[マイブーム] ”火曜日のあいつ”が楽しみだった

マイブームの時期
第一期:1976年 (プラモデル改造等)

中学の時に観ていた『火曜日のあいつ』(1976/4/20~1976/9/28)について、ネットで調べていた。

この番組は、東映の”トラック野郎”シリーズ(1975~1979年)のヒットにあやかって制作された全24話の1時間ドラマで、主演は小野寺昭石橋正次由美かおる

火曜日のあいつ1小野寺昭は『太陽にほえろ』のデンカだったし、石橋正次は『飛び出せ青春』や『夜明けの刑事』で無鉄砲なイメージが定着していた。

物語りは、小さな運送会社「中原運送」を舞台とした青春ドラマで、もう一人の主役ともいえる大型トラック”バッファロー号”が妙にかっこよかった。

本放送のときしか観たことないけれど、毎回のようにクライマックスは、”バッファロー号”が危険地帯を行く特撮で、オレはこれが楽しみだったね。もう一度観てみたいドラマだ。

当時、トラック野郎のプラモデルを買って、プラ板で”バッファロー号”に改造して悦に入っていたんだよね。

”バッファロー号”のベース車となったのは”ふそう FU113S 冷凍車“。2011年になってアオシマからプラモデルが発売されたけれど、今では猛烈な高値になっている。当時、こういうのがあったらな。

ちなみに特撮は日本現代企画で、特撮で使われていたモデルは、郡司模型製作による1/15サイズのモデルだったらしい。

外部サイト四十路オヤジの、日々BASS寄り~バッファロー号制作記

遊人(2022/09/17)

home1