このサイトについて

title22

客で混み合うことなんて想像できないこじんまりとした書店サロンがあってね。その片隅に自費出版の本を平積みにしたテーブルがあるところを思い浮かべてほしいわけです。

paperbookテーブルと言ったって、店のデッドスペースに小さな置き台を備えただけ。そんなところに並べられた本を手に取る人なんて滅多にいやしない。

そこに置かれているのは、”夏の時間”というテーマで括られた詩集やら、子育てやら、ワケのわからん戯言が書かれた本。なぜだか床屋談義みたいなものまで含まれている。

夏の時間とは、人生の中での輝ける瞬間のことらしい。

毎年夏が巡ってくるように人生にも繰り返し夏が訪れる。同じ夏が巡ってくることはないけれど、心を夏の状態にしておくことはできる。

僕らの夏の時間』は、そんな設定のサイトです。

■ このサイトの遊び方

僕らの夏の時間』は、『いつものペーパーバック』内にあるサイト内サイトです。サイト構造としてはコーナーと同じだけれど、テーマが全体のトーンの中で異質だったからって思ってくださいな。

「僕らの夏の時間」について

■ 作者(静 炉厳)について

home1