こども読書館『木馬のぼうけん旅行』

title22

1964年9月に福音館書店から出版された『木馬のぼうけん旅行』。

mokuba1原作は1938年にイギリスで出版された『Adventures of the Little Wooden Horse』で、翻訳は石井桃子さん。

海外の書物を日本語で読む場合、物語の印象は翻訳者の質によるところが大きい。

国同士の言語や文化を単純に置き換えることなんてできないのだから、翻訳には翻訳者の解釈が入ることになる。文体にしたって同じこと。

翻訳者はいわば第二の著者の役目を担っていると言える。その意味で『木馬のぼうけん旅行』の翻訳は素晴らしい。

主人公は、おもちゃづくりのピーダーおじさんに作ってもらった木馬。4つの緑色の車を持ち、赤い倉をつけ、お腹に絵の具で青い縞を描いた小さな木馬だ。

mokuba3木馬はピーダーおじさんのそばにいることだけを願っているのに、ちょっとした手違いから海を渡ってしまい、ピーダーおじさんの家を目指して様々な冒険をすることになる。

木馬のやさしさや正直さにいつの間にか感情移入してしまって、苦難に翻弄される場面ではかわいそうで涙がこぼれそうになり、そこから逃げ出したり乗り越えていく時には応援してしまう。

木馬の真っ直ぐな頑張りが眩しい冒険物語の最後は、すべてが報われた安心のハッピーエンドだ。

古典的な名作だと言われているけれど、時代なんて関係ない名作だと思う。

home1