バッテリーのブリキ玩具を語ってみる

葛楽堂タイトル1

鎌倉の骨董屋『葛楽堂』店主は、書店サロンの片隅に古玩具専門の出張店舗を出している。いつも暇そうにしてるので、ショーケースに所狭しと並んだヘンなモノや珍しい玩具を眺めながら、ときどき雑談を交わしてみたりする。

からくり仕掛けのバッテリーのブリキ玩具
karakuri1
日本のブリキ玩具の黄金時代である1950年代後期から1960年代前期にかけて作られた玩具の中に、電池を動力として、動物や人をモチーフにした人形を動かすタイプのモノがある。それらはまるで江戸時代に花開いたカラクリ文化の子孫のようだ。

m44 1.クマの散髪屋へようこそ!
   [S&E/野村トイ – BARBER BEAR]
m21 2.子供は歯医者ベアで泣く
  [AHI/野村トイ – DENTIST BEAR]
m25 3.マクセルのコーヒーを飲むクマ
   [野村トイ- Maxwell Coffee Loving Bear]
m404.レジ打ちのスージーは働き者
 
[Linemar-Super Susie]
m46 5ブタの料理人にお任せ!
  
[米澤玩具/トミー – Piggy Cook]
m29 6.ミス・フライデーのキャリアアップ
    
[不明 – Miss Friday The Typist]
m47 7.シェフ・コックの転職人生
m72 8.むかしむかしのクレーンゲーム
  [丸吉玩具制作所 Luckey Crane]
m549.テレフォンベアは忙しい
  
[ALPS/野村トーイ – Telephone Bear]
m42 10.バーテンダーの自前酒
  
[野村トイ – Charlie Weaver BARTENDER]
m39 11マメを食べ続ける酋長
   [Linemar –  NUTTY NIBS]
m00 12.寝起きの子グマが可愛すぎる
   [トミー –  Sleeping Baby Bear]
m52 13.クマの鍛冶屋
   [不明 –  Blacksmith Bear]
m00 14.パンダの魚釣り
   [Alps – Fishing Panda]
m2015.憧れのバーベキューセット
    [山一商事 – BARBECUE SET]
m00 16.潜水艦スコープ
m50 17.タグボートを応援したい
  
[増田屋 – TUG BOAT NEPTUNE]
m43 18.X-7円盤で宇宙を旅する
  
[増田屋 – X-7円盤]
m66 19.モービル・ガスタンクローリー車
  [不明]
m65 20.空軍基地でコントロール
m00 21.ベルトコンベアでドライブゲーム
m00 22.空港を走り回るトランスポーター
m00 23.ルーフが開閉するサンダーバード

home1