映画館でアフレコ体験

アフレコというのはアフター・レコーディングの略。映画やドラマ等で撮影後の無声フィルムに役者の台詞を後から入れる事である。

銀座に友達と映画を観に行ったときのことだ。上映前なので映画館内はまだ明るい。

席に着くと、何列か前で一人の男性が恐縮した様子で「すみません。財布を落としちゃったみたいで…」と言いながら、列の端から端まで、座席の下を覗き込んでいるのが目に入った。

きっとひとつ前の回の映画を観た方が、財布がないのに気づいて戻ってきたのだろう。座席の場所がうろ覚えだから、列を順番にみているに違いない。

とても焦っている様子が伝わってくる。それはそうだろう。だって既に座っているお客の中にはスカートをはいている女性だっているのだ。

座席の下を覗き込むということは、否応なくスカートの中ものぞき込めてしまうわけで、当然のことながら、女性達は眉間にシワを寄せてイヤそうに立ち上がる。

これは、かなりツライ状況である。もしかしたら、その男性は初デートの最中かもしれなくて、ようやく誘い出した同僚の女性をロビーに待たせたまま、必至の捜索を続けているのかもしれないのだ。

ここで財布が見つからなかったら、ダメ男の烙印を押されてしまう。だが、なかなか財布は見つからないらしく、その男性は一列づつこちらに近づいてくる。私は隣席の友達に話しかけた。

「かわいそうだよね。まさか、ここにはないよな。ちょっと下見てみ」

「…ないよ」

「でもさぁ。あの人の探す姿を見てると、なんか******みたいだね」

「えぇ? 何みたいって? 聞こえなーい?」

話をしている間に場内の明かりは薄暗くなって、スクリーンには本編上映前のコマーシャルが流れはじめたから、会話の声も大きくなってくる。

「だから、******みたいだねって!」

「えぇ? なに?」

男性は、私達の席の一列前に到達していた。額に汗が浮かんでいるのがわかる。場内が暗くなりはじめては、もう時間切れだろう。

「だぁ、かぁ、らぁ…」

男性が、すまなそうに前の席に女性に声をかけようとしている。ちょうどそのタイミングでスクリーンの音声が途切れたため、私の声が場内に響いた。

『あなたのパンツみせてくれませんか!』って…言ってる…みた…いだ…ね…」

そのセリフは、男性のポーズに完全にシンクロしていた。私は意識せずに男性のセリフをアフレコしてしまったのだ。一瞬、男性の動きが止まった。

次の瞬間、周辺3列ぐらいの席から爆笑が巻き起こった。

男性はキッとした目で私を睨むと、笑い声の中を駆け足で退散してしまった。

…財布を捜してた人、ごめんなさい。

でも私は、思わぬところで声優の真似事ができて、ちょっぴりだけ嬉しかった。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク