[葛楽堂] 愛嬌満点のイヌのコックさん

葛楽堂タイトル1

『葛楽堂』と描かれた木製看板の奥に、古玩具だのワケのわからん品だのが所狭しと並んだショーケースが置かれている。そのショーケースを覗き込んで、いろんなモノたちを眺めながら、店主の桃源さんとときどき雑談を交わしている。

葛楽堂のショウケースにイヌのコックさんのブリキ玩具が飾られている。

「桃源さん、これってピギー・コックに似てるね」

「同じシリーズだからな。米澤玩具が1961年に発売したBURGER CHEFだ。だが、動きはピギー・コックよりもさらに凝っているぞ。コックのギミックとしては完成形と言ってもいいんじゃないか」

「どのあたりがそうなの?」

「ピギーコックの動作は、身体を左右に揺らしながらフライパンを振り、調味料をかけて、目玉焼きをひっくり返すというものだ」

「うんうん」

「このBURGER CHEFは目玉焼きの代わりにハンバーグを作っているが、ピギーコックの動作に加えて鼻をヒクヒクと動かし、ハンバーグをひっくり返すときに耳と目が上がるようになっている」

「凝ってるねぇ。このBURGER CHEFはハンバーグのプリントもいいね。表がこんがりと焼けてて、裏が半ナマの状態っていうのが上手に表現されているもの」

「特に半ナマの状態なんてよく表現できたよな」

「こういうセンスって感心するよね」

「まさに昭和の職人さんだよな。おまえもこれを買って、少しは職人魂を身につけたらどうだ?」

「いや、僕はサラリーマンですから」

私は肩をすくめると、『葛楽堂』を後にした。

home1