このサイト(僕らの夏の時間)について

title22

湘南海岸のそばに「いつものペーパーバック」っていう書店サロンがあるわけです。

薄手の本ばかりを置いてる奇妙な書店サロンでね、何が変わってるかって、店主が書いた本がやたらと置かれてるんだよ。

自費出版の本を平積みにしたテーブルもあって、まぁ、テーブルと言ったって、店のデッドスペースに小さな置き台を備えただけなんだけどさ。

paperbookその一角に、”夏の時間”というテーマで括られた本が置かれている。

”夏の時間”とは、人生の中での輝ける瞬間のことを言ってるらしい。

毎年夏が巡ってくるように人生にも繰り返し夏が訪れる。

同じ夏が巡ってくることはないけれど、でも心を夏の状態にしておくことはできる。

”夏の時間”の本を手にとって、店の奥の「湘南 から元気倶楽部Cafe」のカウンターに腰かけて頁をめくる。

…『僕らの夏の時間』は、そんな設定のサイトです。

■ このサイトの遊び方

僕らの夏の時間』は、『湘南 から元気倶楽部Cafeいつものペーパーバック)』内にあるサイト内サイトです。サイト構造としてはコーナーと同じだけれど、テーマが全体のトーンの中で異質だったからって思ってくださいな。

「僕らの夏の時間」について

■ 作者(静 炉巌)について

home1