ゴマスリ無双

1980年代の前半、今は亡き浅草東宝では週末のオールナイトで、当時はなかなか観ることのできない若大将シリーズ(加山雄三)や東宝特撮映画クレージー映画(植木等、クレージーキャッツなんかを上映していた。

当時は茗荷谷に住んでいたから深夜に車(その頃は路上駐車も大丈夫だった)で乗り付けて、「銀座の若大将」や「海底軍艦」、「妖星ゴラス」などを観たけれど、一番熱心に観ていたのがいわゆる”クレージー映画”と呼ばれるクレージキャッツ主演の”クレージーシリーズ”と植木等主演の”日本一シリーズ”だ。

満員には程遠く、宿代わりに眠る人もいる独特のくたびれた空気が漂う映画館で観るクレージー映画は、まるでタイムスリップしてその時代で観ているような気がしたものだ。

初期から中期にかけての植木等の凄まじく強烈なキャラクターには驚いたし、『ニッポン無責任野郎』はあまりにも面白かった。

で、ファンには不評らしいけれど、『日本一のゴマスリ男』は衝撃的だった。

これは”ゴマスリ”を武器に出世していくサラリーマンの物語なんだけど、「男はゴマすりなんてするもんじゃない」と思っていた自分には価値感がひっくり返されるような面白さがあった。

上司にコビるためじゃなくて、上司を利用するための形だけのゴマすりっていう発想がスゴい。

太鼓持ちなのに、平気で見捨てていくというドライさ。

確かに目的のための手段として捉えれば、”調整力”だろうが”ゴマすり”だろうが変わらない。

初めて会ったヒトがどんな人なのかを判断するために、とりあえず持ち上げてみて反応をみるってこともよくあることだし。

映画自体もストーリーだけではなく、突然に妙なミュージカルっぽく名曲「ゴマすり行進曲」が割り込んできて、植木等が歌い踊る場面があったりして楽しい。”明るさ=パワー”だからね。

それにしても”ゴマすり”ってのも実は極めればすごい可能性を秘めてるんじゃないかと思う。

相手のツボを突きまくる勘と話芸を駆使してさ。聞いてる方は催眠術にかかったかのように心地よくなって、その言葉を聞いているうちに快楽と感動で身体がブルブルと震えだして、あまりの心地よさにションベンを漏らしちゃう。

しかも麻薬のようにそれがクセになって、やがてゴマすりを懇願するようになるわけ。そうなると、ゴマをする側とすられる側の立場が逆転するね。

例えばね、社長がオレのところにコソコソっとやってくるわけ。そしたらオレは机の上に偉そうに足をドカっと乗せる。社長はちょっと下手に話かけてくるね。

「キミ、例のアレね。もう一回やってもらえないかな?」

「えぇー、社長、またやるの?」

「そう言わずに頼むよ」

「しょうがないな。まぁ、いいけどさ。じゃあ、今度の査定会議で部長にしてくれる?」

「わかったわかった。わかったから頼むよ」

「じゃ、こっちきてそこ座んなさいよ。ひとスリいっとくから。おシメした? いくよ…。しゃっちょう! ほんに今日もまた素晴らしいお召し物でございまして…」

社長、たまらずジョバー! みたいな。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | ゴマスリ無双 はコメントを受け付けていません。

夢とコンビーフ

週末のこと、風邪薬を飲んだら眠くなったので昼寝をした。

そこで見た夢は、”オレが楽しみにとっていたノザキのコンビーフ缶4個を、ヨメを訪ねてきた友だちに、ヨメがその場で全て出してしまう”というもの。

そして”後からそれを知ったオレは『こんな家に住んでられるか!』と激怒して家を出ていく”…というところで目が覚めた。

そこで最初に思ったことは「あれっ? オレはなんで家にいるんだろ?」と、まだ現実と夢の区別がついていない。

半信半疑でキッチンに行って引き出しを開けてみる。

オレのコンビーフは…あった!

