こども読書館『あの犯人を追え』

こども読書館

子供の頃に学研のジュニアチャンピオンコースを何冊か持っていた。

そのなかの一冊が、1972年7月に発売された『あの犯人を追え』(大野進、長安周一監修)で、これは科学捜査をテーマにした本である。

で、内容は殆ど忘れてしまったけど、このなかで冒頭のカラー漫画からはじまる”白骨死体は語る”だけは、強烈に印象に残っている。

これは謎の白骨死体の頭蓋骨から、”複顔法”と呼ばれる手法(粘土で元の顔を復元していく)を使って身元を割り出していく話だった。

で、印象的な部分がいくつかあって、ひとつは”複顔法”と呼ばれる手法そのもの、2つ目は紹介されている比較写真が微妙に似てないように思えたこと、3つ目は”映画の吹替えでも、スーパーインポーズ法を使って骨格の似ている声優を選んでいる”という「絶対、ウソだろ!」ということがまことしやかに書かれていること、4つ目はストーリー漫画のなかで、「絶対にそうはならないだろう」というラーメンを頭からかぶる場面があったことである。

ちなみに当時のオレは知らなかったけれど、”ジュニアチャンピオンコース”の姉妹品に、”ジュニアチャンピオンノベルズ”というシリーズも出版されていたらしい。

これは”ジュニアチャンピオンコース”と似たようなテーマのフィクション版という位置づけのようだけど、あまり人気は出なかったようだ。

そりゃ、この手のテーマは意外なコトが事実(っぽい)から面白いわけで、最初からフィクションだとわかってたら興ざめすると思うね。

遊人(2022/4/7)

home1