こども読書館

title22
book1子供の頃に読んだ本の印象は、大人になっても残っていることが多い。だから、子供には面白いと思う本を紹介したい。
基準は、大人になった自分が読んでも面白いかどうかだけ。そこには自分フィルターがかかっているけれど、思い入れのない推薦なんてつまらないじゃん。物語に興味をもつか何を感じるかは子供に任せればいいんだから。

いろいろな世界

1.『いやいやえん』(中川 李枝子)

2.『エルマーのぼうけん』(ルース・スタイルス・ガネット/渡辺茂男)

3.『木馬のぼうけん旅行』(アーシュラ ・ウィリアムズ/石井桃子訳)

4.『泣こうか とぼうか』(山中 恒)

5.『ぼくのおじさん』(北 杜夫)

6.『チョコレート工場の秘密』(ロアルド・ダール/田村隆一訳)

7.『ジャングルブック』(キップリング)

8.『ピーターパン』(ジェームズ・M・ヴァリ)

9.『しあわせな王子』(オスカー・ワイルド)

10.『四次元の世界をさぐる』(福島正美)

11.『もしもの世界』(日下実男)

12.『不思議博士の不思議な発明』(ド・フリース/久米 穣訳)

その先にある世界

1.フックはピーターパンを傷つけたりしないよ

2.キップリングのIF

3.新横浜ラーメン博物館~『ラーメンの街に日が暮れて』
   
ラーメン博物館で販売されている変わった本について

4.なぜ横濱カレーミュージアムはつまらなかったのか?

5.『日本のこころの教育』(境野 勝悟)

6.『ランニングマン』(リチャード・バックマン[スティーヴン・キング]

7.『超音速漂流(初版)』(トマス・ブロック)

8.『ホワイトアウト』(真保裕一)

9.ウォンカさんの工場マニュアル

home1