山田さんとランチのお替りサービス

昼食を食べようと会社の外に出たら、以前に同じチームで働いていた山田さんと出くわして、誘われるがままに天ぷら屋に行った。

店の暖簾をくぐってカウンター席につく。この店は山田さんのお気に入りで、その理由は味はもちろんのこと、ゴハンのお代わりが無料だといことにあった。そういえば彼と同じチームで仕事をしていた頃、彼の主催する親睦会はいつだってバイキング形式の店だった。

何しろ山田さんというのは巨漢なのである。もしも彼がアメリカ人だったなら、間違いなく名前はデーブだったに違いない。

私たちは天ぷら定食をオーダーした。しばらくすると、お盆にのったゴハンやミソ汁、漬物が自分達の前に並べられる。何も乗っていない皿には、揚げた順番に天麩羅が盛られていくという寸法だ。

天麩羅が揚がって、ゴハンを3分の1ほど食べ終えた時、隣の山田さんは既に茶碗に盛られたゴハンを食い尽くして、大声で叫ぶところだった。

ゴハン、お代わりー!!

給仕のおばちゃんが、茶碗を運んでくる。その店はお代わりをするときは、茶碗ごと交換するシステムなのだ。しかし、おばちゃんは山田さんのお代わりを運ぶついでに、なぜか私の分までゴハンを持ってくる。お水じゃないんだから、ついでに持ってくるのは勘弁してほしい。

しかし、気弱な私はせっかく持ってきてくれたのだからと断ることができず、まるで友人宅に遊びに行って気を使う小学生のごとく、残りのゴハンを慌てて腹に詰め込むと、お代わりの茶碗を受け取るのだった。

日ごろはゴハンをお代わりすることなどめったにないので、2杯目のゴハンを食べている途中で既にお腹はいっぱいだ。ちまちまと茶碗に残ったゴハンを食べていると、また隣で山田さんの叫ぶ声がした。

ゴハン、お代わりー!!!

やっぱり、おばちゃんは私の分までゴハンを持ってくる! 私は涙目でゴハンをかきこんで、ゴハン茶碗を受け取る。どうして断れないんだオレは!

もはや機械的にゴハンを食べるのみ。食事を残すことは自分の美学が許さない。もはや完全にグロッキーの状態で、ノロノロと箸を動かす自分だったが、山田さんの攻撃は容赦なかった。

ゴハン、お代わりー!!!

もう、勘弁してくださいよ! まるで”わんこソバ”ならぬ”わんこゴハン”状態。それでも涙目で茶碗を受け取った。

吐きそうな気分になりながら、4杯目のゴハンと天麩羅を食べ終えて店を出る。午後からは会議が待っているのだ。

しかし、会議中に腹が痛くなった私は、いかにも携帯に電話がかかってきたフリをして会議室を抜け出すと、しばらくトイレに篭っていた。

ところで山田さん、携帯の件ってまだ覚えてます? ほら、山田さんの携帯番号が変更になったからって、天麩羅屋で私が携帯を差し出して新しい番号を入力してもらったでしょ。まだ、あのときのことを覚えているなら忘れてほしいんですよね。

あのとき山田さんが、「これなんなの!?」って大声をだしたときは私もびっくりしましたよ。

いや確かにね、もともと山田さんのアドレスを登録してたのは私ですよ。でも、まさか自分が山田さんの氏名を、”山田デブオさん”で登録してるなんて思わないじゃないですか…っていうか、忘れてましたよ。しかも、それをご本人が目にすることになるなんて。

あれって失礼ですよね。でも、”デブオ”って登録してたことについてはいかがなものかと思いますけど、ちゃんと”さん”付けで登録してたのは偉いと思うんですよね。ほら、礼を尽くすべきところは尽くしているわけだから。

あのあと、心配になってアドレス帳を見直してみたら、”ハゲ島”って登録されてる人もいました。こういうのはよくないですよね。ちょっとだけ反省してます。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク