メールの締め言葉ってなんなのさ?

調べもののために過去メールの検索をしていたら、なんだかヘンなメールがある。

いや、内容は別にふつうなんだよ。オレが以前にサイト宛てにもらったメールの返信なんだけどね。メールの末尾がヘンなの。例えばこんな感じ。

では、どうぞ今後ともよろしくお願いしまーす。

ちくわ

ちくわ”?? なにこれ? メールボックスに”ちくわ”で検索をかけると、2000年頃のメールの末尾はだいたいこんな感じになってる。

でもって記憶を辿ってなんとなく思い出しだんだけど、この当時はなぜだか”かしこ”が気になってた時期だった。

かしこ”ってのは辞書的に言えば、”女性が手紙の終わりに添えるあいさつの語”ってことになる。「これで失礼します」を意味する言葉だ。

実際には物語のなかでしか使ってるのをみたことがないけど、現代的には”かしこ”っていうこの3文字って殆どのヒトにとっては意味がわからない言葉で、ただ手紙の最後に置いてあるだけの言葉ってことになるわけじゃん。

だったらオレだって、意味なく3文字言葉をメールの末尾に添えてもいいんじゃないかと思ったんだよね。そんで、”ちくわ”をメールの締め言葉にしてたの。

しかし、今になって読み返してみるとさっぱり意図がわからない。

当時、オレからそんなメールをもらったヒトたちはきっと戸惑っただろうなと思う。いまさらだけど、すみませんでした。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク