岡藤巻のことを知っている人がいて驚いた。だって、たまに名前が出ても誰も知らないから、もしかして藤岡藤巻って、自分の妄想のバンドなのかもと思いかけてたもの。活動を再開すればいいのに。


2015/7/29(水)

夏は怖い話ということで、こんにゃくの復讐という話をアップした。もはやコンニャクの話は都市伝説だと思うけど。


2015/7/20(月)

今夏、初のプールに家族で行ってきた。やっぱりプールに行かないと夏が始まらない。プールの後のランチは串揚げ食べ放題の店で満腹。


2015/7/19(日)

家族で新横浜ラーメン博物館に行ってきた。8歳の息子が目当てにしていたスロットカーは、まだ開店時間前で遊べなかったけれど、何度出かけても昭和の街は楽しい。山形の「龍上海本店」のラーメンを食べて満足。


2015/7/16(木)

安全保障関連法案に戦争法案とレッテルを貼ってマスコミやサヨクがやかましい。反対意見の大合唱だけど合唱してるのは中韓絡みのトコばかり。

まるで民主党を与党にしたときの騒ぎにそっくりだ。当時も民主党の危険性はネットではよく知られていたけれど、マスコミやサヨクに煽られて騙される人が多かった。いい加減、彼らの手口を学んでほしいと思う。

様々な映像作家が自身の思想がクソだということを隠さなくなってしまった。彼らのロジックに従うなら彼ら自身が作ってきた物語は否定されることになってしまう。ふつーに中国の現実的な脅威を考えればいいだけのことなのに。

また「映画人九条の会」というこれまたイカれた会には446人もの賛同者がいるという。彼らは「民主主義を否定する現政権」とアジっているけれど、現政権は民主主義の手続きを逸脱したことはない。そりゃ邦画がダメになるわけだ。彼らがやっていることこそが民主主義の否定なのだから。

そして彼らは、現実に侵略行為を行っている中国,韓国に対して抗議することは絶対にない。つまり全力で侵略を呼び込んでいるっていうことになるんだよ。沖縄の状況のように。この国を売るのはやめていただきたい。


2015/7/12(日)

奈良の友達が遊びに来てくれて、初めての鎌倉ということで鶴岡八幡宮や大仏などの定番の場所を観光する。途中で偶然に別の友達と顔を合わせて驚いた。とにかく日差しがきつかったけど、こうして遊べるのはいいねぇ。


2015/7/3(金)

霊柩車のミニチュアカーが納戸から出てきた。DiaPetが15周年記念として発売してた金ピカの車。これは息子が3歳だった頃のお気に入りで、割とよく遊んでいた。お宮の後扉が開くようになっていて、息子は中を覗き込んで「みんなで中に入って座布団に座るんだよね。2階もあるんだよね」なんて言ってたな。


2015/7/2(木)

ヨメが「同じ会社だったおじさんから、遺書みたいなものが送られてきてるよ!」と連絡してきた。それって、そのおじさんが出演するライブの招待状が入ってるだけだから。確かに最近はあまり見ないけど、いわゆるふつーの白封筒に住所が手書きされてるだけで遺書だと思い込むはどうかと思うんだけど。


2015/7/1(水)

子供が『オバケのQ太郎』,『ドラえもん』,『ジャングル黒べえ』の単行本をいつも読んでいるので、それに影響されて藤子・F・不二雄氏の短編集などをいろいろと読んでいる。で、藤子・F・不二雄氏の書くSFとは、”すこし不思議な物語”の頭文字だってのをご本人が語っていて、面白いからオモチャの安全マークであるSTをもじって、”すこしテキトー”というマークを作ってみた。

home1