狂った玩具”The Swing Wing”

アメリカの寂れた田舎町の外れに、朽ちかけたゴシック建築の屋敷が建っているという。

crypt1荒れ果てた庭には雑草が生い茂り、人が住んでいる気配はない。

付近に住む人も、気味悪がって誰も寄り付きはしない。

時折、面白半分に肝試しに訪れる若者もいるが、結局は一目散に逃げ出すことになる。

彼らの話によれば、誰もいないはずの屋敷内の地下から笑い声が聞こえてきたり、埃で覆われた応接室のシャンデリアが、電気も来ていないはずなのに薄気味悪く輝くことがあるそうだ。

YouTubeで、ゲームや玩具を作っているアメリカのTransogram社が、1965年に発売した”The Swing Wing”という玩具のCM動画を見たわけさ。

この玩具がどういったものかと言うと、”ヘルメットの頭頂部に、重りが付いたヒモがくっついている”だけ。

そして遊び方も、ヘルメットを装着して頭を振り、付属の紐をクルクル回すだけのシンプルなもの。

おそらくフラフープの大成功を目にした玩具メーカーが、「うちもヒット商品を出すぞ! とにかく回しゃあいいんだろ! 回しゃあ!」とばかりに、勢いで開発したものではないかと推察する。

いまひとつイメージが湧かないと思うので、この動画を見ていただきたい。音楽付きのCMだけれど、最初はぜひ音を消しての鑑賞をお奨めしたい。

なお、途中で動画が一時的に停止するが、それはCM上の演出である。

いかがだろうか? 狂ったように頭を振り続ける少年少女。画面からあふれ出す圧倒的な狂気。

激しいヘッドシェイクによって生み出された脳内麻薬は、彼らの脳を蝕んでいくことであろう。一度、癖になると、そこから抜け出すことは困難だ。

いつでもどこでも頭を振り続ける生活は、やがて彼らを廃人へと追い込んでいく。

奇行が目立つようになり、医者からも見放された彼らは、家族の手によって、田舎町の外れに建っている朽ちかけた屋敷の地下室に幽閉されることになる。

食べ物と水だけは、地下道を通じて小さな差し入れ口から届けられるが、あとはずっと閉じ込められたままの生活だ。

家族は、”The Swing Wing”に付属している紐を改造して、地下室の天井に備え付けた小さな発電機に繋げておいた。

彼らが頭を振ると、その力で発電機が作動して電気が起こり、屋敷内の灯りが灯る仕掛けだ。彼らは光を得るために、今日も笑いながら地下室で頭を振り続けている。いつ果てるともなく…。

サム・ライミ監督は、1981年のスプラッター映画『死霊のはらわた』で、行き過ぎたホラー表現が笑いに転じてしまうことを証明したが、”The Swing Wing”のコマーシャルは、行き過ぎたバカバカしさがホラーに転じてしまうことを証明していると思う。

そもそも笑いというものは…おしはいshだうしあっうぃ8え4…だめだ、The Swing Wingを回してたら考ええがまとまらなあわな頭が^0rここは暗い38地下hjんわ」ははー

home1