”はじめてのおつかい”…大人になったら

はじめてのおつかい”なる番組がある。

”ちいさな子供が親から離れてはじめてお使いに行く様子”を隠しカメラで撮る…というあざとい番組で、オレはこういうのが好きじゃないの。

でも、バリエーションとして大人バージョンを作ったら面白いかもと思った。タイトルは”はじめてのはんざい

まずはスタッフが酒場でお金に困っている気の弱そうな男を見つくろって、”泥棒”することを焚きつける。

困っている人をほっておけないんだよね」、「誰でもできる簡単な仕事だよ」、「盗んだお金には税金がかからないし」、「知り合いのプロからアドバイスもらってあげようか」ってなことを言ってその気にさせるわけさ。唐草模様の風呂敷とかもプレゼントして。

で、別のスタッフがバレないように、そいつが行動を起こすところを自宅から隠し撮りで追いかける。

まずは、そいつがおどおどと下見をするところからだ。犬に吠えられて腰を抜かしたり、風で飛んできた洗濯物(ブラジャー)が頭にのったとたんに「どろぼー!」って通行人に叫ばれて逃げ出したりとか、視聴者が感情移入できるような仕込みも用意しておく。

そいつが下見の様子から侵入する家の目星がついたら、スタッフは複数の望遠カメラでターゲットとなる家を補足しておく。

住人には事前に”泥棒が来る”ことを伝え、「泥棒が盗りやすいように、この封筒をタンスの上に置いておいてね」とカネで協力を依頼する。

封筒の表には、でっかい字で”現金(げんきん)”とふりがな付で書いてあるという新設設計だ。

…その夜にそいつが登場。

鍵のかかってないベランダからオドオドと侵入して、タンスの上から封筒をとって出てきたところを一斉にスポットライト。犯人が驚いてあたりを見回すとパトカーがズラリ。

ションボリとパトカーで連行される犯人。でも、その先は警察ではなく、そいつの自宅。だってパトカーはテレビ局の撮影用なんだもの。

犯人が後部座席でキョトンとしていると、運転していた警官が振り向いて、右手に”どっきりカメラ”と書いた看板を掲げる。

どう? これはね、”はじめてのおつかい”+”どっきりカメラ”なの。でも、これで終わりじゃない。

犯人は盗んだ現金入りの封筒を謝礼としてもらうんだけど、入ってるのは撮影用のニセ札

それに気づかずに使ったところを、今度は本当に逮捕されちゃうという二段オチ。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク