Nくんへの手紙~若松を告発します

Nくん、結婚おめでとう。僕は教会の式で、Nくんと花嫁さんが神父の説教を聞く姿に感動していたよ。

式が終わって二人が教会の出口へと向かう時、新婦のベールを後から持って歩いていた子供が、カメラを向けられて急に立ち止まったせいで、新婦がおもいっきりエビぞって後に転びそうになってたけど、新婦のクビは大丈夫でしたか?

Nくんに頼まれた二次会も、なんとか盛り上げることができてホっとしています。ところで、その二次会で配った二人の紹介パンフレットのことです。

Nくん、聞いてください。あの新郎新婦のイラストにまつわる話を。あいつは…若松は、本当にひどいやつです。

それは結婚式の2週間前のことでした。2次会の企画を考えるために、若松が私の家にやってきました。

私たちは、まずは2次会で参加者に配るパンフレットを作ることにしました。

Nくんと奥様の特技や好きな食べ物なんかを書いて、出席者の皆さんにお二人を紹介するためのパンフレットです。まぁ、2次会の定番ですよね。

私と若松は、以前に別の友人のために作ったパンフレットを元にして、Nくんたちのパンフレットを作ることにしました。

「使いまわしかよ!」と思うかもしれませんが、以前のモノは”練習用”で、今回のが”本番用”ということでどうでしょうか。

元になったパンフレットは、中央に2人のプロフィールが書かれ、両脇にはそれぞれ二人のイラストが描かれていました。イラストは別の友人に描いてもらったものです。

その友人はNくんとは面識がないので、私たちは今回のイラストをどうするか考えました。このとき私は、少し嫌な予感がしたことを覚えています。

案の定、若松は「オレが描くよ」と言い出しました。そして、さらさらと鉛筆で奥さんの似顔絵を描きはじめたのです。

しばらくすると、「できたー!」と彼は叫びました。確かに若松は一生懸命に描いていました。それは間違いありません。でも、私はその奥さんの絵をみて、一瞬、息がとまったことを覚えています。

それはこんな絵でした。

hase3

若松は満足そうに絵を眺めながら、「奥さんの髪の毛はもうすこし長かったかな」などと言っています。

しかし、髪の長さの問題でしょうか? このような絵が描かれたパンフレットを二次会で配ってもよいのでしょうか?

いや、ご本人を目にできる出席者はいいかもしれません。しかし、この絵が出席できなかった友人達の間に広まったら、「これがNくんの奥さんだよ」ということになってしまいます。これは…この絵の人は、文明人ではありません。

私は若松を傷つけないように、できるだけ穏便に「イラストはやめた方がいいんじゃないかな。写真はないの?」と聞いてみました。

すると若松は、「Nくんはともかくさ。奥さんの写真がないんだよね。そうだ! 雑誌からテキトーに似ている写真を切り取って修整して使おうよ!」と言い出したのです。

写真の修整…若松は、いつの間にそんな高等技術を身につけたのでしょうか?

エロサイトばかりを見ている若松が、そんな台詞を口にしたことに私は驚きました。しかし写真の修整なら、若松のイラストよりはマシなはずです。

私は、手近にあったヨコハマ・ウォーカー(Yokohama Walker)を手にとって、表紙に写っていた女性を指さしました。

「若松さ、この写真を元にしたらどうかな?」

「全然、似てないよ。ちょっと、その本をオレに貸してよ」

若松は雑誌を手にするとペラペラとページをめくっていき、やがてその手があるページで止まりました。

それは、”伊豆・箱根 温泉宿紹介”の特集ページでした。

ページにはさまざまな温泉宿の紹介記事と共に、それらの宿の女主人の写真が掲載されています。

「あっ、これこれ!」

若松は、一人の女主人の写真を指さしました。

「この写真を取り込んでよ。加工するから」

私は若松が選んだ写真をスキャナで取り込み、画像ソフトに読み込みました。

「静 炉巌さー、オレの言うとおりに加工してよ」

「えっ? オレがやるの? そんなのやったことないよ」

「いいから、いいから」

若松はアバウトに進める割には、私の脇でああだこうだと細かく注文をつけてきます。

「もうちょっと目が大きいよ。それから歯がちゃんと見えてる方がいいな」

私は慣れないソフトをいじりながら、彼の意見をできるだけ忠実にとりいれました。何しろ私はまだ奥さんに会っていませんが、若松はもう何度も奥さんと顔合わせをしているので、彼の言葉を信じるしかないのです。

そして、ようやく写真ができあがりました。

でも、私は完成した写真をみて、一瞬、息がとまったことを覚えています。それはこんな写真でした。

hase2

若松は完成写真を見て、ゲラゲラと手を叩いて喜んでいます。私もつられて笑ってしまい、腹筋がちぎれそうになりました。

彼は「口元はもうすこし小さかったかな」などと言っています。

しかし、口元の大きさの問題でしょうか? このような絵が描かれたパンフレットを二次会で配ってもよいのでしょうか?

いや、ご本人を目にできる出席者はいいかもしれません。しかし、この絵が出席できなかった友人達の間に広まったら、「これがNくんの奥さんだよ」ということになってしまいます。これは…この絵の人は、人間ではありません。

私は途方にくれました。こんな写真をパンフレットに載せたら、Nくんとの友情が壊れてしまうと思ったからです。

私は若松を説得することにしました。

「できあいのフリーのイラスト集があるからさ。そこから選ぼうよ。加工した写真は奥さんに似てるかもしれないけど、似てればいいってもんじゃないだろ?」

しかし、抵抗するかと思った若松は大笑いして満足したのか、素直に同意したのです。

私はフリーのイラスト集から、かわいい絵柄を選びました。それがパンフレットに載っていたこのイラストです。

hase3

Nくん、ごめんね。むしろ、こっちのイラストの方が全然似てなかったですね。

ところでこの記事はNくんへのメールだけれど、Nくんがこのサイトをみていないことを心から願っています。

home1