というところで現実にいることを認識した次第。ちっちゃい男です。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 夢とコンビーフ はコメントを受け付けていません。

小学生クイズでお楽しみ

2020年である。「Back To The FutureⅡ」で描かれた未来が”2015年10月21日”だということを思えば、随分と未来へ来たものだ。

電車に乗っていると、ときどき”難度が高い中学校の入試問題”を書いたポスターが貼ってある。この問題が意外と難しくて正解がわからないことがままある。受験を控えた小学生も大変だ。

さて、そこでオレは考えてみた。だったら、この逆があってもいいのではないか。

つまり大人や秀才には難しいけど、そこらへんの小学生だったら簡単に解ける問題ってやつがあってもいい。

それでは、あなたの頭脳に挑戦します。ボンクラ小学生だったら、すぐにわかるクイズです。

すぐに答えをみたりしないで真面目に考えてください。

■問題1
田中,田代,田山,田坂,田川の5人がエレベータに乗っていました。でも、誰かがオナラをしたのでエレベータが臭くてたまりません。さて、犯人を見つける最も早い方法は?

■問題2
「わが辞書に不可能の文字はない」と言ったのはナポレオンです。
では「世界は私を中心に回っている」と、たぶん言った人は?




【解答編】

ボンクラなあなたはすぐにわかりましたよね?

■問題1の答え
尻の匂いを嗅ぐ。

■問題2の答え
南極点に立った人。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 小学生クイズでお楽しみ はコメントを受け付けていません。

愛妻弁当っていいな

新橋の立ち飲み屋で友人のSくんと軽く飲みながら、愛妻弁当の話題になった。

家庭においてこれは男の仕事、これは女の仕事と区別する気はないけれど、いわゆる愛妻弁当を作ってもらってイヤな気がする男はいないであろう。

そしてSくんは、毎朝、ヨメさんがこしらえたお弁当を持って会社に出かけていくという羨ましいヤツなのである。

「毎日、愛妻弁当なんていいなぁ。オレもそういうの経験してみたいな」

「そんなもんじゃないよ! だって毎日、前の日の晩ゴハンの残りなんだよ」

「毎日?」

そう毎日! いつも!

「でもさ。それって一般的によくあることなんじゃないの?」

「そんなことないよ! オレはそれで頭来たからさ。この前、『ちゃんと毎朝、作ってくれ!』って言ったの」

「使いまわしでいいじゃん」

「イヤだよ! そしたらそれから毎朝、作ってくれるようになったんだけどさ。今度は毎日、同じオカズなの!」

「でも、いろいろ入ってるんでしょ?」

「いや、卵焼きとウィンナだけ

きみんとこ小さい子供いたっけ?

いないよ! 純粋にオレのオカズ!

おまえ、好き嫌いがありすぎなんじゃないか?

オレは偏食じゃないって。何でも食べるよ! でも毎日、卵焼きとウィンナだけ!

「なんで?」

「朝はそれしか作れないって言うんだもん」

「そりゃ、しょうがないよ」

でもね。先週、ちゃんとした弁当を作ってくれた日があってさ。オレは会社で弁当を見て嬉しくなっちゃってね。これこそ家庭の味だと思って感動したの!!

「よかったじゃん!」

でね、こういう時には、ちゃんとヨメさんを誉めなきゃと思ってさ。帰ったら、真っ先にヨメさんに『今日の弁当、今までで一番うまかったよ!』って言ったわけ

「ヨメさん、喜んだでしょ」

「そしたらさ。”今朝は、昨日買ったホカ弁を詰め替えただけ”って言うんだよ!! ひどくないか! あんまりだー!

Sくんよ。気持ちはわかる、いや、わかるような気がする。

でも、リクエストを聞いてくれるなんて優しいヨメさんじゃん。っていうか、ふつうはオカズを見れば、ヨメさんが作ったか、買ってきたかぐらいはわかるんじゃないかと思うんだけど。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 愛妻弁当っていいな はコメントを受け付けていません。

聞き違いの言葉:セクハラにご注意

パワハラ、セクハラが声高に叫ばれる時代、言葉には注意が必要だ。だが気をつけていても向こうから勝手にとびこんでくることだってある。

その日、会社のフリースペースにある自販機で飲み物を買おうとしたら、知り合いのNくんがいた。

彼は疲れきっているように見えたので、軽く声をかけた。元気のない知り合いの姿を見れば、声をかけたくなるのが人情というもの。

落ち込んでる?

彼は驚いた顔で聞き返した。

「えっ? オチンコ出てる?

いや、そんなヒトいないから。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | 聞き違いの言葉:セクハラにご注意 はコメントを受け付けていません。