春の事件簿

春先ともなれば、いろいろな事件が起こるものだ。

朝、出社すると問題発生の連絡があった。

会社が入っているテナントビルのエレベータ内で暴れている男がおり、乗り合わせた他の会社の社員から、「このヤローと叫びながら壁を叩いて、怖かった」とビル警備に連絡がいったらしい。

男が降りたフロアが自分の会社が入っている階だったので、総務がタレコミ情報の特徴に合致する社員を探したらオレのチームのメンバーだった。

普段は明るいヤツなのになと思いながら、警備から届いた防犯映像をチェックする。

誰だよ、コイツ! 全然、知らないヤツじゃん!

それにしても本人の知らないところで、「まさかアイツがねぇ」と犯人扱いされていた彼が不憫でならない。

午後は、また別のチームからトラブルの報告が入る。

仕事に起因する理由で、女性メンバーがメンタル的にヤバい状況にあるらしい。

オレに報告にきたチームリーダーは言う。

「どうしたらいいかわからないっていう相談がメンバーのところにあったんですよ。思いつめた感じらしくて。自分はこのままだと間違いなく彼女は潰れると思います。確かに以前に比べると目が死んでるなって自分も思ってました」

これはマズイと本人を呼び出して話を聞く。

「いろいろと悩んでるみたいなことを耳にしたんだけど、頑張りすぎなくていいんだよ」

「えっ? どうしたんですか?」

「いや、仕事で困ってるみたいって話をちょっと聞いたもんだからさ」

「困ってないですけど。仕事のやり方を変えたら効率的かなって話はメンバーの人にしましたけど」

「えぇっと、あの…そうなの? ホントのこと言ってね」

「ホントです」

「だけど目が死んでるって…」

「えっ! わたし、目が死んでるって思われてるんですか!?」

「いや、生きてる生きてます。ぜんぜん死んでないよ!」

「わたし、死んだ目って言われてたんだ」

「言われてない。そんなことないから、ぜんぜんないよ、イキイキした感じ。むしろ今、目力(めじから)とか凄いし

「なんだかショックです」

「いや、その…ですよねぇ」

「会議室に呼び出されて、死んだ目の女って」

「いや、あの、いい意味で。あっ、死んだ目って言ってなかったかも。えっと、シンデレラみたいなって言ってたかな。ちょっと聞き違いでした。ごめんなさい」

「…」

なに、このシチュエーション! ふつー、こういう流れになるもんなの? なんかパワハラの人みたいになってるし。

まぁ、元気でよかったんだけどさ。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク