若松の絵心と少女の涙

このサイトには「腸が弱い人たちの会」というコーナーがあってね、会長こと若松のエピソードが書かれている。

んで、部屋の掃除をしてたら昔のノートが出てきたもんだから開いてみたら、彼が描いた似顔絵が挟まれてました。

若松ってのは絵心があるヤツで、自分は彼の絵を目にするたびにその感性に心を揺さぶられていたんだけど、彼にもこういう一面があるんだよとご紹介させていただきます。

それはノートの時期から判断すると2001年の暮れのこと。

確かこの日は、忘年会のために若松の家に学生時代からの仲間が集まっていた。奥さんや子供を連れてくる仲間もいて、楽しい時間が過ぎていったんだよね。

なかでも友人の4歳の娘、リリーちゃん(仮名)は、アイドル的な存在でかわいい光線を振りまいていてね。友人たちの間を嬉しそうに飛び回っていた。

ホントに天使のような微笑みで、オレも将来にもし娘ができたら可愛くてしょうがなくなるんだろうなって思ったな。

気が付くと彼女は若松の前にニコニコと座っている。若松は、彼女と手元の紙を交互に見ながら鉛筆を走らせていた。

若松ってのは子供好きだからね。お絵描きが好きなリリーちゃんのために似顔絵を描いていたんだよ。

しばらくすると、若松がリリーちゃんに似顔絵を渡すのが見えた。

すると、そのプレゼントを受け取った彼女の顔がみるみると曇っていく。

そして「これは似てないです!」って大声で叫ぶと、不愉快そうに紙を投げ捨てた。

それを拾ったのがこれなんだけど…。

 ・

rin1

オレも一目みて心臓が止まるかと思ったよ。


カテゴリー: 01.やっぱり愉しい方がいい | コメントは受け付けていません。