職場でメールを褒めてみたら

職場で目の前に座っている若者のAくんに話かけた。

「さっき、Aくんが全社員に一斉送信したメール、あのメールの文面は素晴らしいよね!」

「えっ? ・・・あの・・・いや・・・」

戸惑って挙動不審になるAくん。隣席のBくんが、見かねて声をかける。

「どうしたの? 褒められたんだから、素直にありがとうございますって言えばいいのに」

「でも、あのメールは静炉厳さんが書いたもので、僕は送っておいてって言われただけなんです・・・」

「えっ?」

Bくんが怪訝そうにこっちを向く。

「静炉厳さん、自分が書いたメールのことを褒めてたんですか?」

「そうだよ。だって、いい文面だったから」

「それはヘンですよ」

「ヘンじゃないよ。だって、イイものはイイし、上司だってたまには褒められたいじゃん。そりゃ、きみたちはいいよ。オレがときどき褒めてるからさ。まぁ、機嫌をとってるときもあるんだけどね。でも、オレなんか上からいろいろ言われて、家でも怒られてんだよ。きみたちだって褒めてくれないじゃん」

「家のことは・・・。でも、上司のことはふつーは褒めないですよ」

「オヤジだって、褒められたいんだよ。これからは遠慮しないでくれよ」

ひとつ向こうの列に座っているお局的な女性部下が、薄目でこっちを睨んだ。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク