妖怪アパートからの手紙 3通目

yokai2いつの頃からか妖怪アパートの住人からメールが届くようになった。差出人の名前は柚木(ゆずき)嬢。

彼女からのメールはいつも真夜中の2時に届く。削除しても翌日には復活しているし、メーラーを閉じていても時間がくれば勝手に起動してしまう。そして、そのメールを読み終えると必ず肩が凝っているのだ…。

さて、柚木嬢からの妖怪通信に触発されて、読者から過去に遭遇した妖怪についての報告が届いている。まずはこの恐怖のメールをご覧いただきたい。

出たな!ぬらりひょん! 投稿者:がくちんころげ

思い出せばワタシの高校時代には結構妖怪たちがいたもんだ。

“帰りたい妖怪”…授業中に悪臭を放ち、帰りたいを1時間中連呼するやつ。
“パン1斤”…彼のお弁当は毎日パン1斤まるごとだ
“アメリカン”…日本人なのに息子の名前が「フランツ」

彼らも妖怪の一種として捉えていれば私のスクールライフももっと楽しかっただろうに。柚子さん、毎日楽しくて羨ましい!

ウチの近所にはオペラの練習を堂々としてくれるお方がいらっしゃいましたが最近はとんと歌声が聞こえません。

こ…怖い! なかでも”パン一斤”という妖怪が異様に怖い! これまでに体験したことのない種類の恐怖感である。

日曜の夕暮れ時、一人で家路に向かう途中に”パン一斤”が立ちふさがり、パンをムシャムシャ食べはじめたらどうすればよいのか!

「余ったらちょーだい!」と言えば消えてくれるが、間違ったことを言うと頭がからバリバリと喰われてしまう…そんな恐怖を感じるてしまう。

…というところで、柚木嬢の3通目のメールをご紹介しよう。

静炉巌さま

柚木です。
先ほど、妖怪たちとちょっと触れ合う機会があったので、思わずメールしちゃいました。

いつも通路を監視しているおばさまですが、今日も私がバタバタと外出していく様子を、そっと見守ってくれていたようでした。

で、夕方になって家に戻ってきたところ、そのおばさまが”通路を泳いで移動中のおじさま”の前に立ちふさがり、こんこんと何かを訴えている様子なのです。しかもうちのドアの前で・・・。

さすがに私も動揺しましたが、なるべく平静な口調で「あのー、ウチに入りたいんですけど」と言うと、2人して私を5秒間ほどジーッと凝視した後、おばさまがひと言…

「深い裂け目があるのよ」
「………はい?」
「ほら、すぐそこに深い裂け目があるから、この人落ちたら大変だから」
「………そうですか…」

遊泳中のおじさまというと、おばさまと一緒に私を見つめるのみ。そこで私は交渉をあきらめ、近所のスタバで一服することにしたのでした。

30分くらいたってから戻ってきたところ、2人の姿は消えていました。深い裂け目とやらに落ちちゃったのかな? 心配です(ウソ)。

…なんだこれ? あの、この”裂け目”って柚木嬢には見えなかった…んですよね? つーことは、これは”次元の谷間”なの?ここから他の妖怪達もこの世に出てきてたとか…。

うーん、さすがは”妖怪アパート”。実は妖怪達はアパートの内側の裂け目からやってきてたってことだったのかー! ひゃー。

4通目へ

by 静 炉巌(2003/7/5)

home1