安全保障関連法案が「戦争法案」なんだってさ

安倍政権が打ち出した安全保障関連法案に「戦争法案」とレッテルを貼ってマスコミやサヨクがやかましい。反対意見の大合唱だけど合唱してるのは中韓絡みのトコばかり。

まるで民主党を与党にしたときの騒ぎにそっくりだ。当時も民主党の危険性はネットではよく知られていたけれど、マスコミやサヨクに煽られて騙される人が多かった。いい加減、彼らの手口を学んでほしいと思う。

そして様々な映像作家や俳優が自身の思想がクソだということを隠さなくなってしまった。彼らのロジックに従うなら彼ら自身が作ってきた物語は否定されることになってしまう。ふつーに中国の現実的な脅威を考えればいいだけのことなのに。

また「映画人九条の会」というこれまたイカれた会には446人もの賛同者がいるという。彼らは「民主主義を否定する現政権」とアジっているけれど、現政権は民主主義の手続きを逸脱したことはない。そりゃ邦画がダメになるわけだ。彼らがやっていることこそが民主主義の否定なのだから。

そして彼らは、現実に侵略行為を行っている中国,韓国に対して抗議することは絶対にない。つまり全力で侵略を呼び込んでいるっていうことになるんだよ。沖縄の状況のように。この国を売るのはやめていただきたい。

2015/7/16(木)


カテゴリー: 02.この水飴を舐めてはいけないよ パーマリンク