妖怪アパートからの手紙 1通目

yokai2いつの頃からか妖怪アパートの住人からメールが届くようになった。差出人の名前は柚木(ゆずき)嬢。

彼女からのメールはいつも真夜中の2時に届く。削除しても翌日には復活しているし、メーラーを閉じていても時間がくれば勝手に起動してしまう。そして、そのメールを読み終えると必ず肩が凝っている…。

柚木(ゆずき)嬢からの初めてメール…。私は彼女のメールに目を通したとき、そこに書かれていた事実に驚愕した。肩こりを覚悟して次のメールをお読みいただきたい。

静炉厳さま初めてメールいたします。数々のエッセイ、まだ全部ではありませんが、大変楽しく読ませていただきました。

ウチのアパートは新宿の某デパートから徒歩5分圏内にあり、私は4年ほど住んでいるのですが、これがまた界隈でも珍しいミステリーアパートなのです。基本的には雑居ビルなのですが、私のように無理やり住んでいる者もいて、いままで私が確認しただけで、超個性的なキャラの方が5人も。

1.通路を腹ばいになって泳ぎながら移動する方(いつも)
・・・50代くらいの男性。階段は蛙のような感じで移動されています。

2.ドアの影から常に通路を監視している方(夜はお休みのようです)
・・・うちの3軒隣に住む60代くらいの女性。目が合うとサッと隠れます。

3.非常階段で正座しつつお経を唱える方(不定期)
・・・春夏秋冬問わず、なぜかサッカー日本代表の青いユニフォームを着ている20代後半と思しき男性。最初は何かのバツゲームかと思ったのですが、月に数回見かけるので、どうやら趣味のようです。

4.常にパンツいっちょの方(明らかに下着です)
・・・隣にあるコンビニにもパンツいっちょで行く30代くらいの男性。エレベーターで一緒になるとさすがに緊張します。

5.右翼の方(パンチ&金鎖)
・・・時折、靖国通りを街宣車で爆走されていますが、そんなときにウッカリ出くわすと、拡声器で「お〜い」(超笑顔!)と声を掛けられるのでちょっとビビリます。

ここに引っ越してきてからというもの、NHKの集金はおろか、セールス関係の方を一度も見かけません。きっと件の方々のおかげだと思います。

どの方も他人に危害を加えるタイプではないし、おいしいネタをたくさん提供してくれるため、なかなか引っ越せないのです。太陽光が1ミリも入らないのですが。

妙なコトをダラダラと書き連ねてしまいましたが、私自身はぜんぜん怪しい人ではなく、仕事もごく普っ通〜です。

ミステリーアパートなどと控えめな書きかたをしているが、これは”妖怪アパート”だ!
まさかそれが本当に実在していたとは!! 最後の右翼はさておき、残りの4匹は間違いなく妖怪である…。

私はさっそく怪異・妖怪伝承データベースを開き、調査のためにキーボードを叩いた。いったいこれらの妖怪の正体はなんなのだろうか? こんな妖怪は聞いたことがない。

とりあえずアタリがついたのは1番の妖怪だ。これはおそらく”バンビキさん”ではないだろうか?

バンビキさん

大きな蛙をばんびきさんと言う。金毘羅さんに参って、それから下がったら畳半枚敷きくらいあるばんびきさんが先へ行っていた。追い越したら追いかけてきて、ひと跳びして追い越し、1間ぐらい先に座ってじっと見ていた(怪異・妖怪伝承データベースより)

だが、他の妖怪については見当もつかない。しかし、その謎こそがまさに妖怪であることの証明とは言えまいか。

柚木嬢からの真夜中のメールはいまも止まらない。怖い! 彼女は私に妖怪の正体を調べさせたいに違いない。早く正体を暴いてお祓いをしなければ、私の肩こりが止まらない…。

私は妖怪調査に本腰を入れることにした。

二通目へ

home1