”なつみかんvs藤岡藤巻”のレコーディング

藤岡藤巻が、ゆるゆると活動を再開したことは先日書いたけれど、8月1日(水)に久しぶりに自由が丘のスタジオに入った。

いつもならグダグダになる進行も、今回は”ドリームキャストの後藤喜男キャンペーン”や”ねるとん紅鯨団”の制作をしていた後藤喜男さんが、ヒマだからと藤岡藤巻のスタッフとしてプロの調整をしてくれてるからスムーズだ。

今回のスタジオ入りは、” 藤岡藤巻 第3のコラボ相手は君だ!オーディション!- SHOWROOM(ショールーム)』という企画で選ばれた”なつみかん”こと東菜摘ちゃんとのレコーディングである。

みかん1彼女は、”元気の押し売り”をキャッチフレーズとする明るい大学生だ。

藤岡藤巻は、これまで『崖の上のポニョ』以外はセルフプロデュースだったので、久々の企画モノとなる。

レコーディング曲『み~んな星になあれ』は、22歳の作詞家 児玉雨子氏と藤岡藤巻の藤岡さんのコラボによる新曲。

元気に夢を語る女性と、嬉しそうに説教を垂れるオヤジ”をテーマにしたポップな歌で、菜摘ちゃんにとっては初のレコーディング体験である。

でもね、彼女の歌を聞いたときは驚いた。僕は歌入れのプレイバックを皆で聴いてるときにスタジオに着いたんだけど、なんか音が外れてるのよ。

だけど、やっぱり気持ちを盛り上げてあげなくちゃと思って、「上手だね」って言ったら横から、藤岡藤巻も児玉さんも「ホントにそう思います?!」ってスゴイ勢いで突っ込んでくるの。

藤巻「何言ってんの! オレもヘタだけど、ここまでの音痴はなかなかいないよ

藤岡「音痴なんて言ったら、全国の音痴の人が怒るよ!

児玉「最初はもっと凄かったんですよ。第一声を聴いたとき、今日はもう帰れないなと覚悟しました。それなのに自分で『上手い!』って言うし」

後藤「音程もリズムもズレてるから、歩きながら歌ったらリズムは合うんじゃないかと思ったよ」

スゴイ言われようだ。これらの言葉は菜摘ちゃんの歌声を初めて聴いたときの衝撃を物語っている。まるで円盤にさらわれたかのような衝撃体験。

もちろん、こんなことを言い合えるのは、いい関係が築けているからで、肝心の菜摘ちゃんはといえば、それらの言葉にメゲる様子もなくケラケラと笑っている。

ホントに明るくて楽しいキャラターで、彼女が藤岡藤巻とのコラボ相手でよかった。だって藤岡藤巻を引っ張ってほしいもの。

だいたい歌なんて上手さじゃないからね。声質や空気感みたいなものをひっくるめて歌の魅力がある。

それにしても、レコーディング技術の進歩は凄まじい。最初は、これを世に出していいのかしらんと思ってたボーカルが、みるみる修正されていって最終的にはすごくいい感じになっている。

藤巻さんなんて、「これだったら、”あ”から”ん”までの声を録音しておけば、歌わなくても編集できるんじゃないの」なんて言ってる。でも藤巻さんさ、いつもだったら似たようなことを自分が言われてるじゃん。

カラオケは藤岡さんが、ノリのいい90年代ぐらいの懐かしい曲調に仕上げた。

藤岡「ちょっとダサくないかな?」

児玉「すごくいいですよ。最近は90年代が復活してるんですけど、若いアーティストはこういう自然にダサい感じが出せなくて、すぐカッコよくなっちゃうんですよね」

藤岡「そうかな…」

児玉「ホントですって! ちょっとズレてる感じを出すのはすごく難しいんですよ」

藤岡「…」

真面目に褒められてるのはわかるけど、複雑な気持ちの藤岡さんであった。

菜摘ちゃんと藤岡藤巻のユニット名は、”なつみかん vs 藤岡藤巻”。withじゃなくてVS(ヴァーサス)ね。

そんなわけで、”なつみかん vs 藤岡藤巻”の『み~んな星になあれ』は、8/15からネットで配信予定。

カラオケでオヤジが若い娘と歌うのに使えます!  つーか、若い子と歌うシチュエーション自体がそもそもオヤジにはないんですけど。

*

2018/8/15追記

本日、ショウルームで”なつみかん vs 藤岡藤巻”の『み~んな星になあれ』の初披露をしたのだけれど、猛烈に練習をしたらしく、割と普通に歌えるようになっていたので拍子抜けしました。

IMG_9126

カテゴリー: 09.藤岡藤巻 パーマリンク