[葛楽堂]テレフォンベアは忙しい

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショーケースに、電話をかけているクマのゼンマイ玩具が置かれている。

telephone-bear1

「クマのブリキ玩具って可愛いね。この玩具って、電話の音も鳴るの?」

「Alps商事のTelephone Bearな。ゼンマイを巻くと電話の音を模したベルがチリチリとなる。するとクマが受話器を取って耳にあて、喋るかのように口が動くという仕掛けだ」

「ゼンマイひとつで凝った動きをするんだね。ところで電話をモチーフしたブリキ玩具って多くない?」

「アメリカでは固定電話の普及率が50%に達したのが1940年代後半。1950年には60%を超え、1960年には約80%になっている。ブリキ玩具の黄金時代は1950年代半ばから1960年代前半だから、ちょうど電話の普及期にあたるわけだ。モチーフになるのは当然だな」

consumption1

「なるほどね。このクマって箱絵をみると、ガールフレンドに電話をかけてるんだね。昔は携帯電話なんてなかったから、彼女の家に電話をかけると親が出てきたりして緊張したなぁ。父親が電話をとったりすると焦ったよ」

「母親を彼女と間違えたりな。まぁ、それも若かりし頃の経験だ。これが大人になって仕事をするようになるとブリキ玩具の世界観もシビアだぞ」

「どういうこと?」

「野村トーイが海外向けに生産していたTelephone Bearは、オフィスで働いているクマをモチーフにしたバッテリー玩具だ。役職は社長っぽいな」

telephone-bear2

「デスクにいろんな文字が書いてあるね。正面には”I May Look Busy.But I’m only confused!”…私は忙しそうに見えるかも知れないが、ただ混乱しているだけだ…これ、面白いね」

telebear2「大人向けだよな」

「サイドには、 ”we deliver on time”…時間通りにお届けします。”Out to lunch”…ランチにでよう。”Don’t take my pencil”…オレの鉛筆を持っていくな。It’s a bearish market…下げ相場です。bearishはクマとかけてるね」

「上司をからかってる感じがあるよな」

「ホント、大人むけのメッセージだね。このクマはどんな風に動くの?」

「では、単一電池を2本セットして、スイッチをいれてみろ」

 スイッチをオンにすると、電話のベルの音が鳴って、クマが受話器をとって耳に当てる。と同時に喋っているかのような機械音が流れて首を小刻みに動かしながら、右手でメモをとる動作をする。ペンを持つ手が動くと、紙を模したスクリーンに灯りが灯って文字を浮かび上がらせる。

「これも凝ってるね。でも、ちょっとこのお喋りの音はムリがあるような…」

「機械がガーガーと音を出してるだけだからな。そこは想像力だ」

「この玩具にはバリエーションとして、服を着ていないバージョンもあるぞ」

telebear4「服を着ていないといきなり可愛い感じになるね。イタズラ好きのクマが勝手に社長の席とかに座ってるようにも見えるもの」

「後期には、子供が遊ぶための電話と連動した”TELLY BEAR”というバージョンも発売されている」

「電話と連動?」

「クマのデスクと子ども用の電話がつながっていて、ダイアルを回すとその度毎にデスクの電話が光る。しばらくすると電話が鳴って、クマが受話器をとって喋りだす。これは機械音ではなく、フイゴ式でキューキューと音がするタイプだな。同時にペンを持った右手が机の上まで降りてくるのだ」

telebear3

 「いろいろ考えるねぇ」

「職人がアイデアと技を競っていた時代だからな。どうだ、このクマと電話を買っていったら。どーせ、友達いないんだろ? 友達の代わりになるぞ」

「ならないよ!」

私は首を横に振ると『葛楽堂』を後にした。

home1