[葛楽堂] 空軍基地でコントロール

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースに、アメリカ空軍の基地を模したブリキ玩具が飾ってある。

「桃源さん。これってオレがずっと欲しかったヤツだよ」

「1958年に米澤玩具が発売した”JET PLANE BASE ”。メーカーは三陽工業株式会社な。これは傑作玩具だろ」

「どのあたりが傑作なの?」

「まず空軍基地という複雑な素材を巧みにデフォルメして玩具という形に落とし込んだセンスな表からはまるでジオラマのように見えるだろ。スイッチを入れると手前と緑と赤の電球が交互に点滅して、管制塔のアンテナが回る。そしてアンテナの動きに連動して管制塔のなかの職員も忙しく動いているように回るのだ」

「まさに空軍基地って感じだね」

「うむ。この玩具は表からみるとジオラマのようだが、裏側からは管制官や指揮官になりきって遊べるように計器パネルがデザインされている。そこにはレーダー画面もあって、計器の針が動き、モニターに飛行機の影が映るのだ」

「なんだかスゴイね」

「それだけじゃないぞ。FW-707と機体に描かれたジェット機はフリクションだが、基地にセットするとクランクで内部のはずみ車に勢いをつけることができる。クランクを回してはずみがついたところで、基地の上部にあるボタンを押すとジェット機が走り出すのだ」

「これだけのなかにいろんな工夫がつまってるんだね。これを作ったメーカーってすごいよね」

「メーカーの三陽工業株式会社というのは、後のトミー工業株式会社。現タカラトミーだな。その頃に制作されたブリキ玩具についての写真集が2007年11月「おもちゃの匠」として出版されている。これは当時の社長だった富山充就氏が手掛けた作品を中心にしたものだが、玩具に対しての姿勢など関係者へのインタビュー記事が興味深い書籍だ。もちろん、この空軍基地も掲載されている」

「この時代の玩具に関わってた方の話って貴重だよね。玩具を投機対象としかみないヒトが多いもの」

「モノの歴史は面白いからな」

葛楽堂の店主はそう言うと満足そうに珈琲を飲み干した。

home1