[更新情報] ヘンテコなアパートのトイレ

8月も半ばを過ぎたけど、この夏は異様に蒸し暑い。

これで部屋にクーラーがなかったら死ぬよなと思ってたら、学生時代に下北沢でアパートを借りていた頃のことを思い出した。

クーラーなんてついていない安い部屋である。

当時、自炊生活にも飽きて、もっぱら外食を繰り返していた私は、部屋においてある冷蔵庫が無駄に思えて仕方がなかった。だって冷蔵庫の中には、いつもジュースぐらいしか入っていなかったのだから。

そんな夏のある日、私は突然、冷蔵庫を”翌日に着る衣服の控え室”にすることを思いついた。それなら暑い夏も涼しくスタートできる。

思いついたら即実行だ。私は冷蔵庫の上の段に下着とTシャツ、ジーパン。下の段には新聞紙を敷いてスニーカーを置いた。

翌朝、全身冷え冷えマンとなった私は、凶暴なまでの涼しさが気に入って、この試みがしばらく癖になっていた。

その当時、私のアパートを訪れた友人達は、飲み物をとろうと冷蔵庫を開けると、靴だの服だのが入っているのをみて、ギョッとしていたものである。

で、そんなことよりも当時住んでいたアパートは、とても奇妙な構造をしていた。

…というわけで、当時のアパートのことを書いてみました。

から元気の素ヘンテコなアパートのトイレ を追加しました

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク