会社で本当にあった怖い話~面接に現れたもの

ビクトルユゴー物理的心霊現象のひとつに、「物品移動現象」と呼ばれているものがあります。これは霊が、エクトプラズムを用いて物体を移動させたり、空中に浮揚させたりすることを言います。

今回の主人公は20代後半のOL、ムツミ嬢。彼女は転職の面接を受けるという状況下で、「物品移動現象」としか思えない現象に遭遇しました。しかも、この怪奇現象を目撃したのは彼女だけではなく、居合わせた面接官も目にすることになったのです。

ムツミ嬢は転職を考えていた。彼女は商業誌の会社で人事関連の仕事を5年ほど続けていたが、今の会社は不況のあおりで雰囲気も悪くなってきたため、新天地を求めることにしたのである。

彼女は転職の準備を進めることにした。転職には面接がつきものだし、そこでは自分をいかにアピールするかがポイントになる。

そこで彼女は面接の準備として、日頃から自分の仕事内容を職務経歴書に添えるためにメモを書きとめることにした。例えばExcelでマクロを使えるようになったら、”Excelのマクロを習得”とメモに書いていく。

ページが増えるごとに彼女の自信も増していき、やがて資料が10ページにも及ぶ大作となる頃、彼女は転職を希望する会社の人事部門に応募することにした。

書類審査は問題なく通り、いよいよ面接の日がやってきた。面接を受けるのは不安だったけれど、これまでに作った何ページもの資料は彼女の自信の源となっていた。

会社に着くと何人かの応募者が並んでいる。彼女は自分の番が回ってくると、深呼吸をひとつして面接官が待つ部屋へと入っていった。

面接官が待つ部屋は、壁も床も淡い色で統一された綺麗な応接室だった。

中央の白いテーブルを挟んで、向こうには二人の面接官が座っている。彼女が配属を希望している部署の部長と人事担当者だ。

彼女は勧められるままに、手前の応接椅子に座った。緊張しながら、ひとつひとつ面接官の質問に答えていく。

面接官は彼女が職務経歴書に添付した資料を感心しながらめくっている。二人の面接官が資料をのぞき込んでいた。

資料は応接の低いテーブルの上に置かれているので、どのページを見ているのかは彼女からもよく見える。次のページは彼女がもっともアピールしたいと思っていた資格のことを書いたページだ。

面接官がページをめくると何かが挟まっていた。

糸くず? そうじゃない…。なんだか黒くて縮れている…。

脇毛? そんなことがあるはずがない。だって彼女の脇毛処理は完璧だ。

ムツミ嬢は確信した…それは自分の陰毛であると。

でも、どうして、こんなところに…。

二人の面接官は陰毛が乗ったページを黙って見つめている。

一瞬、時間が止まったように思えた。二人とも気づいているくせにそのことには何も触れない。

さっきまであんなに見て欲しかった資格のページだったけど、今の彼女は面接官が一刻も早くページをめくってくれることを願うのみだった。まさかこんなことになるなんて…。

彼女は恥ずかしさのあまり心の中で叫んだ。「お願いです! 早くページをめくってください!」

二人の面接官は言葉を発することもなくページをめくった。

よかった…。

だが陰毛は、ページをめくった風にあおられてテーブルの上にポトリと落ちた。

彼女と二人の面接官の間にある真っ白なテーブルの上に。

彼女は面接に際して様々な想定問答を考えていた。でも面接官と、自分の陰毛が乗ったテーブルを挟んで面接を受けることまでは想定していなかった。これまで読んだ面接の本にもそんな想定は書かれていない。

まるで陰毛に面接を受けているみたいだった。このままじゃ面接なんて続けられない!

頭が真っ白になった彼女は、さっと身を乗り出すとテーブルの上の陰毛を手で払い落とした。勢いよく払われた陰毛は、今度は一人の面接官の足下にと落ちていった…。

面接は続いたが、その後のことを彼女は殆ど覚えていない。ただ、一人の面接官がときどき自分の足下を気にするかのようにチラチラと視線を落とすことだけが気になっていた。

面接はいつの間にか終わっていた。

面接が終わってから一週間後、彼女の元に合格の連絡があった。

だが彼女は迷っている。自分の陰毛を見られた部長の下で働くなんてと…。

ムツミ嬢が面接のテーブルで見たもの。あるはずのないものがそこにあったのは、やはり「物品移動現象」が起こったと解釈するしかないのかもしれません。

by 静 炉厳

home1