ラジオ体操で元気にいけないの

始業時間前になるとオフィスにラジオ体操の音楽が流れて、フロアの人たちがそれぞれに立ち上がってラジオ体操をはじめる。参加は自由だ。

でね、いままではラジオ体操に参加することなんてなかったんだけど、やっぱりオヤジですから元気にいこうと思って、ラジオ体操に参加することにしたわけです。元気が一番だからね。

そんでもって、やってみると身体がほぐれる感覚があったりしてさ、意外といい感じだなと思いながら機嫌よく体操してたわけ。

で、ラジオ体操の〆といえば深呼吸なんだけど、こいつがいけない。

深呼吸だからさ、深く息を吸って吐きます。

だけど吐く息がね、気がつくと”ため息”になっているんです。

それまでの勢いを吹き飛ばすようなショボクれた感じ。

しかも、これはいけないと意識すればするほど、ため息になってしまう。

なんなら意識した分だけ、リアル度が上がっている。

毎日、ラジオ体操をするたびに意識とは裏腹にうまくなっていく”ため息”。

そんなわけで朝のラジオ体操は、元気にはじまって、しょんぼりと終わっているのです。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク