仏の顔は何度まで?

総務部の佐藤さんが、書類の手続きについて質問にやってきた。彼女は昨年度に入社した事務の女性である。

「佐藤さんさ、先週も同じこと聞きに来なかったっけ?」

「すみません。だって忘れちゃうんですよ」

「いい? 人間というのはね、6回聞いて、ようやく6割を理解すると一般に言われています」

「そうなんですか?」

「そうなんです。この前の研修会で講師が言ってたからね。でも、それはウソ!!」

「…は?」

「だって、6回もノンキに聞いてる時点でおかしいよ。そう思わない?」

「でも、”仏の顔も三度”っていうから、三度まではいいですよね?」

「オレが仏様だったらダメです」

「2回とか?」

「相手によりますね」

「相手ですか?」

「だってさ、例えば耳が遠い人とかだったら丁寧に10回ぐらい説明したっていいでしょ?」

「はぁ…」

「でも、あんまし繰り返されると”いい加減にしろよ”って、ポコンと叩きたくなるよね。」

「じゃあ、ごくフツーの人だったら質問は2度までなんですか? それって厳しくないですか?」

「それは厳しい仏さまの場合ね。あんまし気にしないタイプの仏さまだったら何回でも許すんじゃないかなぁ。聞き手が可愛い娘だったら贔屓とかもするだろうしさ。仏さまだって人間なんだし。」

仏様は仏様です。それになんでいろんな仏さまがいるんですか?」

「だって人間は死ぬと仏様になるんでしょ? ということは、仏様はそこらへんにたくさんいるわけだよ。」

「仏陀は一人でしょ?」

「仏陀だって、元は人間だもん。あの人は悟りを開いて仏に変身しただけだからさ。ちなみに変身に失敗したのがお地蔵さまだよ

「お地蔵さまは失敗したわけじゃないです。」

「そうなの? 石になっちゃったのに?」

「別に自分から石になったわけじゃないですから」

「ふーん。じゃ、自分から石になるのは何だかわかる?

「えぇっ? うーん、無縁仏じゃないですよね?」

正解は、…子泣きジジイ!

それ、妖怪だから!!


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク