妖怪アパートからの手紙 2通目

yokai2いつの頃からか妖怪アパートの住人からメールが届くようになった。差出人の名前は柚木(ゆずき)嬢。

彼女からのメールはいつも真夜中の2時に届く。削除しても翌日には復活しているし、メーラーを閉じていても時間がくれば勝手に起動してしまう。そして、そのメールを読み終えると必ず肩が凝っているのだ…。

これは妖怪達の追加情報が記載された2通目のメールである。

静炉巌さま

常に通路を監視している妖怪2号(ドアの影から常に通路を監視している方)は、たまに近所のデパートでも見かけるのですが、決まってキャッシュディスペンサー脇の公衆電話のところにいて、ボタンを猛スピードでプッシュしてはガチャン!と受話器を叩きつける、という行為を繰り返しています。

この方は、どうやら男性(なんかすごいニオイがする人)と一緒にお住まいのようなのですが、たまに何か粗相をして、外に追い出されてしまうようなのです。

この間は、裸足のまま追い出されたらしく、「靴ちょーだいよ!靴ちょーだいよ!」と激しく要求されていましたが(うちまで丸聞こえ)、30分くらい後、諦めてどこかへいってしまいました。

私が思うに、あの公衆電話に向かったのではないか、と。

最近、いつも通路を泳いで移動している方が、階段の踊り場で仮眠を取っていることを知りました。部屋で寝ればいいのになぜ…。

あ、それから静炉巌さんは、ご存知でしょうか? 新宿をチャリで走るタイガーマスクのお面をかぶった新聞配達の方。

あの人は、うちのアパートにも配達してるんですよ。しょっちゅう会うので住んでるのかとも思うんだけど、どうだろう…?

早朝、つまり彼の仕事中にたまたま出くわすと、なぜか「イエーイ!」と笑顔&ピースサインでご挨拶してくれます。たまに、余った(?)新聞をくれたりもします。映画館や試写会で見かけることもあります。(タイガーマスクは映画マニア。その昔、池袋の文芸座でよく見かけました)

新・妖怪情報はまた落ち着いたときにメールしますね。

…またキャラが増えている。一時期、TVなどで話題になった”新宿のタイガーマスク”までご登場だ。だいたい柚木嬢とは何者なのか?

だって、こんな妖怪アパートに普通の人間が住んで生きていけるわけがない。むしろ、これだけの妖怪軍団の中で無事に生きているということは、彼らに対して彼女は絶大な権力を持っているということの証なのではないのか?

妖怪達を束ねることができるのは、妖怪の総大将と言われる”ぬらりひょん”だけだ! ということは、彼女の正体は”ぬらりひょん”なのだろうか? 私は小学校の頃から愛読している『妖怪図鑑』のページをめくった。

ぬらりひょん

商家などで、夕方人々がせわしなく働いているときにどこからともなく現れては家に上がり込み、お茶を飲んだり主人のキセルをふかすなどして、またいずこともなく去っていく妖怪。家人はこの妖怪に気付かないことが多い。僧、あるいは商人や大旦那風の姿をしている。([妖怪図鑑]より)

…っていうかさ。この説明を読むと”ぬらりひょん”って、ただの徘徊老人としか思えないんだけど。

”妖怪の総大将”っていっても、年寄りで話が長いから、とりあえずハイハイって皆が返事をしてるだけって気がするんだけど。

三通目へ

by 静炉厳(03/5/23)

home1