渋滞の原因ってのは?

人や車に限らず、渋滞の先頭ってのは一体どうなってるんだろう?という疑問が沸くことがときどきあるけれど、先週、その答えの一端を目撃することができた。

場所は平塚と茅ヶ崎を結ぶ国道134号にかかっている”新湘南大橋”という橋の上。ここは片側2車線の道路が橋の部分で1車線になるので、休日はいつも大渋滞になる場所だ。

平塚側から橋を渡っていたら、対向車線に車が1台も走っていないことに気づいた。いつもならこちら側の車線は空いているけれど、対向車線側は混んでいる時間帯である。

珍しいこともあるもんだなぁと思っていたら、橋の中央あたりで対向車線にワゴン車が1台止まっているのが見えた。その後ろには車の列がずっと続いている。

「故障でもしたのかな?」と、傍らを通り過ぎる際にそのワゴンをのぞいてみると…

パンチパーマの運転手、爆睡中!(ヨダレつき)

助手席で奥さんも爆睡中!(白目むき出し)

後ろの席では2人の子供が怪獣の人形を手にハシャぎ中!

これって居眠り大渋滞じゃん! きっと運転手は渋滞で止まっているうちに眠ってしまったに違いない。

ワゴンの後ろには小型車が続いていたから、まさかワゴン車の前がガラ空きだとは思わずに大人しく並んでいるのだろう。渋滞の列は、1ミリだって進むことなく、果てしなく果てしなく続いていた…。

こういうのを目撃すると、これまでイライラしながら並んでいた渋滞の何割かは、同じような原因のように思えてくる。

渋滞は車だけに限らないわけで、例えば飲食店の前に列ができているなんてのもよく目にする光景だ。

これなんか、列の先頭でデブが立ち寝してるせいで進まないとかさ。ほら、デブっていうのは食べることと寝ることが仕事なわけだから。仕事熱心なデブほどよく食べてよく眠るからね。

お盆の墓参りで、お墓の途中の道に列ができてるときなんかも怪しい。「なかなか進まないなぁ」と思ってたら、先頭で爺ちゃんとかが立ち死にしてたり…。

しかも猛暑なんかで、その爺ちゃんの後ろに並んでいる爺ちゃん達も、待っている間にどんどん息を引きとっていっちゃってさ。知らないうちに立ち死に連鎖が起こってる。

そんで、あんまり進まないものだから先をのぞこうとしたら、前の爺ちゃんに手が当たっちゃってね。その拍子に立ち死に爺ちゃん達がバタバタとドミノ倒しみたいに前に倒れていって、最後にお墓まで倒れたりとか。

そんなことを、銀行のATMの長い列に並びながら考えてました。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい パーマリンク