サラリーマンの副業を考えるの巻

出先で仕事の関係者と飲みにいくことになったから、たまに立ち寄る居酒屋に電話を入れた。予約がとれたので、3人のメンバーを連れてテクテクとしばらく歩くと店が見えてきた。

「ほら、あそこの店だよ」

「えっ? どこですか?」

「そこだよ。あの赤い店」

あれ…店なんですか!? 廃屋かと思った。看板も提灯もないですけど

「いいからいいから」

怪しげな佇まいの店。引き戸をガラリと開ければ、すすけた壁、使い込まれた木製カウンター、安っぽいテーブルと細長い店内には本物の昭和の香りが漂っている。

一番奥のテーブルに腰をおろすと、若者が店内を見回しながら言う。

「なんだかすごい店ですね」

「オレのお気に入りの店だから。おでんと玉子焼きがおいしいよ。で、最初に言っておかなきゃいけないんだけど、このテーブルとそこのテーブルに座った場合は注意を守ってほしいんだよね」

「えっ?」

「簡単なことだから。地震があったら、すぐにこの線からこっちに移動して! ほら壁と床がこの場所だけ違うでしょ。この部分はね、たぶん違法建築だから。店を広くしようと思ってあとから付け足してるんだよね。ほら床がここだけ少し傾いてるでしょ?」

「ホントだ」

「でね、ちょうどこの床の下だけ川に突き出た形になってるんだよ。だから地震がくると、この建物のところだけちぎれて川にポチャンって落ちちゃうわけ。テーブルの下に隠れるとテーブルごとボチャンぐずぐずしてると溺れ死ぬから

「また~」

「別に冗談じゃないよ。後の窓から外を見てみなよ」

振り返って窓の下をのぞく若者。

「…すみません。ホントでした。まさか地震で溺れる危険があるとは」

「サラリーマンもさ、これから副業も認められるんでしょ。うちの会社も早くそうなってほしいよね」

「静 炉巌さんは、なにかやりたいこととかあるんですか?」

「あるよ。昼休みになったら画版みたいなのを首から下げて、そこにお菓子を載せて社内を回って売るんだよコンビニで買ったガムとかキャラメルをバラ売りするわけ。コンビニじゃバラで買えないじゃん。で、1個20円とかにして差額を儲けるの

「小銭稼ぎじゃないですか!」

最初だからね。で、次はホテルのボーイみたいに肘にこんな風にタオルをかけてさ、ちょっと気取ってトイレの手洗いの前に勝手に立ってるの。で、タオルを差し出して手を拭いた人からお金をもらうわけ

「それも小銭ですよ!」

「まぁまぁ、次の段階はいきなり凄いよ。AIを搭載したドローンを使った仕事だから」

「今度はいきなりAIドローンですか」

「うん。AIの画像認識でドローンが自販機を判定すると、シューって高度を下げて自販機の前に行くの。で、こんな感じの小さなマジックハンドがでてきてね。釣銭の取り口を探ってさ。取り忘れた小銭があったら集めてくる

「また小銭ですか…」

両替すれば同じでしょ。で、釣銭を確認したらさらに高度が下がるわけ。地面ギリギリまで下がったら、今度は小さな熊手みたいなのでてきて、自販機の下に落ちてる10円とかを集めるわけ

「もうちょっと大きく儲けるのはないんですか?」

「あるよ。帽子屋さん

「今度はちゃんとしてそうですね」

「うん。今までのは練習みたいなもんだからね、今度は高額商品。さっきの自販機で使ったAIドローンをまた使うの。ドローンのAIに顔認識のデータを学習させといて空に放すわけ。で、AIがコイツはカツラだと判断したら、ドローンはシューって高度を下げてマジックハンドでそいつのカツラを毟りとるそんで低空を捕まらない程度の速度で逃げるわけ

「なんか読めてきたような…」

「まぁまぁ。カツラを取られた人は焦って追いかけてくるじゃん。人に見られたくないからさ。でね、街角を曲がるといきなりドローンは上昇して手が届かなくなるわけ。途方にくれてふと目の前をみると、そこに帽子屋があるんだよ。これはもう買うしかないじゃん!

「やっぱりそうだった! それ犯罪だし。もっと役にたつことはないんですか?」

「どんなこと?」

「すぐ浮かばないけど、例えば勧誘電話を自動で断ってくれるとか。最近、自宅に勧誘の電話が多くて困ってるんですよ

「あぁ、それだったらいい方法があるよ。オレんちも昔はかかってきたけど、今は全然かかってこない」

「どうしたんですか?」

攻撃は最大の防除だからね。電話がかかってきたら、こっちから売りつけるんだよ。オレはちょうど目の前に会社のキャンペーンのチラシがあったから、それを売り込んだ。『お待ちしてたんですよ。まずは聞いてください』みたいな感じでさ」

「ホントですか?」

ホントだよ。ガチャ切りされたけど。1~2回やったら、かかってくるのが楽しみになったんだけど、どこからもかかってこなくなったな。勧誘用の名簿みたいなのに印でもつくんじゃないの?」

「…静 炉巌さんのところには、たぶんドクロマークがついてますよ。わはは」

ゲラゲラと笑いあって、いつの間にか時間が過ぎていく。

でも、ここで地震がこなくてよかった。だって、この時期の水は冷たいもの。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | サラリーマンの副業を考えるの巻 はコメントを受け付けていません。