オレに聞かないでおくれよ

なぜか社内報の取材を受けることになってしまった。

そりゃね、オレが所属する部門はいろいろなコトをしてますよ。でもオレは大したコトしてないし。

部下と一緒に呼び出された時間に会議室に入ると、広報Gの何人かのスタッフがカメラとマイクを準備してスタンバイしている。

挨拶と着席が済むとさっそく質問がとんできた。

スタッフ「なぜ当社では今、”新たなワークスタイル”を進めることにしたんですか?」

こういう質問に答えるのって、何を言ってもウソくさく思えちゃうんだよね。そういうのは偉いヒトに聞いてほしい。

しょうがないから思いつくままにテキトーな例え話をしてみる。

静 炉巌「今ね、コロナ渦でしょ。例えるならコロナってのは大きな波なわけ。一時的な大波。砂浜に立っているときに大きな波がくるところを想像してくださいよ。波が腰の上まで来ちゃうわけ。

で、波ってのは押し寄せるときの力も強いけど、引くときの力も強いからね。油断していると海パンとか持っていかれちゃう。気づくと砂浜にフルチンで立ってることになるんだよ。フルチンだよ。まったくの無防備。ブラブラ。

だからこそ波が来ているなかで、海パンの紐をグッと引き締めるわけさ。さらに頑張って水面下で新しい海パンに履き替えておく。
波が引いたときにはピカピカの海パンでビーチに立ってるようにするの。それが今、”新たなワークスタイル”を進める意味なんだよね。わかるでしょ?」

スタッフ「すみません。よくわからないです

部下「静 炉巌さん。なにいってるのか全然わかんないし、セクハラはいってますよ

静 炉巌「えっ!? フルチンってセクハラなの?」

部下「また言った! 気をつけてください!」

会議室の微妙な空気。ムズかしいよ!もう!

それにしても社内報の取材に答えてセクハラ警告を受けるとは…。

オレは「お前ら! ホントのセクハラってのはこういうもんだ!」と叫んでフルチンになりたい気持ちをグっと堪えた。…これはウソですけども。

最後に写真撮影が行われる。こういうのも苦手なんだよね。

「静 炉巌さん。じゃあ、次はこんな風にガッツポーズをお願いします」

「ごめん。ガッツポーズは勘弁して。だってガッツないんだよ」

「…わかりました。じゃ、自然体で。背筋をのばしましょう」

「自然体だと猫背だけど…。あっ、ごめん。やります」

「はい。ありがとうございました。いい写真を選んでおきますね」

「できたら一番、情けない写真を使って。ハキハキしたのは部下の写真でいいから」

「えっ?」

「でも、できたら足を長くするとか、お腹を引っ込めるとかの修正はしてほしいんだけど」

「それはできません!」

こうして取材は終わった。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク