こんにゃくの復讐

いわゆるコワい話というものは、「これはね、オレの友達が体験したことなんだけど…」などという枕詞で始まるのが定番です。

今回の話もその流れです。でも、これは噂や作り話などではなく、実際に東久留米のハセちゃんが体験したことなのです。

恐ろしい話なので、ここから先は18歳未満の方と女性の方は、ご遠慮願います。もし読んでいたら、10数える間に違うページにとんでくださいね。では、いーち、にぃー、さーん、しぃー…じゅう!ちゃんと出た?

・・・では、恐怖の扉を開けることにしましょう。

これは、赤帽、タクシーの運転手、自衛隊、教習所の教官、探偵など後に様々な職業を経験するHくんが、まだ学生だった頃のことです。

Hくんは、当時、思春期の男なら必ず一度は耳にしたことがあるであろう伝説的な行為を試してみたくて仕方がなかったと言います。

それは”コンニャクに切れ目を入れて、自分を慰める行為に利用する”というあの伝説…人肌に暖めたそれは、まるで本物の女体のようだという話です。

格闘家の素質に恵まれ空手も習っていたHくんは、挑戦することから逃げるような男ではありません。しかし、そのためには、いわば挑戦相手となるコンニャクを仕入れる必要があります。

そこでHくんは近所のスーパーにコンニャクをひとつ購入するために出かけていきました。

あまりにも自然にコンニャク伝説が世間に普及していた当時、年頃の男がコンニャクをひとつだけを買うという行為が、どれほど勇気あることか女性にはわからないでしょう。

「ねぇ、あそこん家のお坊っちゃんのお相手ってご存知ぃ?」などと、近所の奥様連中にあらぬ噂が広まったら大変です。

さて、勇気をみせつけてコンニャクを連れ帰った彼は、自分の部屋で洗面器にお湯を入れてコンニャクを温めてあげると、さっそく全力で戦ったと言います。

実際の試合内容については語ることができないのが残念ですが、格闘家の彼のこと、勝負は一瞬でついたのではないかと想像します。

しかし、困ったのは試合の終了後のことです。疲れきった対戦相手を処分する場所が浮かばないのです。部屋のゴミ箱に捨てるわけにはいかないし、トイレに流すと詰まってしまうかもしれません。

そこで彼は夜になってから外に捨てに行くことにして、それまではとりあえずビニール袋にくるんで冷蔵庫の下の段にこっそりと隠しておきました。

やがて、夕食の時間になって食卓に着くと・・・。

ミソ汁の具には、さっきのコンニャクが使われていたのでございます。

home1