「地球にやさしく」って何なのさ?

『人間の命は地球より重い』っていう言葉は、ウソ丸出しで大嫌いなんだけど、もうひとつオレの嫌いな言葉が『地球にやさしく』っていうやつだね。

地球1いや、わかるのよ。言いたいことはわかるんだけどさ。なんか語感が気持ち悪いんだよ。

これが『地球を大切に』だったら、まだ素直にウンウンと思えるわけ。だって”地球にやさしく”ってヘンじゃん! 地球を擬人化する意味なんてあるの?

それでも擬人化したいってんなら言わせていただくけど、だいたい地球にやさしくしたとしてね。もしも地球がいい気になって、つけあがってきたらどうしてくれるわけよ?

「こいつら、甘いヤツらだなぁ。よーし、ここらでひと暴れしてビビらせてやるか! とりあえずハワイでも沈めちゃおっかな」なんつってさ、調子に乗った地球が悪ノリして、地震だの噴火だのを世界規模でバンバン起こすようになるんだよ。

子供だって甘やかすことでどんどん悪い方向に行っちゃうんじゃないですか! 擬人化するってのは、そういうことなんだよ。

そんなわけだからね、バランスをとるためにもせめて自分だけは地球には厳しくしなきゃイカンと思いまして、これも世界のためと、あえてスパルタ教育で地球に接してるわけです。

それが、例えばトイレの電気を消し忘れる、エアコンを切り忘れる、水を出しっぱなしにするとかってことなんですよね。

まぁ、その結果としてね、電気代とか水道代が高くなっちゃったってことなんだけどさ。いやいや…言い訳ってことじゃなくてね。ホントに。

あの…ヨメさん、すみませんでした。これからは消し忘れに気をつけます。

カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | コメントは受け付けていません。