こども図書館『からくり儀右衛門』

こども読書館

記憶というのは曖昧なものだ。

もちろん、50歳を過ぎた今となっては、自分には記憶力なんてものはないと胸を張って断言できるし、なんなら昨日の晩飯だってすぐには思い出せない。

それでも少年時代の記憶ぐらいは、もう少し正確なものかと思っていた。

karakri1小学生の頃、朝日ソノラマから発刊された『からくり儀右衛門』という分厚い本が好きだった。

著者は横田弘行 、挿絵は祐天寺三郎が担当したこの本は、日本のエジソンと言われた田中久重の少年時代を題材にして、子供向けに創作したユーモアたっぷりの小説である。

単純で明るいストーリーに、ときどき発明品のそれっぽい仕掛けの挿絵(かなりテキトー)が混じっていて、読んでいると前向きなエネルギーにあふれてくる。

伊能忠敬の測量車(量程車)や、昔のゼンマイがクジラのヒゲで作られていことを知ったのもこの話からで、自分が発明に興味をもつキッカケになった本だ。

10-04からくり儀右衛門』はNHKのドラマとして、1969年04月12日から1970年04月04日の月~金に放映されていた。

自分はずっと小説を読んでからドラマを観たと記憶していたけれど、初版発行を調べてみると本の方は、1970年(昭和45年)1月20日となっているから本の方が後から出たことになる。駅前の本屋で買ったもらった場面まで覚えているというのに。

脚本を書いた横田弘行氏が、ドラマ放映中にノベライズを出したということなのだろう。人気ドラマだったが故ということか。

■『からくり儀右衛門』(朝日ソノラマ)
横田弘行 文,祐天寺三郎 絵
昭和45年1月20日初版発行
昭和48年7月10日改定初版発行
定価450円
※巻末に発明年表あり

■『からくり儀右衛門』(ソノラマ文庫)
昭和51年2月28日初版発行
定価300円

それにしても記憶というのはまったく頼りにならないものだ。それもでも好きだという感覚の記憶は、自分の一部を為している。

karakuri2

NHK連続ドラマ『からくり儀右衛門

karakuri3

放送日時:1969/04/12~1970/04/04(月~金) 18:05-18:30
主な出演:  佐山泰三、川島育恵、織本順吉、岸  旗江、上原ゆかり、信 欣三、冨田浩太郎(富田浩太郎)、庄司永建(庄司永健)、笹森満子、福島きよ子、高原駿雄、倉丘伸太郎、神田 隆、玉川伊佐男、木下秀雄、宮阪将嘉、(語り手・柳沢真一)
脚  本:横田弘行

静 炉巌[2018/4/15]

home1