会社で本当にあった怖い話~消えた書類

Poltergeist-Therese_Sellesポルターガイスト現象という不可思議な現象をご存知だろうか。そこにいる誰一人として手を触れていないのに物体が移動する、物を叩く音などが発生するなど、通常では説明のつかない現象のことだ。

これは友人の佐藤くんから聞いた話である。彼は名前を聞けば誰でも知っている某ブランドを擁するアパレルメーカーの社員。しかし、彼はこの会社で次々と不可解な霊現象に遭遇していた。

佐藤くんのデスクは経理部の隣に配置されているので、経理部内で交わされる会話が自然と耳に入ってくる。

今日も仕事をしていると、隣から経理部長の声が響いてきた。

「平野くん、さっき渡した書類だけど、ちょっと手直しをしたいから返してくれないか?」

書類というのは平野くんが5分前に部長から受け取ったA4サイズ1枚のペーパーである。平野くんは慌てて机の上に散らばった書類の束を掻き分けてペーパーを探したが、なかなか見つからない。

「オレはちょっと外に出るけど、すぐに戻ってくるから探しておけよ。」

「かしこまりました!」

平野くんは、懸命に書類の山と格闘してペーパーを探した。彼の慌てた様子を見かねて、経理部の同僚たちも一緒に探し始めてくれた。

「間違ってゴミ箱に捨てたんじゃないの?」

平野くんの隣の田中さんは、ゴミ箱をひっくりかえしてペーパーを探し始めた。それを見ていた他の同僚も、近くのゴミ箱をひっくり返しはじめる。

「私、一応、金庫の中も見てくる!!」

今度は同じ部の中島さんが金庫へと駆けて行った。

佐藤くんは、経理部の騒ぎを横目に見ながら「金庫を確認して、何か意味があるんだろうか?」と考えていた。

だって、平野くんは書類を受け取ってからずっと自席に座っていたのだから。佐藤くんは仕事に追われていたから、手を貸すことはできなかったけれど、話し声だけは耳に入ってくる。

平野くんは今度は机の下を覗き込んでいる。それを目にして、近くの席の吉田さんが手伝いを申し出た。

「机の下をのぞき込んで何を探してるの?」

「大事なものです」

「あっ、コンタクトだね?」

平野くんが上の空で答えたので、吉田さんは床にかがんで勝手にコンタクトを探し始めた。丁度、金庫から戻ってきた中島さんは、経理部の机の端で係長と言葉を交わしている。

「金庫の中にはありませんでした」

「こっちも見つからないね。こういうのは結構、意外なところにあったりしてね」

「意外なところってどこですか?」

「例えば、屋上とかさ…」

私、一応、屋上を確認してきます!!

中島さんは廊下の階段を駆け上がっていった。係長は、一瞬、余計なことを言ったかもという表情を浮かべた。

佐藤くんは、そんな会話を聞きながら「屋上を見に行く意味はあるんだろうか?」と考えていた。

だって、平野くんは書類を受け取ってからずっと自席に座っていたのだから

しばらくすると、中島さんがハァハァと息を切らしながら戻ってきた。

屋上へ行こうと思ったら鍵がかかってるんです!! 鍵を探さなくちゃ!

中島さんが、あちこちの棚の引き出しを開けている姿を見て、企画室の川端さんが声をかける。

「何を探してるの?」

「屋上の鍵です。どこにもないんですよ!」

彼女の慌てた顔をみて、川端さんも一緒にカギを探しはじめた。同じ企画室の人間にも声をかけてカギ探しに力が入る。

「ねぇ、屋上のカギ知らない?」

声をかけられた人もカギを探し始めた。皆がカギ探しをはじめる中、中島さんは大声で叫んだ。

「私、一応、1階も確認してきます!!」

中島さんは事務所がある2階から1階へと駆け下りていった。

佐藤くんは、そんな会話を聞きながら「1階に行くことに意味があるんだろうか?」と考えていた。

だって、平野くんは書類を受け取ってからずっと自席に座っていたのだから

やがて、中島さんが息を切らして戻ってきた。

「一階にもありませんでしたー!」

すでに40分ほどが経過している。そこに経理部長が外出先から戻ってきた。事務所内で、探し物の輪が大きく広がっているのを見て驚いた部長は皆に声をかけた。

「いったい何を探してるんだい?」

経理部長のその問いに対する答えは様々だったという。

屋上のカギです!

コンタクトです!

えっ? 領収書でしょ?

…書類ですよねぇ

「…」

一同は顔を見合わせた。その表情には「一体、自分は何を探していたんだ?」という疑問符が浮かんでいたという。経理部長が平野くんに確認する。

「それで平野くん、書類はどうなったんだね?」

皆は、騒ぎの元凶となった平野くんの方を見た。ところが平野くんといえば、皆が捜し物を夢中になっている中で、自分はパソコンを触っていた。

「おい、平野くん!! 書類は見つかったのか?」

「あっ…申し訳ございません。あの、見つからないので、ちょっと別の”捜し物”をしておりました!」

「別の”捜し物”? 何を探してたんだね?」

「ワープロの字を消そうと思って、“バックスペース・キー”を探しておりました!

佐藤くんは心でそっとつぶやいた。「平野くん、それは”捜し物”とは言わないよ…。ちゃんとキーボードについてるよ。

「平野くん!! しっかりしてくれよ!!」

平野くんは大きな声で答えたという。

かしこまりました!!!

佐藤くんは再び心でつぶやいた。「平野くん、日本語ヘンだよ。受け答えを間違えてるよ…。

その後、肝心の書類は平野くんの机の引き出しで寝そべっているところを発見されたという。

こうして、誰も触っていないはずの書類が勝手に机の中に移動してしまうという怪奇現象は終わった。まさにポルターガイスト現象が起こったとしか説明のつかない不可思議な現象であった。

home1