会議室予約とイジメとセクハラ?

いつものように会社で会議室の予約をしようとした私は、画面に表示されている会議室の予約内容を見て仰天した。

そこには複数の会議室の予約状況が表示されているのだけれど、そのうちのひとつの会議室には、次のような予定が書き込まれていたのである。

吉田剃毛打ち合わせ

剃毛(ていもう)”…って、け…毛を剃ることだよね? 下の毛を剃るエロ趣味の人もいると聞くけれど、百歩譲っても頭の毛を剃るってことでしょ。

確かに吉田さんの頭は、申し訳なさそうに髪の毛が貼り付いている感じだ。どうせならツルツルに剃ってしまった方がいいんじゃないのって思わないでもない。

でも、吉田さんの剃毛について、会社の会議室で皆で打ち合わせるなんてことがあるんだろうか? 吉田さんの頭髪の形がセクハラとして部内で問題にでもなっているのか…。

もちろん漢字変換ミスって可能性もあるけど、”テイモウ”なんて読みの単語なんか他にないよ!!

もしかしてこれは社内イジメなのか? 吉田さん、イジメられてるのか? 気になる…こうなったら、とりあえず本人に確認だ!!

私は内線電話に手を伸ばしかけたが、そこで止まった。

だって、なんて言えばいいんだろう? 明るい感じで「吉田さん、頭を剃るんですかぁ?」っていう言い方が無難なのかな。

でも、本人が知らないところでハゲをネタにしたイジメにあってるとしたら、逆にそれがイジメになっちゃうかもしれないし…。

あっ、そうだ! うちのチームに吉田さんと仲がいい女性部下がいた! 彼女に電話してもらおうっと!! 私はさっそく声をかけた。

「ねぇ、ちょっとこれ見てよ。この会議室予約。吉田さんが大変なことになってるんだよ!」

「なんですか?」

「いいからさ、これ見てよ」

彼女がモニターを覗き込む。

ぎゃっ! これは…

「ヤバイでしょ? 思いっきりヤバイよね? ちょっと吉田さんに電話して状況を確認してくれない? ときどき飲み会に声がかかるんでしょ」

「わかりました…っていうか、これ…吉田さんが予約したんじゃないですよ」

「えっ? じゃ、誰かの社内イジメかな」

「でも、予約しているのは吉田さんと関係ない部門の女性ですけど。山本さんっていう方。ここをクリックしたら確認できるんだから、静炉厳さんもちゃんと見てくださいよ」

「あれっ…ほんとだ。じゃ、山本さんに電話してよ」

「イヤですよ。話したことないもの。自分でしてください」

「えぇっ、オレがするの? オレだって、あまり話したことないんだけど…」

「上司なんだから、静炉厳さんが電話してくださいよ」

上司だから電話しろって…ふつーは部下がするもんじゃないの?

そんな疑問が頭をかすめながらも、なぜか追い詰められたように山本さんの内線番号を回す自分。

広くもない社内だから、彼女とも一応の面識ぐらいはある。20代後半の事務職の女性だ。

「はい、○○部 山本です」

「もしもし、静炉厳ですけど。…あの、剃毛のことなんだけど

「はっ?」

「ほら、毛を剃るやつ…」

「……」

しまった!! いきなりセクハラ全開のオヤジになってる! 山本さんの沈黙が痛い…。

「いや、あの…あの…山本さんが剃毛を予約したことで確認したいんだけど…」

はぁ? …なんなんですか!?

山本さんの声には思いっきり怒りと不愉快な感情がこもっている。ち…違う! これはセクハラ電話じゃないから!

「あの…あの、だから山本さんが会議室を予約してるでしょ? 吉田さんの…その…あの、えー、剃毛の打ち合わせ…」

「会議室の予約はしてますけど、”吉田刷毛(ハケ)”っていう会社との打ち合わせです!」

「えっ? 刷毛(ハケ)? ”吉田刷毛”っていう会社があるの?」

「そうですけど…」

「あのさ。それ…思いっきり漢字を間違えてると思うよ。確認してみて」

「…あぁっーーーーーーー!!

こうして、私は自分の身に降りかかったセクハラの疑いを晴らすことができたのでございます…じゃねーよ! ”剃毛”の謎は解けた!!

それにしても、最初に吉田氏に電話しなくてホントによかったよ。余計なとこで恨みを買うとこだったじゃん。

ホッとして振り返ると、そこには”吉田剃毛打ち合わせ”と表示された画面のハードコピーを手に、ゲラゲラと笑い続ける女性部下の姿があった。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク